AWS資格の難易度が異次元?出題範囲や初心者におすすめ試験も解説
thumb_aws_01
AWS資格の難易度が異次元?出題範囲や初心者におすすめ試験も解説
資格・スキル
アンドエンジニア編集部
2022.09.26
この記事でわかること
AWS資格は難易度や出題範囲がそれぞれ異なるので自分のレベルに合った分野を選択することが大切
AWS資格はクラウドプラクティショナーが最も難易度が低い
AWS資格を取得することで最新情報を得られたり転職で有利になる

AWS資格それぞれの難易度

img_aws_01

AWSの基本資格6種類の難易度や出題範囲について解説し、難易度が低い順番にまとめました。AWS資格に挑戦する方は各資格に必要な知識量などを把握し、自分のレベルに合っているか確かめましょう。

【参考】:AWS 認定 – AWS クラウドコンピューティング認定プログラム | AWS

エンジニアとしてニーズが高いAWS資格、その理想的な勉強方法
AWSの公式資格となるAWS 認定制度とは?メリットと難易度を解説

クラウドプラクティショナー(基礎)

クラウドプラクティショナーは、唯一基礎コースに分類されるAWS資格です。AWSに関する基礎知識が問われる資格であり、これからAWSを勉強する方やAWSを使用してからまだ日が浅い方向けと言えるでしょう。

ただし、AWSだけでなくクラウドサービス全般に関する問題も出題されるため、勉強すべき範囲は広いです。

参考書も多く販売されているので、1冊手にとって出題範囲を確認すると良いでしょう。これからエンジニアを目指すのであれば、基本情報技術者試験だけでなくクラウドプラクティショナーも取得したい資格の1つです。

【参考】:AWS Certified Cloud Practitioner 認定 | AWS 認定 | AWS

AWS認定試験合格で転職活動が有利に?
マイナビIT AGENT』で転職相談を受けてみる

デベロッパー(アソシエイト)

デベロッパーは、AWSでのシステム開発やデプロイができるかどうかが問われる資格です。AWSの基礎知識があることが前提なので、Webアプリ開発に既に携わっており更にスキルアップしたい方におすすめです。

出題範囲に関してはその他のAWS資格よりも狭いので、システム開発の知識がある人なら合格は難しくありません。最適なデプロイ方法などが学べるのでシステム開発者はぜひ挑戦したいところです。

【参考】:AWS Certified Developer - Associate 認定 | AWS

AWS認定デベロッパー アソシエイトの難易度は?勉強方法も解説

ソリューションアーキテクト(アソシエイト)

ソリューションアーキテクトは、AWSでのシステム構築に関する知識が問われる資格です。AWSでシステム構築する場合「5つの原則」と「ベストプラクティス」に基づいて行う必要があり、これらを基準に開発できることが求められます。

また、AWS関連だけでなく、ネットワークやクラウドサービス全般の知識も求められるため勉強すべき範囲は広いです。AWS初心者では合格は難しく、デベロッパー同様開発経験者向けの資格と言えるでしょう。

【参考】:AWS Certified Solutions Architect – Associate 認定

SysOpsアドミニストレーター(アソシエイト)

SysOpsアドミニストレーターはAWSでのシステム運用に関する知識が問われる資格です。モニタリングやセキュリティ、可用性など出題範囲が広く、合格するにはそれなりの勉強時間を有します。

システム開発者は開発・デプロイだけでなく運用も同時に担当することがほとんどであるため、開発担当者は上記資格と合わせて取得するのが良いでしょう。

【参考】:AWS Certified SysOps Administrator - Associate 認定

DevOpsエンジニア(プロフェッショナル)

DevOpsエンジニアはプロフェッショナルコースに分類され、SysOpsアドミニストレーターやデベロッパーの上位資格という位置づけになっています。システム開発担当者が更にスキルアップを目指すための資格であり、難易度は他に比べて高いです。

AWSでのシステム開発・運用ができるだけでなく、コスト面などを踏まえて最適な運用ができる知識が求められます。

【参考】:AWS Certified DevOps Engineer - Professional 認定 | AWS 認定 | AWS

ソリューションアーキテクト(プロフェッショナル)

ソリューションアーキテクトはプロフェッショナルコースに分類され、ソリューションアーキテクトの上位資格という位置づけになっています。AWSにおいてより複雑な構築ができるスキルが求められ、難易度はかなり高く合格は容易ではありません。

また、問題数が多く解く時間が足りなくなることもあるため、短時間で問題文を読み解くスキルも重要となります。合格率は公表されていませんが、低めであると推測されます。

【参考】:AWS Certified Solutions Architect - Professional 認定 | AWS 認定 | AWS

AWS認定制度のアソシエイトとは?難易度と勉強方法を解説!
AWS認定ソリューションアーキテクトとは?アソシエイトは難易度低い?

専門知識が問われるAWS資格

img_aws_02

続いて、AWS資格の中でも専門知識コースに分類される6種類について解説します。これらの資格は出題範囲が大きく異なり、その人が既に持っている知識によって難易度が変わるため、ランキングにすることはできません。

これらの資格に挑戦する方はどの専門知識が要求されるか把握し、その分野に特化して勉強する必要があるでしょう。

セキュリティ

AWSのセキュリティに関する専門知識が問われる資格です。具体的には、インシデント対応やログ収集、データ保護に関する知識を資格を通じて身につけられます。Webサービスがハッキングなどの被害に遭うと大きな損害が発生する可能性もあるため、AWS利用者は取得しておきたい資格です。

【参考】:AWS Certified Security - Specialty

データベース

データベースは2020年に新しく導入された資格であり、AWSデータベースに関する知識が問われます。データベースの設計やセキュリティに関連する知識が求められ、難易度は高めです。

AWSでは様々な種類のデータベースがあるため、他のデータベース資格のように1種類だけを知っていれば良い訳ではありません。目安としてはデータベースを実務で使った経験が5年以上は必要でしょう。

【参考】:AWS Certified Database - Specialty 認定

高度なネットワーキング

AWSでのネットワーク構築スキルが求められる資格です。AWSネットワークを設計し実装する、AWSタスクを自動化するなどのスキルを取得しているかどうかが問われます。データベース同様難易度は高く、ネットワーク構築の実務経験が5年以上ないと合格は難しいでしょう。

【参考】:AWS Certified Advanced Networking - Specialty 認定 | AWS 認定 | AWS

Alexaスキルビルダー

AmazonのバーチャルアシスタントAI技術であるAmazon Alexaの知識および、Amazon Alexa操作に必要なAWSの基礎知識が求められる資格です。他に比べると出題範囲が狭いので難易度は低めと言えるでしょう。しかし、Amazon AlexaやAlexa Skils Kitの経験がないと合格は少し厳しいかもしれません。

【参考】:AWS Certified Alexa Skill Builder - Specialty

機械学習

機械学習を導入したアプリなどの設計・開発知識があるかどうかが問われる資格です。人工知能開発に携わる方やデータサイエンティストの方向けの資格であり、AWSのどの機械学習サービスを導入すべきか判断できるだけの知識が求められるでしょう。

難易度はそこまで高くはありませんが、機械学習に関する前提知識がないと厳しいです。また、機械学習は現在注目されている技術分野であり技術の流行り廃りが激しいため、今後試験内容が大きく変わる可能性もあります。試験内容が変わるとこれまで勉強したことが通用しなくなる可能性もあるので、要注意です。

【参考】:AWS Certified Machine Learning - Specialty 認定 | AWS 認定 | AWS

AWSは機械学習でも注目度が上昇中!活用例と学習方法を解説

データアナリティクス

データ分析を行える知識があるかどうかが問われる資格です。以前はビッグデータのみに関する資格でしたが、2020年からデータ分析に関する総合的な問題が出題される資格に変更されました。

データ分析を行うにあたってのAWSの活用方法や、解説結果をビジネスで活かすための方法などの知識が求められます。データサイエンティストとしてレベルアップしたい方におすすめの資格です。

【参考】:AWS Certified Data Analytics - Specialty 認定

AWS資格を獲得するメリット

img_aws_03

最後に、AWS資格を獲得するメリットを解説します。「AWS資格を取得しても意味ない」という意見もありますが、実際は転職やスキルアップの面においてメリットは多くあります。

AWS認定試験の申し込みは何日前から?日程変更や流れも解説

AWSの最新情報を得られる

AWS資格の勉強に取り組むことでAWSの最新情報を得られます。なぜならAWS資格は何回もアップデートされており、最新機能に関する問題も多く出題されるからです。AWSの実務経験者であっても最新機能に関する知識は不足していることもあるため、資格を通じて最新情報をカバーすると良いでしょう。

認定者同士で交流できる

AWSの資格を取得すると、AWS資格を持つ他の方とコミュニティ内で交流できます。

AWS資格は世界共通の資格のため、海外の方と交流する機会を持つことができます。グローバルで活躍したい・さまざまな方と情報交換したい方にとっては魅力的なコミュニティでしょう。

AWSエンジニアとして活躍できる

一般的なインフラエンジニアとAWSエンジニアの違いは、AWSに精通しているかどうかです。AWSエンジニアはAWSの構築・運用に特化したスキルがあるため、AWSを利用している企業から重宝されるでしょう。AWSエンジニアとしての価値を高めてくれるのが、AWS資格です。

一般的なインフラエンジニアとAWSエンジニアの年収にも差があり、一般的なインフラエンジニアの平均年収は448万円なのに対し、AWSエンジニアの年収は500~800万円と言われています。AWSエンジニアは、今後クラウド化が進むにつれてますます需要が高まるでしょう。

【参考】:システム運用とは?仕事内容・資格・必要なスキルについて|マイナビITエージェント

AWSの専門知識を証明できる

AWS資格を取得することで、AWSのスキル・知識が一定以上あることをアピールできます。転職でも有利に働き、プロジェクト配属後もAWS関連の仕事を任せてもらいやすくなるでしょう。

AWSはクラウドサービスの中でも人気が高く、多くの企業でAWSのスキルを活かすことが可能であるため、AWS資格を取得することには大きな意味があります。

AWSエンジニア候補を募集している企業もあります。

即戦力のAWSエンジニアを採用するのは敷居が高いため、育成を前提とした採用方針を取っている企業も多いと言われています。

今はまだ勉強中でも、AWSエンジニア候補として入社すれば、実務を通してAWSエンジニアへのキャリアが開けるでしょう。

まずはマイナビITAGENTに無料登録いただいて、キャリアアドバイザーにキャリアや転職に関する相談をしてみてはいかがでしょうか。

マイナビITエージェント

AWS資格の難易度を意識し自分に合ったものを選択しよう

img_aws_04

本記事ではAWS資格の難易度について解説しました。各AWS資格の難易度や出題範囲、前提となる知識がお分かり頂けたかと思います。いきなり難しい分野に挑戦すると、勉強時間が余計にかかってしまうのでおすすめできません。

まずは自分のレベルに合った分野から取り組むことが大切であり、特にAWS初心者はクラウドプラクティショナーから始めるのが良いでしょう。

クラウドサービスを導入する企業は増えており、特にAWSはコスト面のメリットから人気が高いため、AWSのスキルを持ったエンジニアは市場価値が高まっていくと推測されます。AWSの資格を取得してAWSの最新情報をキャッチし、転職で有利に立てるよう準備を進めるのが良いでしょう。

AWS認定試験を11種類解説!AWS認定資格に挑戦するメリット
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT