Windows 11のアカウント追加ができない?追加方法や手順を解説!
thumb_windows11accountaddition_01
Windows 11のアカウント追加ができない?追加方法や手順を解説!
基礎知識
アンドエンジニア編集部
2022.09.21
この記事でわかること
Windows 11のアカウントは、Microsoft アカウントとローカルアカウントにより管理されます
Windows 11 Homeエディションでは初期設定時にMicrosoft アカウントが求められます
Microsoft アカウントとローカルアカウントそれぞれにメリットがあり、使い分けが可能です

Windows 11のアカウント追加

img_windows11accountaddition_01

Windows 11のアカウント追加は、Windows 10同様にMicrosoft アカウントとローカルアカウントにより管理されています。初期設定時にアカウントを登録し、アカウントにサインインすることでWindows 11の環境を利用することができます。

Windows 10からの変更点

Windows 10では初期設定時に、ローカルアカウントを用いることができました。

Windows 11の場合は、エディションによりローカルアカウントの扱いに違いがあります。具体的には、ビジネス向けのProではローカルアカウントを用いたセットアップが可能ですが、Homeでは初期設定時にMicrosoft アカウントが求められます。

Microsoft アカウントとは

Microsoft アカウントとは、マイクロソフト社が提供するアカウント管理のサービスで、マイクロソフト社のサービスの利用やウェブサイトへのアクセスを管理する仕組みです。

具体的には、使用するPCの登録やデバイスの検索、Microsoft 365等のサブスクリプションの契約管理等を行います。アカウント認証が一元管理されるため、利用が進んでいます。

【参考】:Microsoft アカウント

ローカルアカウントとは

ローカルアカウントとは、使用するデバイス毎にアカウントIDとパスワードを登録し管理する、従来型の方法です。この方式はアカウント名を自由に決められ、登録時にインターネット接続が不要であるというメリットがあります。マイクロソフト社のサービスへの誘導もないので、これまで多くの方が利用していた方式です。

ローカルアカウントを設定するには

Windows 11 Proの場合は、初期設定時の画面でローカルアカウントを設定できます。具体的には、設定画面の表示で「ネットワークに接続しましょう」の際に、「インターネットに接続していません」を選択し、「制限された設定で続行」をクリックして設定を行います。

Homeエディションの場合は、Microsoft アカウントで初期設定を行い、設定後にローカルアカウントを設定して利用します。アカウントの作成方法は、以降で解説していきます。

アカウントの作成方法

img_windows11accountaddition_02

アカウントの作成方法ですが、これよりMicrosoft アカウントおよびローカルアカウントの作成方法について解説していきます。

Homeエディションの初期設定では、Microsoft アカウントの情報を登録します。インターネット接続が必要となりますので、あらかじめネットワーク環境を準備しておきましょう。

【参考】:Windows 11 Portal

Windowsの設定アプリの使用

Windowsの「設定」アプリは、Windows 11に関する設定全般を行うことができます。アカウントの作成は、「設定」の「アカウント」を用いて行います。

設定アプリはスタートメニューの「設定」のアイコンをクリック、またはスタートメニューを右クリックし「設定」をクリックし起動します。

img_windows11accountaddition_03

 【図】:設定アプリの起動

次に、設定アプリの「アカウント」をクリックし、「家族とその他のユーザー」をクリックします。

img_windows11accountaddition_04

 【図】:アカウントの設定

「家族とその他のユーザー」が表示されたら、「アカウントの追加」をクリックし、ユーザーを追加します。

img_windows11accountaddition_05

 【図】:アカウントの追加

ここですでにお持ちのMicrosoft アカウントを用いる場合は、上段の「メール アドレスまたは電話番号」に登録アドレスを入力します。新規作成の場合は、下段の「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

img_windows11accountaddition_06

 【図】:アカウントの新規作成

Microsoft アカウントの作成方法

Microsoft アカウントを新規作成する場合は、お持ちのメールアドレスを用いてMicrosoft アカウントに使用するか、あらたにメールアドレスを取得することで利用可能となります。

img_windows11accountaddition_07

 【図】:Microsoft アカウントの作成方法

ローカルアカウントの作成方法

ローカルアカウントの作成は、「アカウントの作成」で「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

img_windows11accountaddition_08

 【図】:ローカルアカウントの作成方法

次に表示される画面では、アカウントの名前とパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合のキーワードと値も、しっかりと覚えておきましょう。

img_windows11accountaddition_09

 【図】:ローカルアカウントの作成例

【参考】:Windows でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する

アカウントの削除

不要なPCのアカウントは、削除することもできます。

具体的には、設定の「アカウント」「家族とそのユーザー」に表示されている「他のユーザー」から該当するアカウントを選択し、[削除] を選択します。続いて「アカウントとデータを削除しますか?」の表示画面で、[アカウントとデータの削除] を選択し、アカウントを削除します。

【参考】:PC のアカウントを追加または削除する

Microsoft アカウント自体を停止するには

PCのアカウントの削除により、アカウントのサインイン情報やデータはPCから削除されます。Microsoft アカウント自体はマイクロソフト社で管理されているため、削除されずに再度利用することができます。

重複登録してしまったなど、どうしてもMicrosoft アカウントが不要の場合は、以下の使用停止方法にしたがって使用を停止することができます。

【参考】:Microsoft アカウントの使用を停止する方法

アカウントが追加できない場合

アカウントが追加できない場合、操作しているアカウントに管理者権限が付与されているか確認してください。この作業はシステム設定を変更することから、管理者権限が必要です。アカウントの追加のほか、削除する場合でも同様に管理者権限が必要です。

img_windows11accountaddition_10

 【図】:アカウントの権限の確認

アカウントの権限は、「設定」「アカウント」でアカウントのロゴの横に表示されます。「管理者」が管理者権限、「標準ユーザー」が一般権限のアカウントです。

Windows 11のアカウントの活用

img_windows11accountaddition_11

ここまでの流れで、Windows 11のアカウント追加が完了しました。ここからは、アカウントの管理や活用方法、追加情報についても解説していきます。

子供の追加

小学生のプログラミング学習にPCが用いられることもあり、機能を制限したアカウントを設定することができます。ローカルアカウントの場合はMicrosoft アカウントに切り替えて、「設定」「アカウント」の「家族とその他のユーザー」で「家族のメンバーの追加」で「アカウントの追加」を行います。

【参考】:Microsoft ファミリー セーフティ 【参考】:Windows で Family Safety を設定する方法

別のアカウントに切り替え

Windows 10と同一の機能が提供されますが、表示位置が変更となります。Windows 11ではスタートメニューの下部に表示されるアカウント名のアイコンをクリックし、表示メニューから切り替えたいユーザーのアカウント名をクリックし、切り替えます。

【参考】:Windowsでユーザー (アカウント) を切り替える方法

img_windows11accountaddition_12

 【図】:アカウントの切り替え

Microsoft アカウントとローカル アカウントの切り替え

スタートメニューの下部に表示されるアカウント名のアイコンをクリックし、「アカウントの設定」で、Microsoft アカウントとローカル アカウントの切り替えができます。「設定」アプリの「アカウント」「ユーザーの情報」から同じ設定画面が表示されますので、同様の作業を行うこともできます。

【参考】:ローカル アカウントから Microsoft アカウントに切り替える

Windows 11のアカウントの違いを理解しましょう

img_windows11accountaddition_13

以上のようにMicrosoft アカウントを利用することで、マイクロソフト社のサービスの利用やウェブサイトの一元管理が効率的に行われます。ローカルアカウントの場合、デバイス毎に個別設定するアカウントとパスワードにより、インターネット接続のない環境でも従来通りに利用できます。

アカウントは必要な時に切り替えできますので、 Windows 11では用途に応じて切り替えて利用するのが良いでしょう。

Windows11の新機能ダークモードとは?設定方法を図解で解説
Windows11のおすすめ本8選!初心者・上級者向けの本を紹介
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT