Pythonで自動化できること7選!面倒な作業を効率化
thumb_python_01
Pythonで自動化できること7選!面倒な作業を効率化
プログラミング言語
アンドエンジニア編集部
2021.12.09
この記事でわかること
PythonならスクレイピングやExcel、Wordでの操作を自動化できる
Pythonで作業を自動化することで、労働時間を削減したり人的ミスを防げたりするメリットがある
Pythonで自動化ツールを作成する場合、Pythonの文法やライブラリの知識が必要

Python関連記事はこちらから↓

Pythonの記事(1ページ目)

Pythonでできることとは

この記事では、Pythonでできることを1つ1つ詳しく解説していきます。まずはその前に、そもそもPythonとはどういう言語なのか、どういった人に需要のある言語なのかをまとめました。Pythonを学ぶ初心者の方は、入門編としてぜひこちらから読み進めてください。

Pythonはライブラリの豊富さとコードの少なさが特徴的

Pythonの特徴は、「ライブラリが豊富なこと」や「少ないコードでプログラムが簡単に書けること」です。長いコードを記述する必要がなく、読みやすさや書きやすさを重視して作られた言語のため、誰が書いても同じようなコードになります。

また、汎用性の高いコードをまとめたプログラムをライブラリといいますが、Pythonには豊富なライブラリがあります。1から全て作成せずとも、ライブラリを自分のプログラムに落とし込むことで、効率的なプログラムの作成が可能です。

現在Pythonで公開されているライブラリの数は数万以上あるため、組みたいプログラムに合わせてライブラリを自由に選ぶことができます。

Pythonは初心者に人気の言語

Pythonは短いコードでの記述が可能、文法が覚えやすいなどの理由で初心者の方でも扱いやすい言語の1つです。数あるプログラミング言語の中でも文法が覚えやすいため、近年ではプログラミングの入門として小学生が学ぶことも増えてきています。

また、参考書の活用や自分でコードを読み書きするのはもちろんのこと、他の人が書いたコードを読んで勉強することもできるためさまざまな勉強方法があります。

Pythonでできること7つ

Pythonはあらゆる開発やシステムの自動化を得意としています。ここでは、Pythonで自動化できることを7つまとめました。

Pythonは人工知能開発に使えることで有名ですが、人工知能とまではいかなくても、ちょっとした自動化ツールを開発するのにも向いています。これらのツールは個人でも作成することができるため、Pythonを習得済みの方はぜひ作ってみてください。

スクレイピング

Pythonで自動化できることの1つ目は、スクレイピングです。スクレイピングとは、Webサイトから情報を収集する作業のことです。Webサイトの中には毎日更新されるものもあり、更新される度に情報を手動で収集するのはかなりの手間です。そこでPythonを使ってスクレイピング作業を自動化させます。

PythonはWebサイトのHTMLコードを読み込み、分解して綺麗にまとめることができます。Pythonプログラムを毎日決まった時間に作動させるようにすれば、スクレイピング作業を自動化できます。

ExcelやWordの操作

Pythonを使って、ExcelやWordなどMicroSoft製品の操作の自動化も可能です。といってもPython単体ではこれらのアプリを扱うことはできません。Excelを操作する場合、「OpenPyXL」というライブラリが必要です。このライブラリをインストールすることで、Excelで表を作成したり、テンプレートからデータを作成したりすることが可能です。

また、「Python-docx」というライブラリを使うことでWordの操作ができます。Wordで文章を新規作成・内容を変更・画像の貼り付けが可能です。さらに2つのライブラリを組み合わせることによって、Excelの文章をWordに書き起こすなどアプリを跨いだ操作も行えます。

ブラウザ操作

Pythonによってブラウザ操作も自動化することが可能です。ブラウザ操作を自動化する場合は「Selenium」というライブラリを使います。Webサイトへログインしたり、フォームへ入力したりといった面倒な作業を自動化できます。

画像編集

Pythonでは画像編集のような複雑な作業も自動化可能です。画像編集を自動化する場合は「Pillow(PIL)」というライブラリが必要です。「Pillow(PIL)」を使えば、画像のサイズや色を変更したり、画像の容量を圧縮したり、といった作業が自動化できます。画像編集を仕事で頻繁に行う場合は、Pythonによって業務効率化できるかもしれません。

メール関連

仕事で特定のアドレスに毎日同じメールを送っている方もいるかと思います。そういったメール関連の作業もPythonで自動化できます。「smtplib」や「imaplib」といったライブラリを使うことで、SMTPやIMAPのサーバに接続できます。メールを作成して送信するところまで自動化可能です。

また、Gmailを使う場合は専用のAPIを使う手もあります。GmailのAPIを使うことで、Gmailならではの機能をPythonに利用させることが可能で、さらに便利になるでしょう。

ファイル操作

簡単なファイル操作もPythonで自動化できます。Pythonには「OS」というライブラリが標準で用意されており、こちらを使うことで、ファイルを作成したり削除したり、といった作業の自動化が可能です。こういった細かい作業もPythonで自動化することで、業務効率化に繋がるでしょう。

PDF操作

PDF操作も自動化が可能ですが、やり方が少し複雑です。PDF操作を行う場合、「ReportLab」「PyPDF2」「pdfminer」といった複数のライブラリが必要です。これらのライブラリを使うことで、PDFファイルを作成したり、ファイルから必要な部分のみを抜き出したりすることが可能です。難易度は若干高いですが、PDF操作を多く行う方は自動化してみましょう

Pythonを使うメリット

Pythonを扱う場合、自動化するプログラムの開発に時間がかかってしまい、「ここまでしてPythonを使う必要があるのか」と思うこともあるでしょう。しかし、たとえ開発に時間がかかっても、Pythonを使うメリットは多くあります。ここでは、Pythonで作業を自動化するメリットについてみていきましょう。

労働時間が短縮される

Pythonで自動化ツールを作成すれば、単純に労働時間が短縮されます。例えば、Excelに毎日入力する作業を自動化すれば、その作業は人間はやらなくて良い訳です。時間のかかる作業はPythonにやらせてしまうのが良いでしょう

人的ミスを防げる

コンピュータは人間と違ってミスをすることがありません。そのためPythonで自動化ツールを作成することは、人的ミスの減少にも繋がります。例えば、Wordで請求書を作成する際、手動で入力すると金額などを間違って打ってしまうこともあるでしょう。Pythonは毎日決まった作業を行うため、間違えることはありません。

もちろんPythonプログラムにバグがあれば正しく動かないため、自動化ツールを運用するまでに正しく動作するかの確認は必要です。

つまらない作業をやらなくて良くなる

面倒な作業を自動化することで、コア業務に集中できるようになります。仕事に直接関係のない雑務が多すぎて、やりたい作業に集中できない、という方は多いでしょう。毎日決められた作業を淡々と行うのはつまらないですよね。つまらない作業は、Pythonに代行させることを試してみてはいかかでしょうか

不労所得を得られる可能性もある

Pythonで自動化ツールを作ることで不労所得を得られる可能性もあります。例えば、PythonでFXやビットコインの自動売買ツールを作成するとこも可能です。こういったツールを開発すれば、全く手間をかけずにお金を得ることもできるでしょう。

もちろん、こういったツールの作成はかなりの技術と知識が必要です。プログラミングのスキルだけでなく、仮想通貨などの知識も必要であり、初心者がいきなりこういったものに挑戦するのはおすすめできません。ある程度ツールの作成になれたら、チャレンジしてみるのもおすすめです。

Pythonを活用できる仕事

Pythonを活用できる仕事はさまざまな職種があります。以下に5つまとめたので、参考にしてみてください。

【Webアプリケーションエンジニア】

主要なWebブラウザで利用できるアプリケーションを開発する仕事です。(メール・SNS・オンラインショッピングアプリなど)また、限定的に使う企業系アプリケーションの開発も行っています。

【人工知能(AI)エンジニア】

AIの開発・AI機能学習・分析といった仕事がメインです。その他にも、AI関連の教育現場や大学や研究所のAI分野などでも活躍します。

【データサイエンティスト】

アルゴリズムや統計などを活用して、さまざまなデータを収集・分析する仕事です。分析した結果をビジネスにどう活用するのかを提案し、企業の抱える問題解決のために役立てます。

【Pythonエンジニア】

Pythonで作成されたアプリやWebサービスを担当する仕事です。業務は多岐にわたり、コーディングやPythonを使ったデータ解析なども含まれます。

【マーケティング】

前述の通り、ルーチンタスクの自動化やデータ解析・可視化を行うことで顧客へのさまざまな提案が可能になります。マーケティングには市場のデータ収集や分析が必要不可欠なため、データサイエンティストと通じる業務があります。

Pythonを活用できるようになると、Pythonエンジニアとして就職の可能性が広がるでしょう。

しかし、実務経験が足りない場合、普段からプログラミングの勉強を続けるなどしてキャッチアップに励み、入社後に活躍できる人材だとアピールする事が欠かせません。

まずはマイナビITAGENTに無料登録いただいて、キャリアアドバイザーにキャリアや転職に関する相談をしてみてはいかがでしょうか。

マイナビITエージェント

Pythonでの自動化を行うのに必要な知識

img_python_02

最後に、Pythonを行うのに必要な知識を解説します。Pythonでスクレイピングを行ったりExcelの操作を行ったりするのに必要なスキルをまとめました。自動化ツールを作成する前にこれらも勉強しておくと、ツールの作成がスムーズになるでしょう。

Pythonの文法

まず必要なのは、Pythonの基礎的な文法の知識です。Pythonでループ処理や条件分岐、入出力など基礎的なことができることが必須でしょう。Pythonの文法はProgateやドットインストールなどの学習サイトで、時間をかけずスピーディーに学ぶことが可能です。Pythonは言語の中では簡単な分類のため、エンジニア経験者なら独学で習得できるでしょう。

また、スクレイピングなどを行う場合、upperやstrip、replaceなどの文字列処理のメソッドを多く使うことになります。これらのメソッドの使い方にも慣れておくと良いでしょう。

ライブラリの知識

Python単体だけでは、自動化できないこともあります。例えばExcelの操作には「OpenPyXL」、ブラウザ操作には「Selenium」というライブラリが必要です。これらのライブラリを使いこなすスキルも必要です。

ライブラリはインストールして実際に使いながら覚えていきましょう。また、大抵のライブラリは検索すれば、使い方をまとめたサイトがヒットするので、それらを参考に習得してください。

HTMLやCSSの知識

HTMLやCSSの知識も自動化ツールを作成する上であった方が良いです。自動化ツールを自分で使う分には良いのですが、外部に公開する場合は、綺麗な見た目に整えた方が使ってもらいやすくなります。

HTMLやCSSを使うことで、アプリの見た目を整えることが可能です。HTMLやCSSもPython同様Progateやドットインストールで習得できます。HTMLやCSSはそこまで難しくなく、エンジニア経験者ならすぐ習得できます。

Pythonを使って作業効率化をはかろう

img_python_03

本記事ではPythonでできることについて解説しました。Pythonの特徴や使用することでどういったことができるのか、お分かり頂けたかと思います。Pythonは学習コストが低く、初心者でも扱いやすい言語です。

そのため、ちょっとした作業を自動化するのにも多く使われます。本記事で紹介したものの中に「便利だな」と思うものがあれば、ぜひ自動化ツールの作成にチャレンジしてみてください。

また、自動化ツールを開発すれば、転職時の面接でも制作物として提出できます。実際に制作物を見せれば、自分の技術レベルを分かりやすく伝えることができ、転職成功確率がアップします。Pythonエンジニアとしての転職を目指している方も、自動化ツールの作成をしてみましょう。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT