SIerとは?詳細や問題点、将...
office
SIerとは?詳細や問題点、将来性についてわかりやすく解説!
アンドエンジニア編集部
2021.02.18
この記事でわかること
SIer企業はシステム開発を請け負うIT企業!
SIer企業の問題点として、「下請け構造」、「労働集約型のビジネスモデル」が挙げられる!
IT技術の発展にともない、システム開発の需要は増加傾向であるため、SIerの需要は今後も続く!

SIerとは?

「SI」とは、「System Integration」の略称です。システムインテグレーションとは、システム開発を請け負う事業などを示す言葉で、顧客先の要望に応じて、システムの設計や開発、運用、コンサルティングに至るまで様々な仕事を請け負うことを言います。この事業を請け負う企業のことを「System Integrator」もしくは、縮めて「SIer」と呼びます。

したがって、SIerは「システム開発を請け負うIT企業」と言えるでしょう。ここからは、SIerの仕事内容やSIer企業の種類について詳しく解説しましょう。

SIer企業の仕事内容

SIer企業が請け負う仕事は、システム関係における全てを請け負うこともあり広範囲にわたります。理由としては、日本のメガバンクのような大手企業が、自社の中で大規模な情報システム部を持ち、システム開発や保守・運用を行っていかなければならないところを、SIer企業に全て委託していることが原因です。

SIer企業の業務内容としては、まず顧客と開発するシステムの企画から入ります。これを要件定義と言います。その後、設計、開発、テストとシステム開発は続いていきます。そして、開発したシステムの保守・運用まで担当するのがSIerの業務範囲です。

SIer企業の種類

SIerは、業務内容や企業の成り立ちによって種類があります。ここでは、主なSIerの種類や特徴について解説しましょう。SIerの種類は、大きく分けて「メーカー系」、「ユーザー系」、「独立系」に分けられます。その他として、「コンサル系」や「外資系」などもあります。

1.メーカー系
PCメーカーから独立したSIer企業のことを言います。親会社やグループ会社のシステム開発を行うことが多いです。メーカー系のメリットは経営が安定していることでしょう。一方、デメリットはプロジェクトによってスキルの違いが大きいことと言われています。代表的な企業は、日立製作所、NEC、富士通などでしょう。

2.ユーザー系
一般企業から独立したSIer企業のことを言います。親会社もしくは外部企業のシステム開発を行うことが多いです。 ユーザー系のメリットとしては自社で働けることでしょう。一方、デメリットはITのスキルが身に付きにくいと言われています。代表的な企業としては、NTTデータ、SCSK、日鉄ソリューションズなどです。

3.独立系
特定の親会社を持たないSIer企業のことを言います。よって、外部企業のシステム開発が主となります。独立系のメリットは自由度が大きく、ITスキルが比較的に伸びやすいことでしょう。一方、デメリットは、親会社がないため、案件を継続的に自社で取り続けないといけないことです。代表的な企業としては、TIS、大塚商会、日本ユニシスなどでしょう。

4.コンサル系
企画提案や要件定義の部分を主に担うSIer企業のことを言います。よって、外部企業のコンサルティング業務を行うことが多いです。システム開発の上流工程と呼ばれる部分に携わることができ、高収入が期待できるでしょう。一方、成果主義の部分もあるため、注意が必要です。代表的な企業としては、NRI、アクセンチュアなどでしょう。

5.外資系
海外を中心に事業展開を行うSIer企業のことを言います。したがって、海外企業のシステム開発を行うことが多いです。外資系なため、成果主義な部分があるため、風土が自分と合っているか注意が必要でしょう。代表的な企業としては、Microsoft、Oracleなどです。

SIer企業における2つの問題点

これまでに、SIerの仕事内容や企業の種類について紹介してきました。ここからは、「SIer」の問題点について2つ解説しましょう。

下請け構造

1つ目の問題点として「SIerの下請け構造」についてです。建設業界のゼネコンの下請け構造と似ていることから、「SIerの下請け構造」のことを「ITゼネコン」と呼ぶこともあります。

まず顧客先より、大規模案件を大手SIerが受注します。その後大手SIerが中堅SIerに下請けとして発注を行います。さらに中堅SIerは、零細SIerや派遣などに発注していくため、多重の下請け構造となるでしょう。

発注元である大手SIerが仕様やスケジュールを決めるため、下請けや孫請けと言われるSIerは次のような3点の問題点が発生します。

・顧客先と関わる機会が少ないため、やりがいを感じにくい
・決まったスケジュール内に納品する必要があるため、残業や休日出勤が増える
・下請けに発注するごとに、マージンが引かれていくため、下請企業の収入は低くなる傾向がある

そのためSIer企業ではたらくことを検討している方は、「IT業界の下請け構造」を理解し、自分の目的を明確にした上で、はたらく会社を選ぶことが大切でしょう。

ビジネスモデル

ニュースやテレビなどの情報から、IT業界ではたらく環境は先進的であるイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。例えば、Googleやメルカリ、LINEなどで働く人は、華やかで自由にはたらいているイメージがあるでしょう。一方、SIer企業は少し違います。

理由としては、SIerは働く時間によって売上を伸ばすような「労働集約型」と言われるビジネスモデルであるためです。SIer企業はいかに効率よく、安定的に開発できるかを求められるため、新しい技術を採用するようなリスクを避ける傾向があります。この点が、Web系企業と呼ばれる、自社開発している企業と異なる点だと言えるでしょう。

SIer企業の将来性

これまでに、SIer企業の仕事内容や問題点について紹介してきました。ここからは、SIerの需要や今後の展望、SIer企業ではたらくために必要なスキルについて解説しましょう。

SIer企業の需要

急激なIT技術の発展により、システム開発の案件数は今後も増加していくことは間違いないと言えることから、SIerの仕事がなくなることはないでしょう。今後も日本国内では、ほとんどの企業が自社にシステム開発部門を置くことはしないで、SIer企業に外注するケースが多いことが予想されます。

またIT業界の人手不足や、システム開発の需要が高まることから、SIerの将来性は高いと言うこともできるでしょう。

SIerの今後の展望

これまでに説明しましたが、SIer企業には一定数の需要があるため、仕事がなくなる可能性は低いです。そのため、技術力のあるSIer企業であれば、生き残って行くでしょう。

SIer企業はこれまでに説明したように、「下請け構造」、「労働集約型のビジネスモデル」の問題点を抱えているため、スキルが身に付きづらい環境であることは変わらりません。そのため、エンジニアとして技術や知識を身に付けて成長する環境としては、自社開発をしている企業と比べると十分でないと言えるでしょう。

しかし、SIer企業では、「未経験でもIT業界にチャレンジできる」、「年収や福利厚生がしっかりしている会社が多い」などのようにメリットもあるため、SIer企業ではたらくことがデメリットばかりというわけではありません。

SIer企業ではたらくために求められる3つのスキル

ここからは、今後SIer企業で働くために求められるスキルを3つ紹介しましょう。

1.システム開発に関する知識やスキル
システム開発の業務を行うためには、要件定義や設計から開発や保守・運用と幅広い工程の知識やスキルが必要となります。要件定義工程では、顧客先へのシステム提案を行うため、ヒアリング力、提案力、顧客の業務に関する知識が必要です。設計工程では、業務の流れを示すデータフロー図を作成するなど、設計手法を理解している必要があります。開発工程では、プログラミング言語に関するスキル、テスト工程では、テストツールの利用に関する知識が求められるでしょう。運用・保守工程では、サーバーやネットワークのようなインフラ部分に関する知識や、システムのトラブル対応、システムを改善するスキルなどが必要となります。

2.コミュニケーション力
SIer企業ではたらく場合、多くの人と関わることになるでしょう。例えば、顧客先、プロジェクトメンバー、下請先などです。またシステム開発を行っていく際、チームで業務を行っていくことが一般的となるため、チームメンバー間で認識齟齬を生じないような適切なコミュニケーションスキルが求められるでしょう。さらに、要件定義工程では顧客先が求めているシステムについて明確にヒアリングを行う必要があり、保守・運用工程では障害状況についてわかりやすく顧客先へ伝える必要もあります。したがって、コミュニケーションスキルは、仕事を進めていく上で大切なスキルと言えるでしょう。

3.プロジェクトマネジメント力
プロジェクトマネジメントとは、プロジェクト全体を束ね、システム開発の各工程における作業を円滑に遂行させるための管理手法のことです。プロジェクトマネージャーというポジションになると、スケジュール管理、予算管理、品質管理、リスク管理、コスト管理などさまざまな管理を行う必要があります。若手のエンジニアにとっては必須のスキルではありませんが、年収アップを期待する方やリーダー職以上を目指す方にとっては必要なスキルと言えるでしょう。

以上のように、SIer企業ではたらくには、システム開発に関するスキルに加えて、コミュニケーション力やプロジェクトマネジメント力などのヒューマンスキルも必要だと言えるでしょう。さらに、今後SIer企業で重宝される人材となるためにも、エンジニアとして複数の技術や新しい技術を身に付けていくことも大事だと言えます。

SIer企業が自分に合っているか考えよう!

当記事では、SIerの詳細から問題点、将来性について紹介してきました。SIerとは、システム開発を請け負うIT企業のことで、仕事内容は幅広いです。さらに、SIer企業の問題点として、「下請け構造」、「労働集約型のビジネスモデル」が挙げられることも解説しました。しかし、急激なIT技術の発展より、システム開発の案件は今後も増加していくため、SIerの仕事がなくなることはないでしょう。

今後、SIer企業で重宝される人材となるためには、コミュニケーション力などのヒューマンスキルに加えて、エンジニアとしての新しい技術や複数の技術など価値のあるスキルを身に付けていくことが大事です。SIer企業の特徴についていろいろ説明してきましたが、結論として、SIer企業が自分に合っているかを一度考えてみることが大切でしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事をシェア