幅広いIT知識とスキルを求められる「社内SE」について徹底解説!
eyecatch
幅広いIT知識とスキルを求められる「社内SE」について徹底解説!
アンドエンジニア編集部
2021.01.26
この記事でわかること
社内SEの仕事内容は広範囲に渡る。
社内SEは幅広いIT知識とスキルが求められる。
社内SEを目指している人は多く、競争率が高い。

そもそも社内SEとは

Machin Learning

よく転職サイトを見ていると求人募集に「社内SE募集!」という求人を見ることはありませんか?では、そもそも「社内SE」とは何かについて紹介しましょう。

結論から申し上げると、「社内SE」とは、自社における情報システムの企画や、安定的に社員がシステムを利用できるよう運用する業務を担っている職業です。最近の認識では、「情報システムに関する全てを担う」ということで、社員が利用しているパソコンなどの故障対応まで求められることまであります。このように、社内SEの幅広い業務を行うため、専門的なスキルのみが要求されている職業ではないことは頭に入れておきましょう。

顧客先の企業が求めるシステムを開発するような仕事を行う「システムエンジニア」と社内のIT職である「社内SE」は、同等に思われることがあります。もちろん仕事内容が似ている部分もありますが、異なる業務内容や働き方であることが多いため、注意する必要があるでしょう。

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容は幅広く、自分の所属する会社によって仕事内容、業務範囲が違う傾向があります。社内SEを目指し、就職や転職を考えている人は、自分の希望している仕事内容かどうか判断する必要があるでしょう。ここでは、「社内SE」の仕事内容について代表的なものを4つ紹介します。もちろん、これだけが社内SEの仕事内容とは限りません。

1.社内システムの企画および予算作成や管理 社内SEは、自社の経営における課題を解決するためのシステムの導入について、経営やIT戦略などに基づいて企画を行います。さらに、自社の情報システム部門における予算の作成やその管理も行います。

一般的に、社内システムを開発する場合は、年間ごともしくは期末ごとに予算を作成することが多いでしょう。まず、業務の分析を行い、システム化する範囲の明確化、そして、スケジュール、予算などを算出した上で、提案を行います。社内SEの仕事の目的は、自社の利益の拡大が目的ですので、社内システムを開発する際は、自社の利益に繋がると期待される効果を明確にする必要があるでしょう。

2.社内システムの開発および運用・保守 システム導入が決定したら、社内SEはその開発および運用・保守も担当します。社内システムを開発する場合、「SIer」と呼ばれるIT企業と同様の流れで行っていきます。

社内SEの場合のメリットとして、納期の部分が比較的緩いところがあるでしょう。情報システム部門の人員が少ない場合は、システム開発を外注することも多いです。外注する場合の社内SEの業務は、システム開発の進捗状況の管理や品質の管理のようなベンダーマネジメント業務の部分を担当することになるでしょう。

次に、社内のシステムがトラブルなく持続的に稼働することができるように、保守・運用も行います。サーバー、ネットワークの監視を行い、障害が発生した場合は迅速な対応が求められます。 社員からシステムの改変要望があることもあり、システムの改善業務といった保守作業も行います。

【保守・運用】仕事内容や将来性、必要なスキルについて徹底解説!
SIerとは?詳細や問題点、将来性についてわかりやすく解説!

3.問い合わせ対応 社内システム、Office製品、プリンターの使い方など、自社の社員からの問い合わせにも対応しなければならないこともあります。 コンピュータのセットアップやOSやソフトウェアのインストール、メールの設定など、社員が快適に社内システム環境を利用できるようにサポートしていくことも、社内SEの仕事です。この点からも社内SEの業務範囲は広いことが垣間見えるでしょう。

4.セキュリティ対策 「セキュリティエンジニア」という職種があるように、現在の情報化社会ではセキュリティについて重要視されています。そして時代とともにセキュリティ技術も刻々と進化しています。

社内システムには、社員の個人情報など厳密に管理されなければならない重要な情報が保管されているため、セキュリティ対策を行うことが必要不可欠です。社内SEの仕事として、セキュリティソフトの導入やパスワードの管理、セキュリティ診断を定期的に利用するなど、社内のセキュリティを保護することが求められるでしょう。

社内SEとSIer企業に所属するSEの違い

ここまで社内SEの仕事内容について記載してきましたが、「社内SE」と「SIerに所属するSE」の違いについて疑問をもたれる方も多いかと思います。当項目では、両者の違いを2点に絞って紹介しましょう。

1.業務範囲の違い 先ほども説明したように、社内SEは、社内のシステム開発から社員の問い合わせ対応など多くの業務を兼任することが多いでしょう。一方、SIer企業に所属するSEは、プロジェクト案件が定まっていることで業務範囲が明確に定められている場合が多く、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、テストエンジニアのように職種ごとに業務を割り振ることが多いのです。

2.業務に携わる期間の違い 社内SEは、自社システムに関わるため、長期的に同じシステムに関わることになります。一方、SIer企業に所属するSEは、プロジェクト案件ごとに期間が決まっており、開発や保守案件が終わると異なる案件に配属されるため、短期的な案件が多いです。しかし、大規模案件の場合、2~3年同じプロジェクトに配属されることもあります。

SIerとSESの違いとは?それぞれの詳細から将来性まで徹底解説

社内SEの将来性

キャリアパス

ここまでは、社内SEの概要、仕事内容について紹介してきました。ここからは、社内SEの需要性や将来性について紹介しましょう。

社内SEの需要性

結論から申し上げると、社内SEの需要性は高いです。社内SEは、ネットワークやサーバーの保守・運用に関わる業務のため、業務が急激に衰えることは想像できません。将来的に安定したニーズがあると考えられるでしょう。

しかし、スキルが高い人材に限ります。最近は、クラウド化、仮想化、AI、セキュリティ技術などの最先端の技術が発展してきており、社内SEは最先端の技術を自社システムに活用できるような人材も求められているからです。逆を言えば、時代が求める知識やスキルを身に付けることで、より所属している会社にとって重要な社員として重宝されるかもしれません。

社内SEは売上に貢献する部門ではないため、総務部、人事部などのようにコスト部門と言われることもあり、評価が低い場合もあります。しかし、本来は花形の仕事でもあるべきだと考える人もいます。社内SEは外注することが多いですが、ベンダーはリスクを恐れるため、新たなイノベーションを起こすようなシステムを作ろうとはしません。

社内SEのキャリアプラン

ここでは、社内SEのキャリアプランについて3種類紹介しましょう。

1.社内SEとして他の企業に転職する 社内SEとして他の企業に転職するのがキャリアプランとしては一般的です。社内SEでも企業によって仕事内容やスキル、年収などが異なります。特に大手企業の場合は福利厚生や、年収が高いと言わています

2.管理職を目指す 大手企業などの大規模の企業になると、社内SEは多くの人数を抱えた情報システム部門に配属されるでしょう。このような環境で管理職を目指してキャリアを描くのも社内SEとしてよく見られるキャリアプランとなっています。

3.他のITエンジニア職に転職する 社内SEが幅広い知識とスキルを求められるのに対して、SIer企業のようなITエンジニア職では専門知識と高いスキルが求められます。SIer企業に転職することで、社内SEとして磨いてきたスキルを活かし、専門スキルを磨いていくというキャリアプランも考えられるでしょう。

ITスペシャリストとは?仕事内容や将来性、おすすめの資格を紹介

社内SEになるためには?

image

社内SEの競争は激しいことが有名です。理由は2つあります。1つ目が、SIer企業と比較して、納期が厳しくない、残業が少ないなど、ホワイトな職場環境であることが多いことです。2つ目が、社内SEは多く雇うことができないということです。社内システムの利用頻度が減ると社内SEの必要性が減ります。そのため、雇うことにおいてリスクが大きいことが挙げられます。

では、そんな競争が激しい社内SEの座を勝ち取るために、必要なスキルを3つ紹介しましょう。

1.システムエンジニアとしての体系的知識 社内SEになるためには、IT基礎、ネットワーク、サーバーの基本的な知識やスキルが必要です。さらに、一般的なシステム開発における作業工程の知識や、社内システムの障害が起きたときの障害対応のスキルなどがあると重宝される人材になれるでしょう。

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収、必要スキルを解説!

2.セキュリティに関する深い知識・スキル 社内SEは自社の情報資産を守るのも大切な仕事内容となっています。そのため、セキュリティに関する知識・技術をもっている人材は、企業から喉から手が出るほどほしい人材と言えるでしょう。セキュリティスキルは時代とともに変化していくため、日々学んでいく必要があります。

3.コミュニケーション能力

社内SEは自社の社員、外注先、チームメンバーとコミュニケーションを取ることが多いため、コミュニケーションスキルも求められます。コミュニケーション能力があるとプロジェクトや社員のトラブル対応をスムーズに進めることもできるでしょう。

社内SEになるためのおすすめの資格2つ

社内SEを目指す人にとって資格を取得しておくことで、就職や転職する際にアピールポイントとなるでしょう。社内SEは他のITエンジニアと比べると幅広い業務に触れるため、取得しておくと役に立つ資格は比較的多いでしょう。

ここからは、社内SEとして働くためにおすすめな資格を2つ紹介します。

1.基本情報技術者試験 何度も述べていますが、社内SEは幅広い知識やスキルが求められます。具体的には、IT基礎、ネットワーク、サーバーのような技術に関する基礎的な知識やプロジェクト管理やセキュリティ知識などです。このようなスキルに関して、体系的に出題される試験が基本情報技術者試験です。システム関係の仕事に就くための登竜門的な資格となっています。求人によっては、この資格を取得していないと応募できないこともあるでしょう。

基本情報技術者試験とは?資格のメリットや学習方法を解説!

2.ネットワークスペシャリスト試験 社内SEはネットワークに関する深い知識を持っている人材は重宝される傾向にあります。「ネットワークスペシャリスト試験」は、情報処理技術者試験の中でも、合格する確率は約15%と難関な試験です。試験には、「基本情報技術者試験」とは違い、記述式の問題もあるため、ネットワークへの知識の理解力が高いことが求められるでしょう。

「オワコン」と言われるネットワークエンジニアの将来性を徹底解説

幅広いITの知識やスキルが求められている社内SE

switch role

この記事では、社内SEの仕事内容、SIer企業に所属するSEとの違い、社内SEの将来性について紹介してきました。社内SEは幅広い知識・スキルが必要な職種ですが、企業によって業務範囲は大きく異なります。そのため、自分に合った仕事内容かどうか確認することが大切です。

IT人材の不足、また需要は今後も数10年にかけて伸び続けると言われているため、社内SEの将来性は明るいでしょう。社内SEとしてキャリアアップするために、時代とともに変化していく知識やスキルに対応していくことも求められています。

社内SEの仕事に興味をもたれた方は、ぜひ目指してみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored