Javaプログラマーとは?仕事内容やメリット、目指し方などを解説
thumb_javaprogrammertoha_01
Javaプログラマーとは?仕事内容やメリット、目指し方などを解説
アンドエンジニア編集部
2024.03.19
この記事でわかること
Javaプログラマーは、Javaプログラミングを用いて顧客が求めるシステムやアプリケーションを構築する仕事である
Javaプログラマーは企業の基幹システム開発や改修、Webアプリ開発、Androidアプリ開発など幅広い業務を担当する
Javaプログラマーには多様な開発現場で活躍できること、大規模システムの開発に携われること、オブジェクト指向を習得できることなどのメリットがある

Javaプログラマーとは

img_javaprogrammertoha_01

Javaは、Webアプリケーションやモバイルアプリや企業の基幹システムなど、幅広い分野で活用されているプログラミング言語です。

Javaの安定性と生産性の高さから、企業が基幹システムの開発にJavaを採用しているケースが多く、官公庁や金融機関、製造業などの現場で、Javaプログラマーが活躍しています。

Javaプログラマーは、Javaによるプログラミングでシステム開発や、基幹システムの構築や改修などを行います。

また、スマートフォンの普及に伴い、Androidアプリの開発でもJavaが活用されているため、Androidアプリ開発でも活躍しています。

Javaとは?人気プログラミング言語の特徴やメリットを解説

Javaプログラマーを目指す理由とは

img_javaprogrammertoha_02

Javaは長年、多くの企業の開発現場で使われており、今もなお幅広く使用されている、シェアの大きいプログラミング言語です。 プログラマーになりたい方の中には、需要が高いJavaプログラマーを目指したい方もいるでしょう。

この記事では、Javaプログラマーがどのような職業か知りたい方のために、Javaプログラマーの仕事内容やメリット、Javaプログラマーを目指すにはどうすればよいかを解説していきます。

エンジニア転職を成功させるため
ぜひ『マイナビIT エージェント』をご活用ください!

Javaプログラマーの概要

img_javaprogrammertoha_03

まずは、Javaプログラマーの仕事内容や、そもそもJavaとはどのようなプログラミング言語なのかについて解説します。あわせて、Javaプログラマーの年収についても説明しましょう。

Javaプログラマーの仕事内容とは

Javaプログラマーの仕事の代表的な例として、ITシステム、Web、モバイル開発などが挙げられます。ITシステム開発においては、企業の基幹業務を支える大規模なシステムの構築や改修を行います。

Web開発ではWebアプリケーションの開発を手がけ、企業のWebサイトやECサイトなどを制作します。

また、モバイル分野においてはAndroidアプリの開発を行い、スマートフォンやタブレット端末向けのアプリを作成します。

このように、顧客が求めるさまざまなシステムやアプリケーションを、Javaプログラミングを用いて構築するのがJavaプログラマーの仕事です。

単価の高いプログラマはどんな仕事をしているのか?分かりやすく解説

Javaとはどのようなプログラミング言語か

プログラミング言語の1つであるJavaの特徴は、プラットフォームに依存しないという点です。

WindowsやMac、Linux、Androidなど、さまざまなOSやハードウェアで同じプログラムを動作させることができます。これにより、開発段階で複数のプラットフォームへの対応を意識する必要がなくなり、効率的な開発が可能です。

また、Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語で、プログラムを部品化したオブジェクトの集合体として捉えることができるため、高いプログラムの保守性や再利用性を持っています。

このように、Javaは高い汎用性と生産性を兼ね備えた言語であり、世界中の企業や組織で広く利用されています。

Javaでできること8選を紹介!初心者に向けてわかりやすく解説
Java入門!概要やメリット、基本事項について徹底解説!

Javaプログラマーの年収とは

Javaプログラマーを含むプログラマーの年収は「マイナビエージェント職種図鑑」での平均年収は344万円(※2024年3月執筆時点)、経済産業省2017年発表の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から近い職種のSE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)を参考にすると、平均年収593万円と分かりました。

国税庁2020年発表の「民間給与実態統計調査」における民間企業平均年収は433万円なので、Javaプログラマーは一般平均年収よりも、やや低めから高めまで幅があることが分かります。

スキルが高くさまざまな案件で活躍できるJavaプログラマーは、年収が高い傾向にあります。そのためJavaプログラマーで高年収を目指すには、関連する技術やフレームワークも学習し、幅広い知識を身につけることが重要です。

【参考】:マイナビエージェント 職種図鑑 ※【平均年収 調査対象者】2020年1月~2020年12月末までの間にマイナビエージェントサービスにご登録頂いた方 【参考】:IT関連産業における給与水準の実態① ~ 職種別(P7) 【参考】:民間給与実態統計調査-国税庁

Javaプログラマーを目指すメリットとは

img_javaprogrammertoha_04

Javaプログラマーを目指すことにはさまざまなメリットがあります。まずは、多くの開発現場で活躍できることです。

また、大規模な開発に携われること、多くのプログラミング言語で使われるオブジェクト指向を習得できることも、メリットとして挙げられます。

幅広い開発現場で活躍できる

Javaは、ITの発展に伴ってその活躍の場を広げてきました。現在では、Webアプリケーション、モバイルアプリ、IoT技術、ビッグデータ解析、AIなど、さまざまな分野で活用されています。

Javaプログラマーは、このように多様な開発現場で力を発揮することができるのが最大の魅力です。幅広い専門分野でJavaのスキルを活かすことができ、キャリアの可能性を大きく広げてくれます。

また、Javaプログラマーとして色々な開発の現場を経験することで、新しい技術に触れ続けられるのも大きなメリットと言えます。

IoTとは?概要から動作の仕組み・実際の用途まで丁寧に解説!

大規模システムの開発に携われる

Javaは、大規模で複雑な企業システムの開発に適した言語として知られています。

Javaはオブジェクト指向を取り入れた言語でモジュール間の依存度が低く作業を分割しやすいため、大規模システムの構築や保守がしやすく、社内の基幹システムにJavaが採用されている大手企業も多いです。

Javaプログラマーになって大規模な基幹システムの開発や運用を担えば、企業の中核を成す重要なシステム開発に携わるやりがいを感じることもできるでしょう。

オブジェクト指向を習得できる

Javaは、オブジェクト指向の言語として設計されているため、Javaを学び経験を積むことで、オブジェクト指向の概念や手法を身に付けることができます。

また、オブジェクト指向を習得すれば、C++、C#、Rubyなどの他のオブジェクト指向言語を学ぶ際にも応用が効きます。

そのため、Javaによりオブジェクト指向の考え方を学んでおけばさまざまな言語に対応しやすくなり、その後のプログラマーとしてのスキルアップにもつなげることができます。

オブジェクト指向言語とは?概念とプログラミング言語をわかりやすく解説!

Javaプログラマーを目指すには

img_javaprogrammertoha_05

それでは、Javaプログラマーを目指すにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、必要とされるスキルや役立つ資格を紹介し、未経験からJavaプログラマーを目指す方法や将来性についても解説します。

プログラマになるには?プログラミング学習の心構え・学習方法を解説!

Javaプログラマーに必要なスキルとは

Javaプログラマーとして活躍するためには、もちろんプログラミングの基本的なスキルや、Javaそのものの理解が欠かせません。オブジェクト指向の概念や構文、データ型、制御文などの基礎も身につける必要があります。

また、データベースの基礎知識も重要です。Javaプログラミングからのデータアクセスを行うJDBCや、データベースを操作するSQLを学び、データベースとのやり取りができる必要があります。

さらに、さまざまな現場で活躍するためには、Spring FrameworkやApache Strutsなどの主要なフレームワークについても学ぶ必要があるでしょう。

Javaを用いてWebアプリケーション開発を行う場合は、動的なWebページを生成するための技術であるJava Servletや、HTMLにJavaコードを埋め込んで動的コンテンツを生成するJSPの知識も必要です。

WebサーバーのApacheとは?Webサーバーを学ぶエンジニア必見!

Javaプログラマーに役立つ資格とは

Javaプログラマーとして働くために資格の取得は必須ではありませんが、取得すればスキルアップや実力の証明として役立ちます。

代表的な資格を以下に紹介します。Javaプログラマーとしてのキャリアアップを目指す際は、受験を検討するといいでしょう。資格の内容と難易度を確認して、自分に適したものを選びましょう。

■Oracle認定Javaプログラマ Oracle社が主催するJava開発者の技術力を証明する資格試験です。Bronze、Silver、Goldの3段階があり、レベルに応じた知識とスキルが要求されます。

【参考】:Oracle University Japan Java SE 17 認定資格

おすすめのJava資格一覧!難易度やレベル、学習方法を解説

■基本情報技術者試験 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が主催するITの基礎的な知識を問う国家資格です。プログラミングに関する出題もあり、Javaプログラマーとして基礎技術を固めたい方は受験を検討するといいでしょう。

基本情報技術者試験に合格すれば、次のステップとして、より高難易度で高い技術力を証明できる応用情報技術者試験もあります。

【参考】:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは?試験概要や合格率、ITパスポートとの違い

■Javaプログラミング能力認定試験 サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する資格試験で、Javaに関する基本的なスキルと、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定します。

試験にはレベルに応じた1級、2級、3級と3段階に分けられるため、自身のJavaの習得度合いによって受験級を選ぶと良いでしょう。

【参考】:Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験とは?勉強法や資格を活かせる仕事を紹介!

未経験からJavaプログラマーを目指すには

近年、社会のIT化やAI・IoT技術などの先進技術が普及してITエンジニアの需要が高まっています。

経験者の求人が多いことは事実ですが、未経験者を採用して研修を行いプログラマーを育成する企業も多くあり、未経験からJavaプログラマーを目指すことも十分可能です。

未経験からJavaプログラマーを目指す場合、まずはIT全般の基礎知識とプログラミングの基本的な概念を学びましょう。

そして、Javaの文法や構文、オブジェクト指向プログラミングの学習に取り組みましょう。入門書や学習サイト、プログラミングスクールなど、自分に合った手段で学ぶと良いでしょう。

実践を通じてスキルを身につけるため、課題やサンプルプログラムで実際の動作を確認しながら学ぶことも大切です。また、資格取得を目指すのも有効な選択肢の1つと言えます。

未経験からJavaプログラマーを目指すには、自ら学んで習得する姿勢が何より重要です。自主的な学習とスキルアップを積み重ねることで、開発現場で活躍できるJavaプログラマーに成長できるでしょう。

Javaプログラマーの将来性とは

Javaは長く使われている言語ですが、金融機関や大企業で利用されている既存システムを保守・運用する需要は今後も継続すると予測されています。

また、今後はWeb開発やモバイル開発の需要も期待でき、他言語への応用性もあることを考えると、Javaプログラマーには十分将来性があると言えるでしょう。

所属する企業によっても、開発を行う専門分野や現場の規模は異なります。Javaでプログラミングができるようになったら、将来のキャリアパスを考えて、自分が携わりたい分野や規模の開発ができる企業に転職を考えるのもいいでしょう。

あなたに合った企業選びをサポート致します。
エンジニア転職のご相談はぜひ
『マイナビIT エージェント』へ!

Javaプログラマーになってキャリアアップを目指そう

img_javaprogrammertoha_06

ここまで、Javaプログラマーは幅広い分野で活躍でき、今後も活躍できる将来性のある職業であることが分かりました。

Javaプログラマーとしてのキャリアを築き、将来を見据えたキャリアパスを実現するためには、自分の志向に合う企業に転職するのも良い方法です。

しかし、求人情報の収集や企業情報の確認など、1人で転職活動を行うのは大変なものです。面談で自分の強みやアピールポイントを十分に伝えられるか、不安に感じることもあるでしょう。

そこで利用を推奨するのがマイナビIT エージェントです。 

マイナビIT エージェントは、IT・Webエンジニア向け、無料の転職⽀援サービスです。

IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのご経験やスキルをお伺いし、転職活動のプランをご提案します。

アドバイザーは企業側と直接連携を取れるので、求人票に載っていない情報も確認することができます。こちらで、働き方などをしっかり確認の上、応募企業を選んでいくのが良いでしょう。

未経験からのキャリアチェンジは心身ともに本当に大変だと思います。少しでもご自身の負担を減らすべく、エージェントサービスを活用して、失敗のない転職活動に臨んでいただければ幸いです。

『マイナビIT エージェント』なら、
IT業界に精通した専任アドバイザーと豊富な求人で、
あなたの転職活動を丁寧にサポートします。
気になる人のXをフォローしよう!
公式LINE
公式YouTube
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT