フルスタックエンジニアを目指すためのロードマップを紹介!
pc
フルスタックエンジニアを目指すためのロードマップを紹介!
キャリア・働き方
アンドエンジニア編集部
2021.02.03
この記事でわかること
フルスタックエンジニアを目指すならWeb開発企業で働くと共に、個人でアプリ開発を行う必要がある
上流工程から下流工程まで1人で行なうための幅広いスキルを身につける必要がある
開発に長く携わりたいならフルスタックエンジニアを目指すのがおすすめ

フルスタックエンジニアの具体的ロードマップ

road

フルスタックエンジニアとは、あらゆる開発段階を担当できるエンジニアのことです。フルスタックエンジニアは高収入を得やすいため、目指している方も多いでしょう。以下にはフルスタックエンジニアになるための具体的なロードマップ、就職するところからどのようなスキルを身につけていけば良いかまでを紹介します。これが絶対という訳ではありませんが、フルスタックエンジニアを目指す方には参考になるでしょう。なお、Web系のエンジニアを目指す場合を想定しています。

フルスタックエンジニアとは?仕事内容や将来性、必要なスキルを解説

step1.Web開発企業に就職

まずはWeb開発企業への就職を目指します。Web系の企業は即戦力を求める傾向が強いため、入社前にある程度のプログラミングスキルが必要です。ポートフォリオを面接時に提出することで、未経験でも転職できる確率が高まるでしょう。フルスタックエンジニアを目指すなら、なるべく様々な開発を任せてもらえる会社の方が良いです。たとえばWebアプリを開発しながら、モバイルアプリにも関われるなどです。自社開発の会社なら比較的様々な開発に関わりやすいでしょう。

Webエンジニアとは何か?その仕事内容や必要性、スキルについて解説!

step2.プログラマーとして下流工程をこなす

Web開発企業に就職したら、まずはプログラマーとして下流工程の仕事をこなします。システムエンジニアが作成した設計書を元に、効率的なソースコードを記述します。プログラミングだけでなく、データベース設計やテスト作業にも携わることになります。下流工程の仕事をこなすことで、エンジニアとしての基礎力を身に付けることができます。

オープン系プログラマーとは?プログラマーの職種や将来性について解説!

step3.個人でアプリ開発を行う

フルスタックエンジニアを目指すにあたっては、プログラマーとして仕事をこなしつつ、個人でアプリ開発を行うことも有用です。というのも会社の仕事だけをこなしていくだけだと、どうしてもまんべんなくスキルを身につけることが難しいからです。1つ簡単なアプリを開発するなかで、設計、開発、インフラまでのある程度の幅広いスキルを身につけられると良いでしょう。また、Webアプリとモバイルアプリ、両方が開発できることが望ましいです。加えて個人でアプリ開発をしていた実績は、転職時にも役立ちます。

step4.クラウドサービスやOSに関するスキルも学ぶ

フルスタックエンジニアは、クラウドサービスやOSに関するスキルも必要です。最近ではAmazonのAWSやAzureなどのクラウドサービスを使うことが多く、自社でサーバーを立てなくても良いことが多いです。そのため、インフラ関連で身につけないといけない必要性が減りました。その代わりに、クラウドサービスの使い方や自社への活用方法などを理解することが求められます。

DX時代を勝ち抜くエンジニアを目指してAWS移行に詳しくなろう!

step5.システムエンジニアとして上流工程をこなす

プログラマーとして3、4年働き、順調に評価されれば、システムエンジニアとして上流工程も任されるようになるでしょう。フルスタックエンジニアは開発作業だけでなく、要件定義や設計書作成などの上流工程のスキルも必要です。 要件定義ではクライアントとシステムの仕様について擦り合わせる必要があり、高いコミュニケーション能力が求められます。設計書作成ではプログラマーが理解しやすいよう記述する必要があり、文章力が求められるでしょう。こういったスキルも一通り身につけて、ようやくフルスタックエンジニアを名のれるようになります。

フルスタックエンジニアの定義

writing

フルスタックエンジニアというのは、実は定義がしっかり定まっていません。ただ、世間一般的に「こうなればフルスタックエンジニア」というイメージは根付いています。ここではそのイメージをご紹介しましょう

複数の技術分野に精通している

フルスタックエンジニアは複数の技術分野に精通しています。たとえばWeb開発ならフロントエンドからバックエンド、インフラ回りまで幅広く開発を可能とします。1人でもある程度のアプリなら作れてしまうのがフルスタックエンジニアでしょう。

インフラエンジニアはキツイのか?その仕事内容やスキル、将来性を解説!

要件定義から運用まで1人で行える

フルスタックエンジニアは開発だけでなく、要件定義、設計、開発、テスト、運用まで一貫して行えることが求められます。つまり、プログラマーとシステムエンジニアの両方の役を担えるということです。全て1人で行えるには、コミュニケーション能力などビジネスマンとしての総合的な力も必要でしょう。

高品質なシステム開発に欠かせない機能要件と非機能要件とは?
【保守・運用】仕事内容や将来性、必要なスキルについて徹底解説!

Web系のフルスタックエンジニアに必要な4つのスキル

date

Web系のフルスタックエンジニアに必要なスキルは、大きく分けて4つです。バックエンド開発、フロントエンド開発、インフラ構築、モバイルアプリ開発スキルこれらを一通りできることがフルスタックエンジニアに求められます。1つ1つのスキルについて、詳しく解説していきましょう。

バックエンド開発スキル

Webサイトの裏側でデータを生成するなどのプログラムを開発します。バックエンド開発をする場合、PHPやPython、Rubyなどのスクリプト言語のスキルが必要です。これらの言語は習得が比較的容易な分、フルスタックエンジニアになるなら高いレベルまで極めておくことが重要でしょう。また、各言語のフレームワークも使いこなせる必要があるでしょう。可読性の高いソースコードを書き、サイト負荷を軽減させるアルゴリズムを考えることも重要です。

フロントエンド開発スキル

Webサイトの表側で表示デザインを変更するなどのプログラムを開発します。フロントエンドの場合はJavaSciptという言語を使用します。JavaScriptはフロントエンド分野で10年以上使われている言語です。ユーザビリティーを意識し、使いやすく目の引くサイトを構築することが肝心です。最近ではReactというフレームワークを使い、JavaScriptでモバイルアプリまで開発することも増えています。

JavaScriptとは?その特徴やメリット・デメリットを解説!

インフラ構築スキル

インフラを構築し、アプリをより良い環境で動かせるようにするスキルも求められます。ハードウェアの設定やネットワークの構築、OSの選定などが必要です。また、構築後もアプリが正常稼働するように、サーバーやネットワークを監視する必要もあります。

モバイルアプリ開発スキル

Webアプリと同様のサービスを、モバイルアプリとしてリリースすることが増えています。モバイルアプリの方が、ユーザーにプッシュ通知を送れたり、SNS連携ができたりなど、集客効果が高いです。AndroidではKotlin、iOSではswiftという言語を使うことが多いです。スマホの普及に伴い、モバイルアプリの質を高めることが求められています。

フルスタックエンジニアが求められてきた背景

teaching

フルスタックエンジニアを欲している企業は、高い給料を支払っても雇いたいと思うことが多いです。フルスタックエンジニアがなぜ求められてきたのか、その背景について紹介します。背景を理解していないとせっかくフルスタックエンジニアになれても、面接での自己アピールに苦戦するでしょう。企業側にとってフルスタックエンジニアを雇うメリットは何なのかも、詳しく解説します。

Webサービス開発のハードルが下がった

1つめはWebサービス開発のハードルが下がったことです。プログラミング言語の進歩により、1つの言語を覚える負担が減りました。たとえばiOSアプリではObjective-Cという言語が用いられていましたが、今ではSwiftが主流です。Swiftの方が文法が平易な上に、バグか出にくい仕様となっています。 他にも、フレームワークがより使いやすくなったり、shopifyなどのノーコードで開発できるツールが出てきたりしています。こういった状況において1つの分野をこなせるだけでは、エンジニアとして評価されにくくなっています。複数の分野にまたがって開発できるエンジニアが求められてきているのです。

人件費の削減ができる

2つ目の理由は人件費の削減ができることです。開発分野別のエンジニアを雇うのは大変です。他社に外注する手もありますが、それでも多くの費用がかかります。フルスタックエンジニアがいれば、フロントエンドもバックエンドも任せることができます。特にベンチャーや中小企業では、何人ものエンジニアを雇う余裕がなく、フルスタックエンジニアを求める傾向が強いです。

コミュニケーションコストが下げられる

システム開発において、コミュニケーションコストが多いのは問題です。エンジニアの人数が多いと、その分伝達に時間がかかってしまいます。打ち合わせに時間を取られすぎて、納期に間に合わなくなることは多くあるでしょう。その上、伝達内容をミスしてしまい、開発をやり直すことになることもあります。フルスタックエンジニアが1人で作業すれば、コミュニケーションコストは抑えられます

開発作業にいつまでも関わりたいならフルスタックエンジニアがおすすめ

desk

本記事では、フルスタックエンジニアになるためのロードマップについて解説しました。どういった手順でスキルを身につけていくべきかお分かり頂けたでしょうか。フルスタックエンジニアになることは容易ではありません。様々なスキルを高めていくためには、システム開発に対する強い情熱が必要です。 その分フルスタックエンジニアは、給料も高いことが多いです。エンジニアとしての経歴が長いと、コンサルタントやプロジェクトマネージャーを目指す人も多いですが、それらの職種は開発作業からは遠ざかることになります。 ベテランになっても開発を続けたい場合は、フルスタックエンジニアを目指すのもおすすめです。フルスタックエンジニアを目指す方は、本記事で紹介したロードマップを参考に、ぜひスキルを身につけてみてください。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT