PHPとは一体何か?他のプログラミング言語と異なるポイントを解説!
PHPを理解する
PHPとは一体何か?他のプログラミング言語と異なるポイントを解説!
言語
アンドエンジニア編集部
2021.08.20
この記事でわかること
PHPは誰もが学べるほど情報量が多い
動的なコンテンツを生み出す時にPHPは活用できる
処理速度が遅いことや、キャリアプランでは柔軟に活用できないデメリットもある

PHPとは?HTMLとの違いを把握して活用する方法

違いを理解して活用する

PHPとはサーバ側で動的にホームページを作り出すことができる言語で、HTMLやJavaなど他のプログラミング言語と比べても簡単です。

仕様や文法も覚えやすいので習得するスピードが速いだけでなく、他のプログラミング言語と組み合わせやすいと考えられています。昨今ビッグデータを取り扱うデータベースも増えていますが、PHPは連携が簡単なので活用されるケースは多いです。

PHPはHTMLやJavaと比較して柔軟に対応できる

PHPによってブラウザ上で動的にホームページを表示させることができ、タイムカードやネットショッピングなどに活用することができます。部分的に情報をリアルタイムに変えていくこともできるので、ビジネスにおいて活用できるスクリプトと言えるでしょう。

反面昔から活用されているHTMLは、1度作成すると情報が変化せずに表示します。どうしても刻一刻と情報を変え、ブラウザ上で計算などを行いたい時にはPHPが向いています。

動的に掲示板などのページはPHPによってHTMLをその都度作成することもできるので、知っておいて損はありません。

HTMLで作成したWebページの中でPHPを利用することも可能で、HTMLファイル内に埋め込むと部分的に使うこともできます。PHPとHTMLを併用して、よりクオリティの高いWebページに仕上げていくことも可能です。

HTMLだけでなくクライアント側で活用できるJavaも利用すると、よりクライアント側で情報をチェックしやすくなります。他にもMySQLなど、様々なデータベースと組み合わせることもできるので幅は広がっていくことでしょう。

PHPを利用して様々なコンテンツを作り出せる

動的なWebページを作り出せるPHPは、インターネット上で制作できる様々なページなどに対応しています。多く活用されているのが掲示板や企業の問い合わせ用のフォーム、ネットショッピングで活用するショッピングカートなどです。

動的なWebページはサーバ側もしくはクライアント側で提供されているアプリケーションによって作り出されますが、問い合わせフォームを例に取るとユーザが入力した情報やショッピングカートで利用します。

購入した商品やサービスの種類の数や料金などを自動計算し、PHPによって確認画面でわかりやすく表示します。

また数多くのユーザがレンタルサーバで構築するWordPressも、PHPによって活用することができます。作成したWebページへユーザがアクセスすると、HTMLをPHPによって生成してブラウザに表示します。

記事を投稿した時に最新情報として表示することも可能で、自動的に変更する処理もPHPが行います。自分のWebページをテンプレートを選択して簡単にカスタマイズできるので、より自由度が増すことでしょう。

サーバ側とクライアント側それぞれのPHPの挙動について

PHPはサーバとクライアントで挙動が異なり、サーバ側ではリクエストを受け取る処理を行います。サーバはWebページでボタンなどのオブジェクトをユーザがクリックを行うと、リクエストを受け取っていきます。

そしてクライアントに対してPHPはレスポンスを行うことで、ユーザが望む処理を返していきます。リクエストされた内容通りにPHPが動作するように、構築する際には内容を考えなければなりません。

PHPのコーディングはHTMLに近い

PHPによるコーディングはHTMLと同じように基本的な書き方があり、「<?php」から書き始めていきます。様々な処理内容を書き込んでいきますが、行の最後は「;」で終了します。ファイルは「.php」形式で保存すると、コーディングの内容が反映されます。

処理を書き込んでいく中で、コメント欄を他のプログラミング言語と同じようにいれることができます。先頭部分に「//」や「#」などを入れると処理をせず、読み手のコメントとして処理します。

またifやwhileなどの変数や、printやechoなどの文字列を出力するコードも対応可能です。利用用途によってスムーズにコーディングができるように、調べながら構築するエンジニアは多いです。

PHPを導入することで得られるメリット

メリットが色々とある

PHPは利用者が多いですが、Webページに活用しやすいスクリプトとして人気を集めています。様々なPHPの構文も把握しながら活用する人も多いですが、ここでは学習して得られるメリットについて見ていきます。

PHPは情報が多いので調べやすい

インターネットや参考書でPHPの理解度を深めることができ、多くのエンジニアが活用しています。問題点をインターネットで検索すると簡単に多くの情報が出てくるので、PHPを利用してコンテンツを作りたい時に役立てることができます。

情報が多いのは各エンジニアがPHPを駆使しながら学習することができるだけでなく、構築できるコンテンツが豊富にあるためです。レベルもPHPをこれから始める初心者からベテランまで、状況によって内容を決めることができます。

サンプルも豊富で、すぐにコンテンツに活用できるソースも簡単に見つけられます。手詰まりになった際に検索すると、活用できる情報を簡単に探せるかもしれません。

ビジネスなどに活用しやすい

Webページを構築する企業が増えてきた中で、問い合わせフォームを作る際にはPHPを活用することが多いです。他にも掲示板やECショップを構築していく時には、PHPを導入しなければ円滑に進まないこともあります。

ビジネスで展開される数多くのWebサイトは、主にPHPが使われています。専門的な知識も必要なので、常に求人情報などでPHPを扱えるエンジニアが募集をかけています。ビジネスにおける需要が高く、収入に直結させることができます。

またビジネスを通じてPHPを学習することもでき、他の言語とともにWebサイトを構築することもできます。

フレームワークも使えるものが多く、インターネットで探すことができるためプログラミングを簡単にしてくれます。そこから新たなPHPの知識を身に着けて、ビジネスに活かすことも可能です。

PHPは簡単に知識を習得できる

比較的簡単にPHPは情報量も多く知識を習得できますが、初心者でも習得するスピードは速いです。簡単で覚えやすいPHPはプログラミングで難しいと言われる変数の型を、さほど意識せずに覚えていくことができます。

配列の定義もPHPは自由なので、自分が使いやすく扱えるように設計して構築することが可能です。ビジネスなどで活用するシチュエーションは多いので、PHPを習得すると将来性はあります。

今後もWebサイトでPHPを使う需要は減らないことが想定されており、Web開発を仕事にしたい人にとっては学び甲斐があることでしょう。

PHPにもデメリットがある

デメリットもあるので注意

動的なWebページを簡単に作り出すことができるPHPですが、様々なデメリットも存在します。また今後PHPを仕事として活用していこうとすると、キャリアプランでも影響が出てくることもあります。

実行速度が遅い

インタープリター言語となるPHPは、読み取る際にファイルの上から1行ずつ処理していきます。一括で処理を行うわけではなく、その都度内容を判断しながら機械語に変換していかなければなりません。

これは他のプログラミング言語よりも処理時間がかかってしまい、実際に搭載した時に遅いと感じることもあります。

例えば、Javaはコンパイラ言語といわれており、一括でコード変換を行い処理スピードを速めています。他のプログラミング言語も処理スピードが速く、PHPにとってはデメリットとなります。

PHPは自由度が高くコーディングで悩まされる

学習しやすくコンテンツを作成する時にコーディングも楽なPHPですが、活用できる範囲が非常に幅広いです。自由度が高く、最初は動かすために自由にある程度コーディングすることでしょう。

しかし、数多くのエンジニアがコンテンツに関わってくると、PHPをカスタマイズする際に無数にパターンが出てくることがあります。徐々に収集がつかなくなってしまい、自由度が高すぎるが故に悩まされるデメリットも生まれます。

そもそもPHPはコーディングで厳しい規制がなく、自由に作り出すことができます。プログラミングを行いたい時も、方法が多数存在するケースもあります。

どれが理想的か悩むこともあり、事前にしっかりと設計しなければバグが発生します。その点で時間を多く使うこともあり、PHPのコーディングに影響するので注意しなければなりません。

他の分野では活用しにくい

PHPは勉強してビジネスに活用することができ、資格取得やWebサービスに対する仕事を任されることもあります。しかしPHPはWeb関連で活用できるものの、他の分野では活用しにくいデメリットがあります。

経験が多くなれば、PHPを取り扱うプロジェクトも徐々にレベルアップしていくことでしょう。しかし、Web関連のスキルは積むことができるものの、他の業務を担当すると潰しが効かなくなってしまいます。

キャリアプランでPHPを検討する時には、他のプログラミング言語も学んでおくと良いでしょう。

個人でPHPを構築する際にもセキュリティが弱い点がデメリットなので、被害を被りやすい状態になります。

バージョンアップはPHPは何度も行っているものの、セキュリティが脆弱な点は危惧されています。セキュリティ面の知識もしっかりと付けることで、ビジネスでも活用できます。

PHPのポイントをしっかりと押さえてサイト構築を行う

PHPを活用して理想のサイト構築を目指す

PHPは誰もが活用しやすいスクリプトで、Webページを構築する上では必要不可欠です。特に動的なWebページを作るなら、しっかりとPHPの知識を付ける必要があります。専門的な知識が必要ですが、情報量が多いスクリプトです。

わからない部分が出てくればインターネットなどを活用しながら、スピーディーに悩みを解消してくれることでしょう。

スキルアップを重ね、ビジネスに活用していくことも可能です。自分が作りたいコンテンツが生み出せるように、事前にPHPを着実に勉強しましょう。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

残業ほとんどなしの求人
IT業界の『残業ほとんど無しの求人』をピックアップ!その他、こだわり条件での求人検索も◎
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

残業ほとんどなしの求人
IT業界の『残業ほとんど無しの求人』をピックアップ!その他、こだわり条件での求人検索も◎
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT