PHPのおすすめ開発環境ツール7選!構築方法も初心者向けに解説
thumb_phptool_01
PHPのおすすめ開発環境ツール7選!構築方法も初心者向けに解説
アンドエンジニア編集部
2022.12.27
この記事でわかること
PHPの開発環境ツールとしてはPhpStorm・Eclipse・Sublime Textなどがおすすめできる
ブラウザでPHPを実行できるOnline PHP editor・CodePadなどのツールも併せて使うと良い
PHPのスキルを活かせる企業に転職したいなら転職エージェントを活用するのがおすすめ

PHPの開発環境構築が難しいと感じる人は多い

img_phptool_01

PHPの開発環境構築が難しいと感じる初心者の方は多いと推測されます。PHPは開発環境構築方法は多々あり、どの方法が良いのか分からない方が多いでしょう。また、PHPの公式サイトは英語で書かれているため、どのファイルをダウンロードすべきか迷う方もいるはずです。

PHPでできることを解説!機械学習やスマホアプリ開発はできる?

PHPの開発環境を構築する方法には大きく3つある

img_phptool_02

PHPの開発環境を構築する方法には大きく3つあります。

  • PHPの実行環境を公式サイトからインストールする
  • XAMPPを活用する
  • Dockerなどで仮想環境を構築する

 

XAMPPは開発環境構築パッケージであり、XAMPPをインストールするだけでPHP開発を行うことが可能です。ただ、XAMPPは実務では使われないことも多いです。また、Dockerを使い仮想環境を構築する選択肢もありますが、初心者には少しハードルが高いです。

おすすめは公式サイトからPHPの実行環境をインストールすることです。実行環境をインストールしたら、後は統合開発環境(IDE)を導入すれば開発環境を構築することが可能です。この方法がシンプルかつもっとも迷いなく行えるでしょう。

どのIDEを使えば良いかに関しては本記事で詳しく解説します。

【参考】:PHP: Hypertext Preprocessor 【参考】:XAMPP 【参考】:Docker

Web業界で使われるXAMPPとは?特徴やメリット、注意点を解説
XAMPPとは違う?DockerでのPHP環境構築方法を解説
エンジニア転職を成功させるため
ぜひ『マイナビIT エージェント』をご活用ください!

PHPの開発環境を構築する前に知っておきたいこと

img_phptool_03

PHPの開発環境を構築する前に知っておきたいことについてまとめました。 統合開発環境(IDE)とはそもそも何なのか、PHPエンジニアの平均年収について解説しています。

統合開発環境(IDE)とは

統合開発環境(IDE)はシステム開発に必要なソフトがひとまとめになったものであり、ソースコードの記述・コンパイル・デバッグ・ファイルのバージョン管理などを行うことが可能です。IDEをインストールすれば簡単に開発環境を構築することができます。

IDEとは?詳細やメリット、おすすめのIDEを紹介します!

PHPエンジニア(プログラマー)の年収

PHPエンジニアに絞った年収情報はないため、参考としてPHPを活用するプログラマーの平均年収のデータを記載します。

プログラマーの年収は「マイナビエージェント 職種図鑑」での平均年収は344万円、経済産業省2017年発表の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から近い職種のSE・プログラマ(ソフトウェア製品の開発・実装)を参考にすると、平均年収568万円と分かりました。

国税庁2020年発表の「民間給与実態統計調査」における民間企業平均年収は433万円なので、マイナビの調査では民間企業平均年収よりもやや低く、経済産業省ではやや高いということになります。

プログラマーの中でもPHPエンジニアは、需要が伸びているECサイトやSNS開発に携わることが多いため、今後年収が上がりやすいのではないかと推測されます。

【参考】:マイナビエージェント 職種図鑑 ※【平均年収 調査対象者】2020年1月~2020年12月末までの間にマイナビエージェントサービスにご登録頂いた方

【参考】:IT関連産業における給与水準の実態① ~ 職種別(P7) 【参考】:民間給与実態統計調査-国税庁

PHPのおすすめの開発環境ツール7選

img_phptool_04

PHPのおすすめの開発環境ツールを7つまとめました。インストールしてローカルに開発環境を構築できるIDEや、ブラウザ上でPHPを実行できるツールについて解説しています。

PhpStorm

PhpStormはPHPに特化した有料のIDEです。コード補完機能が特に優れており、Webアプリ開発の速度を向上させることができます。有料ツールですが、30日間は無料で使うことが可能です。

【参考】:PhpStorm: JetBrains の PHP IDE とコードエディター

NetBeans

NetBeansは、Oracle社を中心としたコミュニティによって開発されたIDEです。オープンソースのため無料で使えるうえに、PHP・Java・C言語など多くのプログラミング言語に対応しています。アプリのUI設計に使えるGUIビルダーなど、多くの便利機能が備わっています。

【参考】:Welcome to Apache NetBeans

Zend Studio

Zend StudioはPHPに特化した有料のIDEです。コード補完などWebアプリ開発を効率化できる機能がそろっています。本格的なWebアプリ開発にも活用しやすいと言えるでしょう。

【参考】:Enterprise PHP Solutions | Zend by Perforce

Eclipse

Eclipseは有名な無料IDEであり、PHPに限らず多くのプログラミング言語でのシステム開発に活用できます。知名度が高いためネット上に情報が多く、分からない箇所を調べやすいのが初心者向きと言えます。プラグインも豊富なため自分好みにカスタマイズしやすいのもメリットです。

【参考】:The Community for Open Innovation and Collaboration

Sublime Text

Sublime Textは動作が軽いのが魅力な有料のテキストエディタです。入力補完機能が優秀なうえにショートカットも便利なため、作業効率化に貢献してくれます。IDEではなくテキストエディタではあるものの、機能が豊富でありIDEの代わりとして用いることも可能です。

【参考】:Sublime Text - Text Editing, Done Right

Sublime Text 4の概要からインストール方法・特徴を解説

Online PHP editor 

Online PHP editorはオンラインで手軽にPHPの実行結果を確認できるツールです。実行環境が手元にないがすぐに実行結果を確認したい場合などに使えます。

【参考】:Online PHP editor | Test code in 250+ PHP versions

CodePad

CodePadもオンラインで実行結果を確認できるツールです。 CodePadはPHPだけでなくCやPythonなど他の言語も実行することができます。シンプルかつ高機能なオンラインエディタです。

【参考】:codepad

PHPのスキルを身につけるには?

img_phptool_05

最後に、開発環境を構築した後に、どのようにPHPスキルを身につければ良いのかについて解説します。PHPの勉強方法には独学を行う・研修を活用するの2種類がありますが、それぞれのメリットについて詳しく説明していきます。

学習サイトや参考書などで独学する

PHPは学習サイトや参考書が多く、独学しやすい環境が整っていると言えます。他言語の経験者なら独学でも十分にPHPを習得できるでしょう。自分に合った効率的な方法でPHPを学ぶことが大切です。

PHPのおすすめ本13選!入門レベルからさらに学べる学習本まで解説

研修が手厚い企業に転職する

独学に自信がない方は、研修が手厚い企業に転職して、PHPの開発環境構築から教えてもらう手もあります。

企業の中には研修制度が整っている場合もあり、未経験から知識をつけながら働くことも可能です。未経験からITエンジニアを目指すなら、自分のスキルにあった企業を探してくれる転職エージェントの活用をおすすめします。

PHPの資格は?資格の種類や特徴を難易度とともに詳しく解説!
PHP技術者認定試験とは?おすすめ参考書や難易度・メリットを解説
あなたに合った企業選びをサポート致します。
エンジニア転職のご相談はぜひ
『マイナビIT エージェント』へ!

PHPのスキルを活かせる企業に転職したいなら

img_phptool_06

本記事ではPHPの開発環境ツールについて解説しました。どの開発環境ツールを使えば良いのかお分かりいただけたかと思います。開発環境構築をスムーズに行えるかはその後の学習モチベーションにも関わるので、初心者の方はなるべく簡単でシンプルな方法を選択することをおすすめします。

しかし、PHPのスキルを習得できても、問題はその後転職が成功するかです。転職活動が上手くいかず、せっかく身につけたPHPスキルが活かせない職場に転職してしまうこともあります。

そうならないためには転職先の状況を調査し、どのようなスキルを主に使うのか知ることが大切ですが、自分のスキルを最大限活かせる理想の企業を自力で探すのは、とても苦労がかかるものです。

そこでぜひご活用いただきたいのがマイナビIT エージェントです。 

マイナビIT エージェントは、IT・Webエンジニア向けの無料の転職⽀援サービスです。

IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのご経験やスキルをお伺いし、転職活動のプランをご提案致します。

アドバイザーは企業側の人事担当者と直接連携を取れますので、求人票に載っていない企業情報も確認することができます。残業時間や給与面など、働き方などをしっかり確認の上で応募企業を選んでいくのが良いでしょう。

・資格やプログラミングの勉強をしているけれど、企業が求めるレベルに達しているのかわからない ・スキルアップをして市場価値を上げていける企業の選び方を知りたい ・数多くあるITエンジニアの職種の中で、自分に向いている仕事は何か知りたい

こうした悩みを抱えていらっしゃる方は、まずは無料登録でキャリアカウンセリングをおすすめ致します。

あなたに合った企業選びをサポート致します。
エンジニア転職のご相談はぜひ
『マイナビIT エージェント』へ!
気になる人のXをフォローしよう!
公式LINE
公式YouTube
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT