【初心者向け】Notionの基本的な使い方を7ステップで解説!
thumb_notionuse_01
【初心者向け】Notionの基本的な使い方を7ステップで解説!
アンドエンジニア編集部
2023.10.13
この記事でわかること
Notionの基本的な使い方が7ステップで分かる
Notionはビジネス/個人利用ともに便利なドキュメントツールである
Notionの料金設定とプランが分かる

Notionの使い方をマスターしよう

img_notionuse_01

Notionは2021年10月に日本語化され、国内での利用者も増えているドキュメント作成アプリです。この記事ではNotion初心者向けに、7ステップで基本的な操作方法を解説していきます。

そもそもNotionとは?

Notion(ノーション)はクラウド型ドキュメント作成アプリです。Notionを活用することで資料やホームページを作成したり、作成したデータを保管・共有したりできます。テレワーク時の同僚や顧客とのやり取り、プレゼン資料作成などで大活躍するサービスです。

【参考】:Notion (ノーション) – すべてのチームをひとつのワークスペースで 【参考】:ユーザー事例 - Notion公式

Notionとは?基本的な使い方やEvernoteとの違いを解説

Notionの魅力

Notionの大きな魅力の1つとして、柔軟なカスタマイズ性が挙げられます。ユーザーは好みのウィジェット、画像、リンク、アイコンなどを組み合わせて、自由にページやワークスペースをカスタマイズできます。

実際この機能を使い、大学生であれば見やすい単語帳を、社会人であればスケジュール管理帳を作成するなど、それぞれのニーズに合った便利な使い方が実践されています。

また、初心者でも直感的に使えるシンプルな操作性、あらゆる端末に対応した汎用性も人気の理由です。フリープランもあるため、価格面でも満足度が高くなっています。Notion1つあれば、複数のアプリケーションやツールを一元化でき、情報を統合できます。

【参考】:コンテンツのカスタマイズや書式設定

Notionでできること5選!概要や基本操作も分かりやすく解説!
NotionにGoogleカレンダーを埋め込み表示できる?手順とメリットを解説!

Notionの使い方7ステップ

img_notionuse_02

ここからはNotionの基本的な使い方を7ステップで順番に解説していきます。7ステップで基本動作を把握してNotionを使いこなしましょう。ステップ1に進む前にNotion公式サイトにアクセスして、アカウントを作成しておきましょう。

【参考】:Notion公式サイト

Notionはスマートフォン版(Notion for iOS & Android)、PC版(Notion for Mac & Windows)とそれぞれアプリ版とブラウザ版が用意されています。この記事ではブラウザ版をもとに解説を進めていきます。

【参考】:Notion for iOS & Android 【参考】:Notion for Mac & Windows

ステップ1:基本画面の見方

まず初めに基本画面の見方を解説します。アカウントを作成し、ログインが完了したら以下のスタートページが表示されます。画面の左側がサイドバー、右側がページとなっており、基本的には右側のページ部に編集を加えていく形です。

サイドバー上部にあるワークスペース、プライベートの使い分けは以下の通りです。

■ワークスペース 資料をチーム全体に共有したい場合は、ワークスペースから作成します。

■プライベート 個人用に資料を作成したい場合は、プライベートから作成します。

img_notionuse_03

【参考】:ワークスペースの基本-Notion公式

ステップ2:新規ページを作成する

テキストやデータベースなど新規に作成する場合には、サイドバー下部にある「新規ページ」をクリックします。

img_notionuse_04

テキストなどのドキュメントを作成したい場合には「空白ページ」をクリックします。

img_notionuse_05

空白ページをクリックすると以下のような新規ドキュメントが表示されます。空白ページではWordやGoogleドキュメントのように直感的な操作が可能です。

img_notionuse_06

見出しやページ埋め込み、Todoリストなどの枠を表示させるには、「+」ボタンをクリックします。「+」ボタンをクリックするとメニューが表示され、下までスクロールしていくと様々な機能があります。

img_notionuse_07

■ベーシック

ベーシックはドキュメントツールの基本的な機能が含まれています。見出しの追加やページ埋め込みなどができます。

img_notionuse_08

■インライン

インラインはドキュメントを共有している他人へ通知を送ったり、リマインダー機能を設定できます。

img_notionuse_09

■データベース

データベースはドキュメントにデータベースを追加できます。データベースの使い方については後のトピックで紹介します。

img_notionuse_10

■メディア

メディアは画像や動画、オーディオなどの各種ファイルを追加できます。

img_notionuse_11

■アドバンスト

アドバンストは目次機能、階層リンクなどの機能が使用できます。

img_notionuse_12

■埋め込み

埋め込みはGoogleやX(旧Twitter)など外部サイトから情報を埋め込みできます。ドキュメントにGoogleマップデータやツイートを埋め込みたい場合は、こちらから挿入します。

img_notionuse_13

ステップ3:テンプレートを活用する

Notionには豊富なテンプレートが用意されている点も大きな魅力です。テンプレートを活用することで、利用目的にあったドキュメントを簡単に作成できます。

【参考】:テンプレートギャラリー - Notion公式

テンプレートを表示するには、サイドバーにある「テンプレート」をクリックします。

img_notionuse_14

テンプレートをクリックすると以下のような画面が表示され、画面右側にあるカテゴリからお好みのテンプレートを探すことができます。

img_notionuse_15

【参考】:テンプレートギャラリー - Notion公式

Notionでテンプレート作成するには?3つの方法を図解

ステップ4:タスク機能を活用する

Notionにはタスク管理機能が備わっています。ワークスペース内にタスク管理を作成すれば、組織全体のタスクを管理できます。また、プライベートにタスク管理を作成すれば、自分専用のタスク管理ツールになります。

img_notionuse_16

タスクをクリックすると、対応ステータスの変更や作成日などの変更が可能です。

img_notionuse_17

未着手・対応中のタスクを完了させるには、完了させたいタスクを右にドラッグすることで「完了」に変更可能です。

img_notionuse_18

このようにタスクのステータスを変更する際には、同様にドラッグすることで移動ができます。

img_notionuse_19

ステップ5:データベース機能を活用する

Notionには在庫管理、顧客管理などに便利なデータベース機能が備わっています。データベースを作成するには、「ステップ2:新規ページを作成する」で紹介した新規ページ作成画面もしくは新規ページ内の+ボタンから設定します。

ここでは「テーブルビュー」で商品在庫のデータベースを作成する例を紹介します。今回は「名前」に商品名、「タグ」は在庫、3つ目の項目は「在庫数」に設定しました。

商品を管理するデータベースを作成したい場合には、タグで商品カテゴリなどを設定することで、タグ名で検索をかけたりソートすることですぐに必要な情報にアクセスできます。

このように項目名やタグなどを自由に設定できるため、データをまとめやすくチーム全体の数値管理に活用できます。

img_notionuse_20

【参考】:データベース-Notion公式

行名(項目名)の変更を行うには、以下画像にある箇所をクリックし「名前を変更」を選択すると自由に変更できます。

img_notionuse_21
Notionのデータベースとは?作り方・プロパティやビューについて解説!

ステップ6:外部サービスからインポートする

Notionにはインポート機能があり、ドキュメントツールであるEvernoteやタスク管理ツールのTrelloなどの各種外部ツールからデータをインポートできます。インポート機能はサイドバーから「インポート」を選択すると表示できます。

img_notionuse_22

【参考】:お気に入りのツールをNotionにつなげる-Notion公式

ステップ7:ワークスペースを共有する

Notionにはドキュメントや作成したデータベースなどを共有する機能があります。「ステップ1:基本画面の見方」で解説した「ワークスペース」に他人を招待する場合には、ドキュメントなどで「共有」ボタンをクリックします。

img_notionuse_23

共有をクリックすると以下画面が表示されますので、招待したいユーザーのメールアドレスを入力して右上の「招待」をクリックすることで、ワークスペースの共有が可能です。

img_notionuse_24
Notionのコンテンツ共有機能とは?メリットや利用方法を解説

Notionの利用料金とプランの違い

img_notionuse_25

ここまでNotionの使い方を解説してきましたが、上記の基本的な動作は無料プランでも利用可能です。Notionには4つのプランがあり、利用料金は次のようになっています。

・フリー:無料 ・プラス:年払い:8$/1ヶ月あたり(月々払い:10$) ・ビジネス:年払い:15$/1ヶ月あたり(月々払い:18$) ・エンタープライズ:応相談

フリープランでも、ドキュメントの作成や管理などの基本機能は問題なく使用できます。ただし、プラスプランに変更することで、ファイルのアップロードやチームで使えるブロックが無制限になるため、業務で使う場合はプラスプランがおすすめです。

パーソナルProなどのプランには無料トライアルが設けられており、1ヶ月間無料で各機能を試すことができるため、課金すべきか迷ったらひとまず無料で使ってみると良いでしょう。

【参考】:Notion (ノーション) –料金プラン

Notionの危険性

img_notionuse_26

Notionはセキュリティ対策を重要視しており、使用に伴う危険性は少ないツールです。Notionの具体的なセキュリティ対策としては、アクセスの監視、保存・転送中のデータ暗号化、データのバックアップなどが挙げられます。

ただし、プランによっては利用できないセキュリティ機能もあります。機密性の高いデータを取り扱う場合は、利用しているプランのセキュリティ対策をしっかりチェックしておきましょう。

【参考】:Notion (ノーション) –セキュリティ対策

Notionで作業効率向上を目指そう

img_notionuse_27

この記事ではNotion初心者へ向けて、基本的な使い方7ステップを紹介しました。Notionは個人の制作物やタスク管理はもちろん、ワークスペース機能を活用したチーム管理など、さまざまな場面で役立つ便利なツールです。

NotionはSlackをはじめとする外部ツールとの連携にも優れているため、作業効率の向上が期待できます。便利なNotionを使いこなして、作業効率向上を目指しましょう。

気になる人のXをフォローしよう!
公式LINE
公式YouTube
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT