CCIEの難易度や資格概要、勉強法、年収や将来性などを徹底解説!
cover
CCIEの難易度や資格概要、勉強法、年収や将来性などを徹底解説!
資格・試験
アンドエンジニア編集部
2021.11.13
この記事でわかること
CCIEはCISCO認定技術資格の最高峰、エキスパートレベルの資格で、ネットワークエンジニアなら誰もが憧れる資格。
CCIEの難易度は最難関のレベル4と、上級国家資格試験に匹敵する難易度であり、勉強時間は1,000~2,000時間は必要。
CCIE取得者の年収は勤労者の平均年収と比べてかなり高く、また将来性のある資格である。

CCIEは難易度の高い資格

資格取得

CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)は、世界的なネットワーク企業のシスコ社が提供するシスコ技術者認定の1つで、エキスパートレベルの技術者認定資格です。 シスコ技術者認定は5段階のレベルがありますが、最高レベルの「アーキテクト」が新規認定をやめたことから、実質的にはCCIEが最難関・最高レベルの資格になっています。

CCIEはネットワーク関係の専門知識において、最高水準のスキルを証明する資格です。ネットワーク業界では大変な価値がある資格と認識されており、就職や転職時にCCIEの資格が強烈なアドバンテージになるはずです。 この記事では、CCIE資格の難易度を中心に、取得のメリットや勉強法などを紹介していきます。

シスコ技術者認定のレベルと種類

image

シスコ技術者認定資格はレベルが5つあり、それぞれが各分野に分かれています。その資格レベルと認定試験の関係を整理したものが以下の通りです。

    資格レベル     :     認定試験

5.アーキテクト(受付終了):CCAr (Cisco Certified Architect) 4.エキスパート:CCIE (Cisco Certified Internetwork Expert) 3.プロフェッショナル:CCNP (Cisco Certified Network Professional)、DevNet Professional、CyberOps Professional、CCDE (Cisco Certified Design Expert) 2.アソシエイト:CCNA (Cisco Certified Network Associate)、DevNet Associate、CyberOps Associate 1.エントリー(日本語試験廃止):CCT (Cisco Certified Technician)

以上5つのレベルでは、最高位のアーキテクトは受付終了となり、またエントリーレベルは日本語試験が無くなったことから、日本では実施的にアソシエイト・プロフェッショナル・エキスパートの3レベルしかありません。

CCIEの改定

シスコ技術者認定資格は、2020年2月24日から新体系に移行しました。それに伴って、CCIE資格試験も大幅な改定があり、分野が以下のように整理されています。これはプロフェッショナルレベルの新CCNPと同じです。

     旧CCIE試験                        新CCIE試験

▪CCIE R&S                → CCIE Enterprise Infrastracture ▪CCIE Wireless               →  CCIE Enterprise Wireless ▪CCIE DataCenter              →  CCIE DataCenter ▪CCIE Collaboration      →  CCIE Collaboration ▪CCIE Security         →  CCIE Security ▪CCIE ServiceProvider         → CCIE ServiceProvider

つまり、CCNPの上位資格がCCIEであるという位置づけが明確になったわけです。また、新制度では同一分野のCCNPに合格していれば、CCIEはラボ試験のみの受験で済むことになりました。

CCIEの試験概要

試験概要

CCIEの試験の概要を見ていきましょう。CCIEの試験はコア試験とラボ試験に分かれており、コア試験に合格しないとラボ試験には進めません

試験時間・出題形式

CCIE試験の概要は以下の通りです。新CCNP合格者は、コア試験は免除となってラボ試験に直接挑戦できます。

▪コア試験:120分(全国のピアソンVUE公認のセンターにて実施) ▪ラボ試験:480分(コア試験合格者のみ受験可能、シスコの指定会場にて実施) ▪出題形式:コア試験はコンピューター試験(CBT方式)、ラボ試験は実技試験 ▪受験資格:特になし ▪受験言語:英語のみ ▪試験日:コア試験は「ピアソンVUE公式サイト」、ラボ試験はシスコ公式サイトで確認できます。

受験料

CCIE資格試験のコア試験(筆記)受験料は、49,280円(税込)です。コア試験の合格後に受験できるCCIEラボ試験は受験料1,600ドル(税込みで約20万円)です。両方合わせて約25万円と、難易度とともに受験料も異次元レベルの高さです。

CCIEの難易度と勉強時間や勉強法

難易度

CCIEは実質的にシスコ技術者認定資格の中でも最難関に位置していますが、他の資格と比較してCCIEの難易度はどの程度なのでしょうか?ここでは、CCIEの難易度と合格に必要な勉強時間を探ってみましょう。

難易度はネットワーク系資格では最難関?  

CCIE資格が企業でどの程度の評価をされているのかを資格手当などで見てみると、その難易度が分かります。 求人サイトや各企業のホームページなどをみると、CCIEの資格手当が月に10万円以上という企業もあります。一方、ネットワーク資格では国家資格のネットワークスペシャリストがありますが、こちらの資格手当は月1~2万円が相場です。

すなわち、CCIEはネットワークスペシャリストと比較しても、難易度が"別格"であることが金額面からうかがえます。

必要な勉強時間

CCIE合格のための勉強時間は、CCIE取得者の口コミや体験談などによると、概ね1,000時間から2,000時間に集まっていました。 仮に1,500時間とすると、毎日2時間の勉強をして750日、2年強の勉強期間です。ネットワークの実務経験がない方、英語が苦手という方は2,000時間程度の勉強を覚悟しなければならないでしょう。

CCIEの勉強法

CCIE試験は受験資格などは設けられていません。ネットワーク技術者の方で、ネットワーク知識と英語力に自信がある方はいきなり受験をするという方法もありますが、それ以外の方はCCNP資格の取得から始めるのが近道です。

CCNPに合格すると、CCIEのコア試験(筆記試験)は免除されます。CCNPの受験勉強をすることで、CCIEのラボ試験勉強に向けた基礎知識が身に付きます。CCIE取得を目指す方は、ぜひCCNP資格の取得を第1目標としてください。

CCIE試験対策のおすすめの書籍

CCIE関係の参考書は英文が中心のものが大半のため、英文問題と日本語の解説がある書籍がおすすめです。次の書籍は発売から年数が経っていますが、今でもCCIE試験に挑戦する多くの方が学習に利用されています。

徹底攻略Cisco CCIE Routing & Switching筆記試験対策問題集 ▪出版社:インプレスブック ▪著者:篠田祐介、大空拓未 著 ▪発売日:2013/4/18 ▪ページ数:336P ▪サイズ:A5判

練習問題は英文、解説は日本語と、英語に不安を抱えている人にも配慮した構成です。問題文の和文要約もあり、安心して学習できます。また巻末には「必須英単語リスト」が収録されているため、技術知識以外にCCIE英語試験力を高められるのはありがたいですね。 

CCIE取得者の年収と将来性

年収

ここまでCCIE資格や試験の概要、勉強法などを解説してきましたが、最後にエンジニアの皆さんの関心事でもある、CCIE取得者の年収と将来性について見ていきましょう。

CCIE取得者の年収

CCIE取得者の年収については、勤務年数や年齢などによっても変わるため年収幅で示すのが妥当でしょう。

各種企業の求人等からCCIE取得者の年収は630万円~990万円となっています。 年齢幅は20代~60代までと、ほぼ全世代にCCIE取得者が分布しており、外資系企業に在籍している20代のCCIE取得者には1,000万円プレイヤーもいます。

日本の平均賃金は概ね年400万円前後とされています。これと比較して、CCIE取得者の平均年収がいかに高いかがよく分かります。

CCIE取得者の将来性

CCIE資格取得者はシスコが2011年以降、その人数公表をやめたことで最新の実数は不明ですが、2010年時点では日本国内で1,100人、世界で約2万人でした。ネットワークエンジニアとしては、かなり希少性が高いと思われます。

ネットワークは今やITインフラの根幹です。全てのITがネットワークで結ばれる中、より速くより安全なネットワークが求められ、ネットワークエンジニアへの期待はさらに高まっています。

また、シスコの資格は世界が認めた資格であり、そのスキル証明は海外や外国企業でも有効です。そうしたことから、シスコ技術者認定資格の最高峰、CCIEの将来性は引き続き高いと断言できます。 CCNAやCCNPの取得を目指すエンジニアの皆さんは、ぜひ将来目標としてCCIE取得を見据えてください。また、CCIE取得には英語力が欠かせないため、英語力を身に付ける事も併せて目標にしましょう。皆さんのご健闘を祈ります。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT