プログラミングの関数とは?役に立たない?学び方と実務で役立つスキル
thumb_programmingfunction_01
プログラミングの関数とは?役に立たない?学び方と実務で役立つスキル
アンドエンジニア編集部
2023.11.18
この記事でわかること
プログラミングの関数は、プログラミングの用語の1つで簡単なことから学ぶことができる
プログラミングの関数は、値を渡して結果をもらうもので、繰り返し使用する時に再利用しやすい
プログラミングの関数がわかったら、仕事に役立てられ、初心者から応募できる企業も多数ある

プログラミングの関数とは何なのか

img_programmingfunction_01

プログラミングを始めると、関数という用語が出てきます。学校で数学を習った際に関数と聞いて、体が受け付けない方もいるかもしれません。

ここでは、プログラミングの関数とは何なのかという前提から解説していきます。この解説を通じて、最初の壁を突破すると次のステップへの目標が見えてくるでしょう。

プログラミングの基礎知識とは?未経験の方にも分かりやすく解説
プログラミングで挫折しそうな人必見!原因と解決策を詳細に解説

関数は同じ処理を繰り返して実行する役割がある

img_programmingfunction_02

プログラミングの場面では似たような処理を行うことが多くあります。その際に、何度も記述する手間を省くために、一連の処理をまとめて実行する「関数」を使って効率的化させます。

関数と聞くと難しく思えるかもしれませんが、例えば関数という調理器具に食材をセットすることで、自動的に料理が仕上がって出てくるようなイメージで捉えると理解しやすいかもしれません。

プログラミングを難しく考えず、プログラミングに取り組むハードルを下げることで、少しでも学習を進めることができるでしょう。

プログラミングが難しすぎると感じる方必見!理由や解決策を紹介
エンジニア転職を成功させるため
ぜひ『マイナビIT エージェント』をご活用ください!

プログラミングの関数を分かりやすく

img_programmingfunction_03

ここでは、プログラミングの関数について、初心者の方でもわかる用語を中心に、説明していきます。ここで示す内容がわかると次のステップに入り、より詳細な学習を目標をもって進めることができるでしょう。

関数の役割

関数は古くから用いられている手法で、同じ処理を繰り返し実行する役割があります。使用メモリー量を抑えるとともに、呼び出し側のプログラムを変更しても利用できるため、効率的な開発作業と安定した実行環境には欠かせないものです。

関数でできること

関数でできることはいくつかあり、プログラミングでは古くから一般的に利用されています。

1つは、プログラミングの命令をまとめて、機能として登録することができることです。何回も繰り返し起動される共通の処理を標準登録することができます。

続いて、機能に名前をつけることで、何をする処理なのか分かりやすく登録できることが挙げられます。機能をソースごとに別々に名前付けせずに共通化することで、汎用的なライブラリに用いることができます。

関数の処理は、値を引数として受け付けて、関数の内部で必要な処理を行い、完了した結果を値として返すという、一連の流れに従います。そのため、異なる関数の場合でも作法の共通化を図ることができます。

関数の例

関数は、個々のプログラミング言語の学習を進めるタイミングで詳しく説明があります。ここでは、そのイメージをつかんで置くと良いでしょう。

関数の例ですが、Pythonの場合の関数の使い方は次のようになります。自分で関数を作るには、次のようにdefで定義します。

def my_func(num):
   return num*num
i=10
ret=my_func(i)
print("i=",i,", ret=",ret)

 

【入門編】Pythonの基本構文まとめ!学習方法や年収も解説

JavaScriptの関数の使い方は次のようになります。自分で関数を作るには、次のようにfunctionで定義します。

function my_func(num) {
  return num*num;
}
i=10;
ret=my_func(i);
console.log("i=",i,", ret=",ret);

 

JavaScriptの入門!その概要や文法の基礎について解説!

関数の種類

関数の種類は非常に多く、数学の関数式それぞれに数学ライブラリが提供されています。また、表計算ソフトにおいても、数百の関数が用意されています。また、数学関数の他に、業務固有の関数などもあります。さらに基本ソフトウェアであるOSを制御するシステム関数などもあります。

関数の名称や使用方法は、個々のプログラミング言語によって定義されており、同じプログラミング言語では再利用が可能です。共通で用いる関数はあらかじめ組み込み関数として提供されます。

関数のメリット

関数が長らく利用されている理由は、多くのメリットがあるからです。具体的には、プログラムコードが整理され、コード量が削減できることが挙げられます。その結果としてプログラムコードが見やすくなり、新たに作成するコードもシンプル化が可能です。

また、プログラムコードが再利用できるので、プログラマーがコードの処理を意識せずに利用できることが挙げられます。専門的な処理を関数化することで誰でも利用することができます。

Pythonでは、データサイエンスのライブラリが多数登録されており、必要に応じて利用することができます。そのため、データ分析や機械学習などで数多く利用されています。

Pythonと機械学習を学んでAI時代に対応できるエンジニアに

プログラミングの関数知識を活用できる職種の年収

プログラミングの関数知識を活用できる代表的な職種に、プログラマーがあります。

プログラマーの年収は「マイナビエージェント職種図鑑」での平均年収は344万円(※2023年7月執筆時点)、経済産業省2017年発表の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から近い職種のエンジニア/プログラマを参考にすると、平均年収592万円と分かりました。

国税庁2020年発表の「民間給与実態統計調査」における民間企業平均年収は433万円なので、プログラマーは一般平均年収よりも、やや低めから、やや高めであることが分かります。

プログラマーは、フロントエンドからバックエンドシステムまでカバーします。またシステムソフトウェアから顧客向けソフトウェア開発まで多様な用途があり、経験に応じて高い収入が得られます。

【参考】:マイナビエージェント職種図鑑 ※【平均年収 調査対象者】2020年1月~2020年12月末までの間にマイナビエージェントサービスにご登録頂いた方 【参考】:IT関連産業における給与水準の実態① ~ 職種別(P7) 【参考】:民間給与実態統計調査-国税庁

未経験からプログラマーに転職するには?コツ・必要なスキルを解説!

プログラミングの関数を難しく感じさせる理由

img_programmingfunction_04

プログラミングの関数を難しく感じさせる理由には、そもそもプログラミング自体を学ぶ必要があることが挙げられます。プログラミングに取り組むハードルを下げることで、ちょっとでも学習を進めることができるでしょう。

プログラミングが理解できない方必見!わからない原因と解決方法を解説

プログラミング自体よりも用語が複雑

プログラミングとは、プログラムを作成することですが、これでは初心者の方は余計こんがらがってしまいます。用語の解説に新たに用語が登場し、無限に新しい用語が続いてしまいます。そのため1つの用語を調べると、いくつもの用語の理解が必要になる場合があります。

日常で使用する言語とギャップがある

プログラミングで使用する言語を、ソースプログラムあるいはソースコードと呼びます。この時点では、人が編集できるようにテキストファイル形式で格納しています。

この命令のルールとなる仕様や用法は、プログラム言語ごとに定義されています。大半のプログラム言語は欧米で開発されたもので、英語の記述に基づく宣言や指示が必要です。また、この言語仕様もプログラム言語毎に異なりますので、日本人、特に初心者にはハードルが高く感じるかもしれません。

直接目に触れることが少ない

プログラミングで用いるソースコードはソフトウェアですので、ハードウェアと異なり直接日常生活で目にする機会は少ないでしょう。そのため、編集内容がどのようなものか、すぐに理解するのは労力や経験が必要です。また、作成したソースコードがどのように実際に動作するのかは、経験が必要な部分もあります。

プログラミングのスキルアップと能力開発の目的

img_programmingfunction_05

プログラミングに慣れてくると、色々な知識が吸収できます。それによって自身のスキルアップや活用などを行うことができます。またプログラミング能力を活かしたあらたな仕事に挑戦することもできるでしょう。具体的には、以下のような効果が期待できます。

プログラミングの勉強方法とは?何から始めるべきか初心者向けに解説

自身の能力開発と学習意欲の向上

自身の目標に合わせて、能力開発に役立てることができます。目標を細かく設定することで、学習意欲の維持や向上とともに、次の目標に挑戦することもできます。特にプログラミングはさまざまな範囲で活用できますので、目標も多様に設定できます。

仕事や趣味に活用できる

プログラミングの知識で得たことを、直接仕事や趣味に活用することができます。仕事でも表計算ソフトでは関数が良く使われますし、ちょっとしたコードを使ってオフィスソフトを制御することもできます。趣味としては、ゲームソフトやツールなども簡単に作成することができます。

新しいキャリアを目指すことも可能に

将来の目標に合わせて、そのスキルを求める仕事や企業の選択の幅が広がります。特にプログラミングは多くの用途がありますので、コンピュータ業界に限定されず、オフィス業務から産業システムなど仕事の範囲が拡大します。

プログラミングを使う仕事とは?種類別の例や向いている人の特徴
あなたに合った企業選びをサポート致します。
エンジニア転職のご相談はぜひ
『マイナビIT エージェント』へ!

プログラミングの基礎が身に着いたら

img_programmingfunction_06

これまでの話をまとめると、プログラミングの関数の処理は、値を渡して結果をもらうもので、一連の流れに従って行います。関数は、繰り返し使えるメリットがあり、ソフトウェアの開発効率向上に役立ちます。

関数は、プログラミング言語の基礎的な仕組みです。その仕組みがわかったら仕事に活用することができます。また、プログラミングの知識を必要とする用途は拡大しており、プログラミングの初心者やエンジニアの未経験者採用企業も数多くあります。

自身のキャリアの選択を広げるために、他の企業を含めて色々な選択肢を探してみることをおすすめします。

そこで利用を推奨するのがマイナビIT エージェントです。 

マイナビIT エージェントは、IT・Webエンジニア向け、無料の転職⽀援サービスです。

IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのご経験やスキルをお伺いし、転職活動のプランをご提案します。

アドバイザーは企業側と直接連携を取れるので、求人票に載っていない情報も確認することができます。こちらで、働き方などをしっかり確認の上、応募企業を選んでいくのが良いでしょう。

未経験からのキャリアチェンジは心身ともに本当に大変だと思います。少しでもご自身の負担を減らすべく、エージェントサービスを活用して、失敗のない転職活動に臨んでいただければ幸いです。

『マイナビIT エージェント』なら、
IT業界に精通した専任アドバイザーと豊富な求人で、
あなたの転職活動を丁寧にサポートします。
気になる人のXをフォローしよう!
公式LINE
公式YouTube
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT