未経験者がHTML・CSSを最短で習得できる独学方法を解説!
thumb_htmlcss_01
未経験者がHTML・CSSを最短で習得できる独学方法を解説!
プログラミング言語
アンドエンジニア編集部
2021.12.28
この記事でわかること
HTML・CSSはWebサイトの文書作成やレイアウト調整に使われる
学習サイトや参考書で基礎・応用を学び、その後に実際にWebサイトを作っていくのが良い
必要に応じてJavaScriptやWebデザイン、PHPなども併せて学習していくと良い

HTML・CSSとは?

img_htmlcss_01

まず、HTML・CSSとは何かについて解説します。HTMLとCSSは何が違うのか、それぞれどのような箇所で使われているのか詳しくみていきましょう。

HTMLとは?

HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略で、Webサイトの文書作成やレイアウト調整に使われる言語です。たとえば、文章に見出しをつけたり画像を挿入したりボタンやリンクなどの位置を変更したり、といったことが可能です。HTMLはWebサイト制作に欠かせないものであり、WebエンジニアやWebデザイナーを目指すなら優先的に習得したいでしょう。

HTMLではタグというものを使ってレイアウトの調整を行います。たとえば「」というタグを使うことで指定した文章を太字にすることが可能です。HTMLを扱う場合このタグの使い方を一通りマスターする必要があります。

HTMLとは?今さら人に聞けないその概略や役割を解説!

CSSとは?

CSSとはCascading Style Sheetsの略で、Webサイトのレイアウト調整に使われる言語です。HTML単体でもレイアウト調整は可能ですがソースコードが煩雑になってしまうことがあるため、レイアウト調整はCSSの方で行うことが多いです。

また、CSSの方がWebサイトの色や形を変更したり場所を入れ替えたりといった調整が簡単に行えます。CSSもWebサイト制作に携わるなら習得しておくべきスキルでしょう。

CSSでセレクタ・プロパティ・値の3つを指定することでレイアウト調整を行います。たとえば「p {color: red; }」と記述することで、pタグの色(color)を赤(red)に変更することが可能です。HTMLと違いpタグ箇所をまとめて変更できるため、効率的にレイアウト調整ができます。

CSSとは?概要や基本書式、具体的な記述方法について解説!

HTML・CSSを最短で学ぶおすすめの方法

img_htmlcss_02

続いて、HTML・CSSのおすすめ勉強方法を解説します。HTML・CSSを仕事で使えるレベルまで効率的に達する方法をまとめたので、これから勉強をはじめる方は参考にしてください。

学習サイトで基礎を学ぶ

まずは、学習サイトで基礎を学ぶのがおすすめです。オンラインで学習できるサービスには様々な種類があり、HTML・CSS未経験者向けに基礎に絞って分かりやすくまとまっているものが多いです。いきなり参考書に手を出すと難しくで挫折してしまう可能性があるので、まずは学習サイトで基礎を習得しましょう。

また、学習サイトはスマホでも閲覧できるため移動中や休憩中に手軽に学習できるのもメリットです。無料か月額1,000円程度で利用できるサービスが多いので、試してみましょう。

参考書で応用を学ぶ

学習サイトで基礎を習得したら参考書で応用を学びます。HTML・CSSの細かいタグの知識を参考書で補強していきましょう。HTML・CSSの参考書には様々なものがありますが、できるだけ出版が新しいものを選んだ方が良いです。

なぜなら、HTML・CSSはバージョンによって書き方が少しずつ異なるため、古い本だと今は使われていない書き方を学んでしまうからです。参考書は辞書としても活用できますので1冊は手元に置いておきましょう。

サイトを模写する

HTML・CSSの文法をある程度覚えたらサイトを模写すると良いです。好きなWebサイトのソースを確認し、コードを実際に書いてみて自分の環境で実行してみましょう。サイトを模写することで実践的なHTML・CSSのテクニックを知ることができたり、見やすいサイトデザインにするにはどうすれば良いか分かったりするメリットがあります。

模写を繰り返したら自分だったらどうするかを考えながらデザインを変更してみて、デザインスキルを高めていきましょう。

1からサイトを作る

模写まで終われば1からサイトを作っていきましょう。まず、作りたいWebサイトの種類を決める必要がありますが、自分のプロフィール紹介など簡単なものが良いでしょう。次に、サイトデザインをどうするかPowerPointなどにまとめておきます。

後は、それを参考にコーディングを行っていきます。分からない箇所は随時参考書で確認し、知識の穴埋めを行っていきましょう。1からサイトを作ることでWebサイト制作の知識がまんべんなく身につき、実務レベルまで到達することが可能です。

HTML・CSS独学のポイント

img_htmlcss_03

続いて、HTML・CSS独学のポイントを解説します。HTML・CSSをより効率的に習得するために何に気をつけるべきかをまとめました。

最初から完璧な理解を求めない

はじめからHTML・CSSを完璧に理解する必要はありません。ベテランのエンジニアであってもHTMLの細かいタグなどを全て覚えている人は少ないからです。ある程度基礎をマスターしたら、制作物の作成に取り掛かって問題ありません。その方が、HTML・CSSを学ぶ楽しさも実感できますし実務レベルに到達する速度も早いです。

参考書を見ながら書いて良い

HTMLのタグなどは主要なもの以外は暗記する必要はなく、Webサイト制作時は参考書を見ても問題ありません。HTML・CSSに限らずプログラミングの勉強は暗記することよりも、理解することが大切です。参考書を見ながらでも良いのでひとまず制作物を完成させましょう。

一緒に学習する仲間を見つける

HTML・CSSを独学する場合、一緒に学習する仲間を見つけるのもおすすめです。1人で黙々と学習していると、どうしても途中で飽きてしまい挫折してしまいやすくなります。SNSやコミニュティなどで仲間を見つけて切磋琢磨していくことで、途中で飽きず学習を続けていくことが可能です。

HTML・CSS以外に身につけたいスキル

img_htmlcss_04

最後に、HTML・CSS以外に身につけたいスキルを解説します。WebエンジニアやWebデザイナーとして活躍したいなら、HTML・CSS以外にもいくつか必要なスキルがありますのでみていきましょう。

JavaScript

JavaScriptはプログラミング言語の1つであり、Webページ上の動きつけるために使われるものです。たとえば、フォームに書き込んだ際にアラートを表示したりページにアニメーションやスライドショーをつけたり、といったことができます。HTML・CSSだけでなくJavaScriptも扱えることで、作成できるWebサイトの幅が広がり獲得できる案件の種類も増えるでしょう。

JavaScriptはHTML・CSSに比べると難しいですが、習得すれば市場価値の高いエンジニアを目指すことが可能です。ある程度HTML・CSSを理解できたらJavaScriptにも挑戦しましょう。

JavaScriptとは?人気のJavaScriptを5分で学ぶ

デザインスキル

Webデザイナーを目指すならデザインスキルも身につけておきたいです。まずは、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの使い方をマスターしましょう。これらのソフトの使い方は動画サイトなどで分かりやすく解説された教材もあるため、それらを参考に実際に使いながらマスターしていくのが良いです。

加えて、他のサイトをよく観察し、美しいデザインにするにはどうすれば良いかを学習していきましょう。ボタンやリンクの位置を使いやすくしたり、写真を目立たせるレイアウトにしたりするテクニックを学び、実際にWebサイトを作成します。

制作物をいくつか作ったらポートフォリオとしてまとめ、転職的に企業に提出してアピール材料とすることが可能です。未経験からWebデザイナーを目指す場合、制作物を見せてスキルレベルを証明することは重要になります。

PHP

Webエンジニアを目指すならPHPも身につけておきたいです。PHPはWebサイトのサーバー側で動くプログラムを作成する言語であり、サイト内に表示するデータを作成します。たとえば、掲示板の書き込み内容やECサイトのポイント数、検索ページの結果リストなどを作成して表示します。

PHPを習得することでサーバー側のエンジニアとしても働けるようになり、エンジニアとしての市場価値がアップするでしょう。PHPは他のプログラミング言語に比べれば難易度は低めなので、HTML・CSSと並行して勉強していくと良いです。

PHPとは一体何か?他のプログラミング言語と異なるポイントを解説!

HTML・CSSを独学は難しくないので積極的に取り組もう!

img_htmlcss_05

本記事ではHTML・CSSの独学方法について解説しました。HTML・CSSを効率的に学ぶにはどうしたら良いか、お分かりいただけたかと思います。HTML・CSSは基礎だけ習得するならさほど難しくありませんが、応用まで全て習得するとなるとそれなりの学習期間を有します。

ある程度基礎をマスターしたら実際にWebサイトを作っていき、実用的なスキルを身につけていくのが実務レベルに素早く達するコツです。また、HTML・CSSだけでなくJavaScriptやデザインスキル、PHPなども併せて身につけていくのが望ましいでしょう。本記事がHTML・CSSの勉強をはじめる方にとって有意義なものとなれば幸いです。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

ITパスポート
ITパスポートは不要な資格か?メリット・デメリット、活用について
アンドエンジニア編集部
2022.03.17

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT