プロジェクトリーダーの役割とは?必要なスキル・平均年齢・おすすめの資格について
thumb_projectleader_01
プロジェクトリーダーの役割とは?必要なスキル・平均年齢・おすすめの資格について
資格・スキル
アンドエンジニア編集部
2022.06.22
この記事でわかること
プロジェクトリーダーの役割は、現場でプロジェクトを管理すること
リーダーシップ力やマネジメント力が重要となる
プロジェクトリーダーによってプロジェクトの成功可否が大きく左右される

プロジェクトリーダーの役割は?

img_projectleader_01

プロジェクトリーダーはチームリーダーと呼ばれることもありますが、その役割にはどんなものがあるのでしょうか。以下で詳しく紹介します。

チームを取りまとめる

プロジェクトは自分1人ではなく、チームで仕事をします。そのためプロジェクトリーダーは各チームメンバーを統率して、目標を達成する必要があります。場合によっては、チーム内で業務の割り振りを行うのも重要な任務です。

プロジェクト内で各要員が適材適所に最高のパフォーマンスを発揮できるように、細かく気を遣いながら調整する必要があります。

スケジュールを管理する

プロジェクトは長期に渡ることが多く、納期を守ることが重要なテーマです。プロジェクトリーダーは、各ステップにおける納期を明確にして、進捗管理を行う必要があります。また、スケジュールから遅れている場合は、資源配分の見直しなどによって挽回することも重要です。

問題が発生することなく計画通りアウトプットすることが求められますが、この舵取り役としてプロジェクトリーダーの手腕が問われます。場合によっては、自らがプレイヤーとなって仕事をするケースも想定されます。

問題に対処する

プロジェクト活動において、予期せぬ問題が発生することも多々あります。特に、品質問題というものはプロジェクトの進行だけでなく、クライアントに与える影響も大きいため、是正するだけでなく予防することも重要です。

発生した問題に対処し、被害を最小限に抑えるようにプロジェクトリーダーが率先して活動します。大きな流れとしては、まずは問題が発生した要因を明らかにして応急措置を取ります。その後、問題発生原因を分析して是正処置を取ります。このように、被害を最小限に抑え、再発しないように努めることが重要です。

また、問題が発生したことによって計画が遅延した場合は、リカバリー策を講じてプロジェクトの進行を図りましょう。

責任を持つ

プロジェクト全体の責任は、プロジェクトマネージャーの大きな役割の1つです。しかし、プロジェクトリーダーに責任がないわけではありません。プロジェクトリーダーはプロジェクトに関わる要因に対しての責任を負います。

開発者が原因でプロジェクトが遅延したとしても、責任を持って対応しなければなりません。

チームの成長を促す

プロジェクトリーダーは、プロジェクトの成功のみを求められているわけではありません。プロジェクトを通じて社員の成長を促すことも重要な任務です。常に成長しなければ組織は生き残ることができません。

例えば、現在はエンジニア担当者でも、やがて経験を積んでプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーのポジションを担えるほど成長できるようにサポートします。

そこで、プロジェクトリーダーがいつまでも先頭に立ってすべてを引っ張るのではなく、ボトムアップでプロジェクト力を高めることも重要です。その意味でも、エンジニアなどに責任と権限を与えて、次世代のプロジェクトリーダーを育成します。

チームメンバーの労働環境を整備する

プロジェクトメンバーが最高のパフォーマンスを発揮するには、労働環境の整備も重要です。昨今の働き方改革によって、労働時間の管理がより重要視されている事実もあります。

メンバー間での偏りがないように、バランスを考えて仕事を分担します。業務が多すぎるだけでなく、少なすぎて手空きになることを防止することも重要な任務です。

関連部署と連携をとる

プロジェクトリーダーは自分の担当するチームだけでなく、関連部署・関連チームとも連携を取ります。プロジェクトを成功させるためには、多数の部署・チームが1つの目標に向かって業務を遂行することが重要です。

具体的には、進捗状況を共有する・トラブル発生時は互いに応援メンバーを出すといった方法で協力関係を築きます。自分のチームだけでなく、ほかのチームの状況を把握してプロジェクトを進めることが大切です。

プロジェクトマネージャーとの役割の違い

img_projectleader_02

プロジェクトリーダーと似た存在として、プロジェクトマネージャーがいます。一見すると似たような仕事と思われがちですが、大きな違いは「指揮するのがプロジェクト全体か、現場のどちらか」という点で、実は与えられている責任や権限も異なります。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を管理するのが仕事で、主にスケジュール管理・リソース管理・品質管理などプロジェクトの全体的な統括を担当します。

一方のプロジェクトリーダーは、プロジェクトが計画通り進行しているかをチェックし、問題が発生しているようなら調整を行います。つまり、現場の指揮はプロジェクトリーダーが担当します。また、人員の管理・予算・納期・品質管理のほか、リスクを把握しチームをまとめることも重要な任務です。

位置づけとしては現場監督的な役割を果たすのがプロジェクトリーダーで、より上位でプロジェクトを管理するのがプロジェクトマネージャーの役割といえます。

また、プロジェクトマネージャーはステークホルダーに対しての対応も必要ですが、プロジェクトリーダーは基本的にプロジェクト内の管理だけを担当することが多いです。

このように、プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーよりも狭い範囲において大きな責任と権限が与えられており、プロジェクトリーダーの仕事によってプロジェクトが成功するかどうかが大きく左右されると言っても過言ではありません。

ちなみに、チーム内の技術面のリーダーであるエンジニアリーダーというものもあります。具体的な役割は、コードの品質を保つための方針の策定や、テスト計画といった資料のレビューなどです。肩書きはエンジニアですが、チームリーダーとしてほかのメンバーを管理するマネジメント業務も担うことがあります。

PMとPLの役割の違いとは? ―若手エンジニアの疑問にスッキリ回答―

プロジェクトリーダーに必要なスキルは?

img_projectleader_03

プロジェクトリーダーとして必要なスキルには、以下のようなものがあります。

リーダーシップ力

リーダーとして、率先してチームを引っ張る力や諸問題に対して責任を持って対応できることが重要です。強いリーダーシップを発揮している場合は、プロジェクトが円滑に進むことが多いでしょう。また、プロジェクトの各セッションを担当する者にとっても、リーダーシップがあるリーダーがいると心強く感じます。

人心掌握力

プロジェクトメンバーをリードする上で、 人心掌握力も必要なスキルです。「この人についていきたい」と思わせるような人望の厚さを持ち合わせていないと、プロジェクトリーダーになってもうまくいきません。

規模が大きなプロジェクトだと自分だけの能力ではどうすることもできず、全員のパフォーマンスが一定以上発揮されないと円滑に進められません。人間性の高さもプロジェクトリーダーとして必要です。

問題解決力

諸問題に対して、すぐに原因を特定してそれに対処できるスキルも必要です。真の原因を明らかにして、是正することで問題を再発させない行動が取れます。

また、問題をただ解決するだけでなく、どれだけ早く対応できるかも重要です。これには決断力やある程度の経験も重視されます。

マネジメント力

プロジェクトリーダーには、管理や運営に関するスキルも必要です。特に、大きなプロジェクトになればなるほどマネジメント力が問われる傾向にあります。

プロジェクトに必要な予算の取り決めは設計者と営業が相談をして見積りを出しますが、両者のコミュニケーションが不足している場合は適切な見積もりが出せません。

プロジェクトをスムーズに遂行させるために、円滑にコミュニケーションを取れるようなサポート力が必要です。

コミュニケーション力

プロジェクトを成功に導くには、チーム全体の状況を把握することや、正しい情報を共有することが重要です。適切なコミュニケーションがとれていない場合、進捗に遅れが生じていることに気付かなかったり、間違った情報で業務を進めてしまうといった問題が発生します。

困っているメンバーはいないかどうか・プロジェクトに必要な情報は誰が持っているかなどを把握しましょう。常に周りの状況を見て、誰とでもコミュニケーションをとることができる力が必要です。

プロジェクトリーダーになるためには?

img_projectleader_04

プロジェクトリーダーになるための条件としては、主に以下のような点が挙げられます。

現場を担当する技術者からステップアップする

システム開発などでは、プログラマーからシステムエンジニアを経て、プロジェクトリーダーに任命されることが多いです。これは、プロジェクトリーダーには実際の作業の知識が必要になるためです。

業務内容を理解していることで、その業務の難易度なども容易に把握できます。問題が発生した場合は、リカバリーにどの程度かかるのかなどを見積もることも可能です。さらに、人的資源が足りない場合は自らがプレイヤーとなってリカバリーするというケースもあります。

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収、必要スキルを解説!

プロジェクトリーダーの平均年齢

プロジェクトリーダーの平均年齢は、30代前半〜30代後半です。優秀な人材はエンジニアとして何年目かを経て、20代後半でプロジェクトリーダーを任されることもあります。しかし、プロジェクトリーダーを任される年齢についてはプロジェクトの開発規模や会社の規模によって異なります。

プロジェクトリーダーに向いている人

プロジェクトリーダーに向いている人物像としては、物事を推し進めることができる実行力があること、洞察力に優れていることなどが挙げられます。また、責任感が強く最後まで投げ出さずに遂行できる資質を持った人物でなければなりません。

プロジェクトリーダーは役職ではなく「役割」

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーは、肩書きのような「役職」として認識されがちですが、あくまでこれらは業務上に振り分けられた「役割」であり「役職」ではありません。

プロジェクトリーダーの役割は「プロジェクトの実行責任者」、プロジェクトマネージャーの役割は「プロジェクト責任者」です。

しかし、企業によっては体裁的にこれらを役職として任命する場合もあります。

プロジェクトリーダーをやりたくないエンジニアは多い

img_projectleader_05

エンジニアの中には、プロジェクトリーダーをやりたくないと感じる人が多いです。その理由は、「失敗したくない」「叱責されたくない」「人前で話すのが苦手」「チームをまとめられるか不安」などが挙げられます。

特に、技術志向の人はプロジェクトを管理する立場になりたがりません。また、初めてプロジェクトリーダーに任命される場合は、責任の重大さなどからやりたくないと思うことも多いでしょう。

しかし、プロジェクトリーダーに任命されることは、これからの自身のスキルアップ・ステップアップのためには避けて通れません。将来的に自分のやりたいことや視野を広げるためにも、ぜひチャレンジしましょう。

プロジェクトリーダーにおすすめしたい資格

img_projectleader_06

プロジェクトリーダーにおすすめしたい資格として、以下のようなものがあります。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、情報処理技術者試験の1区分です。試験制度のスキルレベル4に相当しており、高度情報処理技術者試験に含まれています。

対象者像としてはシステム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案して必要な要員・資材の確保や、計画した予算・納期・品質の達成について責任を持つ者です。

プロジェクトリーダーとして必要なスキルを学べるため、ぜひ取得したい資格の1つです。

【参考】:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:プロジェクトマネージャ試験

応用情報処理技術者試験

基本情報技術試験の中でも上位に位置づけられているのが、応用情報処理技術者試験です。エンジニアとしてのレベルアップを図るには、応用情報技術者試験が特におすすめです。

技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力を身につけられ、システム開発、IT基盤構築などの局面において高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

【参考】:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:応用情報技術者試験

PHP技術者認定上級試験

PHPの言語仕様から実用的なプログラミングテクニックまでの知識を問う試験が、PHP技術者認定上級試験です。PHPの専門技術取得能力を正当に評価できる技術者認定試験を実施することで、認定者の雇用機会や認定者が所属する会社のビジネスチャンス拡大を図ることが可能です。

プロジェクトリーダーとしても、能力を実証するのに最適な資格と言えます。

【参考】:試験概要 – PHP技術者認定機構

その他の高度情報処理技術者試験(ITストラテジスト試験・システムアーキテクト試験など)

高度情報処理技術者試験には、プロジェクトマネージャ試験以外にもさまざまなものがあります。高度情報処理技術者試験は基本情報技術者試験・応用情報技術者試験の上位ランクに位置しており、合格すると高度なIT知識と技能を持つことを証明できます。

具体的には、ITストラテジスト試験・システムアーキテクト試験・ネットワークスペシャリスト試験などがあります。高いIT知識と技能を持つことで、あらゆるプロジェクトを円滑に進めることができるようになるでしょう。

【参考】:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:試験制度:試験区分一覧

プロジェクトリーダーとして活躍しよう!

img_projectleader_07

プロジェクトリーダーは、プロジェクト成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。重要な任務を担うため大変な仕事ではありますが、それ以上にやりがいを感じることができるポストです。必要なスキルを身につけて、プロジェクトリーダーとして活躍しましょう。

PMやSEに必須のプロジェクト・マネジメント手法のEVMについて理解しよう
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

残業ほとんどなしの求人
IT業界の『残業ほとんど無しの求人』をピックアップ!その他、こだわり条件での求人検索も◎
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

残業ほとんどなしの求人
IT業界の『残業ほとんど無しの求人』をピックアップ!その他、こだわり条件での求人検索も◎
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT