通信系プログラマーとは?求められるスキルや市場性について解説!
telecommunication
通信系プログラマーとは?求められるスキルや市場性について解説!
アンドエンジニア編集部
2021.03.01
この記事でわかること
通信系プログラマーは通信機器に実装するソフトウェアや通信アプリケーションを開発します
求められるスキルとして最新の通信技術の習得が望まれます
5GやIoTにより市場拡大が見込まれ、通信系プログラマーのニーズがさらに高まるでしょう

通信系プログラマーとは?

communication engineer

通信プログラマーとは、ネットワーク機器を実装するためにソフトウェアモジュールを開発したり、ネットワーク機器のアクセスプログラムを開発したりする職種です。近年テレビ会議システムや通信機器の普及により、ネットワーク機器のソフトウェア開発が増えてきています。

また、ネットワーク機能をソフトウェアで実装することも増えてきていますので、TCP/IPやVPNあるいはパケットフィルター等の機能をオープン系OS上にプログラミングしたり、通信プロトコルのトレースを行ったりすることもあります。

開発はC言語やC++およびJavaが多く用いられますが、通信規約やプロトコルに精通している必要があります。

オープン系プログラマーとは?

オープン系プログラマーとは、オープン系システムで稼働するアプリケーション開発を行う職種で、主にソフトウェア製造とデバッグ・テストを担当します。ここでいうオープンシステムとはUNIX/Linux/Windows等のx86プロセッサで稼働する環境のことです。

したがって、ソフトウェア開発の際はオープンソースプログラムを転用したり、必要なシェルスクリプトを取り入れてアプリケーション実行環境に合わせて実装していきます。

オープン系プログラマーとは?プログラマーの職種や将来性について解説!

Web系プログラマーとは?

オープン系プログラマーと同様に、Web系のシステムはWeb系プログラマーが担当します。主な業務はスマートフォンやPCで動作するWebクライアントを活用して業務端末として表示・操作させたり、Web表示の電子商取引やショッピングサイトを構築したりします。

開発は、主にHTMLやJavaScript/VBScript等やJavaやPHPを用いてアプリケーションを開発し、サーバー側で実行させます。

Webエンジニアとは何か?その仕事内容や必要性、スキルについて解説!

汎用系プログラマーとは?

汎用系プログラマーとは、汎用機と呼ばれる汎用系システム上で業務アプリケーションをCOBOLやPL/IやRPGで開発したり、科学技術計算用にFORTRANやPL/Iを用いて計算処理をさせたりする職種をいいます。これまで大規模システムを中心に、大手企業や官庁系システムに多数採用されています。

現在は、開発したアプリケーションのメンテナンス作業を中心に引き続き需要があり、新規システム開発やシステム移行時にはその経験者がプロジェクトに求められることが多くなっています。

汎用系エンジニアとは?気になる仕事内容と今後のキャリアについて解説!

他の業種での通信系プログラマーの需要は?

communication

通信系プログラマーは通信業を中心としたプログラマーですが、通信技術の拡大により業種を超えて通信技術の専門家として求められています。今後5GやIoTの導入により、多くの産業で通信インフラへの投資が期待されますので、今後も高い需要が期待できるでしょう。

IoTエンジニアとは?気になる年収や将来性を解説!

業種をまたがるプログラマーの活躍の場は?

業務系プログラマーは会社の業務システムを行う職種で、それぞれ製造・在庫・販売・人事・会計・顧客等の各管理システムを担当します。これらの業務は業種固有のものもありますが、業種に依存しない業務システムも多数見られます

また、金融系プログラマーは注文・約定等の基幹系や顧客管理等の情報系システム等に携わります。近年ではフィンテック等のIT技術改革が進んでいます。ITの活用が増加したことにより業種の垣根が低くなっているのが実情です。

制御系・組み込み系プログラマーとは?

制御系システムは機械や装置をコンピュータ制御するもので、C言語やアセンブリ言語等で制御に必要なセンサー入出力を行い論理制御します。

組み込み系システムは、コンピュータシステムを動作機器に組み込んで活用する形式を取り、C言語やC++あるいはJavaを用いて機能を実装したり、外部ネットワークとの通信を行ったりします。この通信プロトコルや実装は、通信系プログラマーの知識が活用できるでしょう。

制御系エンジニアとは?広がる制御システムの市場性や活用領域を解説!
組み込み系言語とは?拡大する組み込みシステムの用途についても解説!

通信系プログラマーに求められる要件は?

requirement

通信系プログラマーはソフトウェアエンジニアになりますので、ソフトウェア開発知識が求められます。ここでは通信系プログラマーに求められる要件を見ていきましょう。

通信系プログラマーに求められるスキルは?

通信系プログラマーは、主としてソフトウェア開発の製造工程(プログラミング)とテスト工程(単体・結合)を担当します。よって採用したプログラム言語の特徴を理解して記述することが求められます。プログラミングの際は、詳細設計で記載されている内容を理解し、記述する必要があります。

そのため、所定の手続きと機能実装を正しいロジックとして反映していく実装スキルが必要となり、通信プロトコルの理解は欠かせません。また、テスト工程では処理結果の妥当性が判断できるデバッグ能力が必要となります。

システム開発の工程の「単体テスト」と「結合テスト」の違いを徹底解説!

通信系プログラマーに求められる資格は?

通信系プログラマーには最新の通信技術が求められます。通信知識を高めるためには通信機器ベンダーが提供するトレーニングとその資格取得をお勧めします。また情報処理推進機構(IPA)の情報処理技術者試験の1つであるネットワークスペシャリスト試験(NW)、並びに応用情報技術者試験(AP)もお勧めできる資格です。

■シスコ技術者認定 大手通信機器ベンダーのシスコシステムズでは、ネットワークアプリケーション開発者向けにDevNet認定を、システム構築技術者向けにCCNAやCCNPを用意しています。トレーニング受講によってスキルを高め資格認定に挑戦しましょう。 参考:シスコ技術者認定

■ネットワークスペシャリスト試験(NW) ネットワークスペシャリスト試験(NW)はネットワーク固有の技術とITインフラを正しく実装する技術を求められる試験です。 参考:情報処理推進機構(IPA) ネットワークスペシャリスト試験

■応用情報技術者(AP) 応用情報技術者(AP)はアプリケーション開発全般の理解と設計・開発・テスト・導入の一連の流れが理解できる技術者を想定しています。応用情報技術者試験に合格することにより、プログラマーの上位技術者として全体の工程を理解し担当できるスキルが証明されます。 参考:情報処理推進機構(IPA) 応用情報技術者試験

システムエンジニア(SE)との違いは?

システムエンジニアは顧客の要求を要件化し、設計・開発・テスト・導入の一連の流れを担当します。そのため、プロジェクトサイクルの理解が求められます。

一方でプログラマーは、システムエンジニアの作成した設計フェーズの成果物である概要設計と詳細設計に基づき、開発工程でソフトウェアモジュールの製造を担当するほか、製造したソフトウェアのテスト工程で単体テストおよび結合テストを主導します。

そのため、詳細設計の工程への関与とコミュニケーション能力、そしてテスト工程での正確性が求められます。特に通信系プログラマーは通信プロトコルの確認が必要となりますので、ノード間での通信のトレースやデバッグの経験が求められるでしょう。

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収、必要スキルを解説!

通信系プログラマーの年収と将来性は?

market

現在プログラマーは、汎用的なプログラミングスキルが必要とされる一方、求められる職種がどんどん細分化されてきています。

拡大している市場はAI市場やIoT自動制御等ですが、新市場においても、これまでの市場以上にインターネットを活用した情報共有や機器相互間の通信制御が重要となっていきます。ここでは気になる年収や将来性について触れていきます。

通信系プログラマーの年収は?

オープン系プログラマーの年収は求人サイトによると300万円から800万円となっており、大手顧客の求人が比較的多い状況となっています。通信系プログラマーは通信技術の知識が必須のため比較的高めの年収設定となっています。同時に専門性に応じて1,000万円を超える求人も見られます。

通信系プログラマーの将来性は?

市場はこれまでの単なるサーバーとネットワーク機器を接続する要求から、今後インターネットを活用したリモート会議や遠隔操作等の距離を意識しない、広域の通信アプリケーションが増えていくでしょう。そのため、ネットワークの専門家である通信系プログラマーは更に期待される職種となるでしょう。

通信系プログラマーの活躍の場は広がっておりスキルを高めてチャンスをつかもう

future

通信の進歩は目覚ましく、5GやIoTに期待が集まっています。5Gは高速回線のためキャリア網の他にローカル5Gと言われる構内網等への実装が期待されています。またIoTでは、モノのインターネットとしてあらゆる機器がインターネット網を活用して情報共有する時代が訪れます。

そのため、通信系システムのニーズが今後も高まることが想定されます。その中で通信系プログラマーはプログラム開発を担当しますから、ネットワーク時代のソリューション開発を担当するエンジニアとして一層需要が高まるでしょう。

フリーランスエンジニアになるメリット・デメリット、年収や将来性
Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから