エンジニアの理想的なワークライフバランスを実現させる方法
バランスを考える
エンジニアの理想的なワークライフバランスを実現させる方法
アンドエンジニア編集部
2021.10.13
この記事でわかること
仕事と遊びのバランスを考えながら仕事を行うと効果的
不規則なライフスタイルになっても自分のワークライフバランスを考えられる
理想のワークライフバランスが職場で実現できるか見極めるポイントを把握できる

エンジニアとして理想のワークライフバランス

仕事中

エンジニアとして仕事のモチベーションを維持しながら作業を行う上で、仕事と生活のバランスを保つワークライフバランスを意識することはとても重要なことです。ここではワークライフバランスの概要について、いくつかの観点で見ながら解説していきます。

そもそもワークライフバランスとは何か

昨今働き方改革が各業界で注目されており、その中でもワークライフバランスの重要性が叫ばれています。そもそもワークライフバランスとは、日常生活で仕事と生活の適度なバランスを作り出すことです。

バランスを取ることで、仕事に対してオンとオフを区別し気持ちを切り替え、業務でのパフォーマンスを上げることができます。またプライベートの時間を作ることで、精神的にも肉体的にも健康を維持したり自己啓発に注力しながら新たな分野に関心を持ったり挑戦したりすることができます。

これができなくなるとモチベーションを維持することができず、仕事を辞めてしまうケースも少なくありません。ワークライフバランスが仕事に偏ってしまうと、ストレスなどを蓄積してプライベートが充実しなくなります。こうなるとモチベーションの低下につながってしまい、仕事を辞めたいと感じてしまうのです。

IT業界でも各社員が、ワークライフバランスに対する意識を高めているケースが多いです。企業としても離職率を下げていくだけでなく、社員それぞれのライフスタイルもしっかりと形成しています。理想の環境を与えてくれる企業選びも、今後はワークライフバランスを整えるのに重要と言えるでしょう。

ワークライフバランスが必要とされる理由

残業時間が多いとプライベートを充実させることができなくなってしまったり、健康や家庭を犠牲にしてしまうことがあります。反対にプライベートを意識しすぎると、自分のキャリアアップに影響を与えてしまうことがあります。

程よく仕事と遊びのバランスを整えることによって、より充実した生活を作り出してスキルアップなどにつなげることができます。そこで常に仕事に対するモチベーションを保つためにも、ワークライフバランスは重要な要素となります。

仕事ばかりにならないように注意

ワークライフバランスにおいて、仕事ばかりに時間を取られてしまうのは危険です。昨今リモートワークも増えており、仕事とプライベートの境界線が薄れていく中で意識しなければならないポイントとなります。

エンジニアは、職種にもよりますが、システムやアプリなどの構築で専門知識が問われる仕事が続いたり、リリース後は運用業務やトラブル対応に24時間追われたりすることもあります。

こうなるとワークライフバランスが崩れてしまうこともあり、モチベーションを保てなくなってしまうこともあります。プライベートと仕事のバランスを取りながら、業務を続けていくことが重要です。

多様化しているエンジニアの働き方について分かりやすく解説!

日本での仕事に関する考え方

エンジニアとして業務を続けていく中で、なかなか残業が減らないと感じることもあります。中には休日返上で取り組むことで、会社に評価されるケースもありました。

だからこそ長時間働くから認められると認識される傾向にあり、ワークライフバランスが十分でないことも多くなりました。そんな状況も相まって、昨今は、リモートワークを行いながら、自分のワークライフバランスを考える人も増えてきています。

リモートで働くエンジニアの実態やメリット、デメリットについて紹介

少ない時間や様々な場所で成果を出す

長時間仕事をしたり現場でしっかりと仕事を行うことによって成果が出ると考えられていましたが、最近は現場通勤が認められないケースも増えてきました。ただ通勤時間を減らすことができるため、より時間を活用することができるようになります。これを仕事もしくはプライベートに割り振りながら、1日を充実させることができます。

ただリモートワークで成果を上げていくには、スキルアップとともに効率よく仕事を行うことです。しっかりと成果を上げる方法を自分なりに考えて、行動することも必要です。そして余った時間はワークライフバランスを整えるために活用し、より充実した生活を送ることが重要です。

理想的なワークライフバランスを取る方法

仕事に押しつぶされないように注意

人それぞれ労働環境は大きく異なるため、ワークライフバランスの形も様々です。自分が満足することができるワークライフバランスを見つけていくために、個人個人でどのように考えていかなければならないか基準などを把握する必要があります。

エンジニアはどのようにしてワークライフバランスを取るべきか

IT業界では様々なシステムを取り扱いますが、時には24時間稼働しているシステムを管理したり運用するケースも出てきます。ワークライフバランスを整えていくには、時間も不規則になる環境で自分がどのくらい仕事に打ち込んでいくかを理解しなければなりません。

集中して短時間で成果を上げるか、1日じっくりと仕事に臨んでいくかは人それぞれ考え方が異なります。ワークライフバランスを整える上でアドバイスを聞くこともありますが、最終的には自己判断が重要と言えるでしょう。

人それぞれストレス耐性などが異なるので、人によっては仕事が増えても苦にならないと考える人もいます。自分の中で仕事とプライベートを両立できる基準を判断しなければなりません。

理想の生活を考えることは非常に重要

仕事とプライベートを両立していく上で、ワークライフバランスをしっかりと取らなければなりません。その中で理想的な生活を自分なりに考えて、そこからワークライフバランスを整えていくことが重要です。

理想の生活を送るにあたって仕事とプライベートの時間をどのように分けていくか、最初にしっかりと考えなければなりません。やりたいことを探していくうちに時間が必要と感じ、バランスよく組み立てていかなければなりません。これがワークライフバランスを形成する、第一歩と言えるでしょう。

仕事でやりがいを見つけたり成果を上げていったり、プライベートを充実させたいと考えていきながらベストバランスとなるポイントを決めていきます。エンジニアには、プログラミングが趣味で1日中パソコン関連のことしか考えない人もいるでしょう。境界線を無くすことで、仕事でも趣味の延長として考えられれば幸せかもしれません。

心から楽しめる人生を考える

家族や友人とコミュニケーションを取ったり、自分の時間を作って余裕を生み出したりすることも、ワークライフバランスでは重要です。しっかりとバランスをとっていくことで、より仕事などに気持ちを向けることができます。そして仕事とプライベートを両立できる、理想的な人生を送ることができるでしょう。

どうしてもスキルなどは個人差があるので、劣っていると仕事が辛くなったり時間が伸びてしまうケースも少なくありません。それが理想的なワークライフバランスとなっているのか、楽しめない時は時間をかけて考えることが重要です。

エンジニアのワークライフバランスを考察

理想のワークライフバランスを実現する企業を探す

企業選びで失敗しない

自分なりにワークライフバランスを考えていく中で、環境を整えていかないといけません。いくら自分の理想的なプランを練ったとしても、環境によって大きく変わってしまうこともあります。自分が身を置く環境が、本当に理想のワークライフバランスを作れるのかどうか、企業の見極めが必要です。

ブラック企業かどうか見極めるポイント

企業の中には社員を捨て駒のように扱い、ケアなどをせずに利益追求を行っているところもあります。就職・転職の際にこのような企業を見極めるには、福利厚生などの環境や定着率の高さ、具体的な企業ビジョン、そして社員から発せられる情報を見ていくことが重要です。

転職などを検討している時には求人広告を見ることが増えますが、特に離職率や企業のポリシーを見ていくと判断しやすいです。離職率が高くなっていたり、ポリシーの内容が夢ややりがいなど抽象的な内容になっていると危険と言えるでしょう。

福利厚生など制度が充実しているか知る

ワークライフバランスを整えていく中で、プライベートを維持するために有給休暇などを取得することもあります。他にもフレックスタイム制や昨今注目されているテレワーク環境が整っているかも重要で、これらの条件を兼ね備えて社員を大切にしているかを判断すれば働きやすい環境かどうか見極めることができます。

また最近では育児に積極的に参加する男性も増えており、企業でも育児休暇を社員に与えていることがあります。ワークライフバランスの中でも家庭との両立は非常に重要なので、育児休暇だけでなくプライベートの時間も充実させられる制度を設けている企業を選択するといいでしょう。

希望する仕事の現状は社員からの声で把握する

希望する企業の環境を知りたい時は、社員の口コミなどを参考にすると良いでしょう。残業時間や仕事内容、プライベートにどのくらい時間などを費やせるかといった情報を知ることができます。それらの情報が自分の理想的なワークライフバランスと合致するか、内容を吟味し判断しながら選別を行いましょう。

口コミでは時折ワークライフバランスに関する情報も掲載していることがあり、仕事が増えたりプライベートが取れないといった情報もあります。1つだけでなく全体的な情報を把握しながら、本当にワークライフバランスを保てるか判断することが重要です。

時折転職サイトなどでワークライフバランスが取れていて、仕事内容が充実している業界をランキング形式で発表していることもあります。稼働時間などをしっかりと見てくれる企業ならばケアも充実していると考えていいでしょう。

ワークライフバランスを重視した業界・職種はどこか

幅広いIT知識とスキルを求められる「社内SE」について徹底解説!

エンジニアの職業の中では社内SEが高評価

「社内SE」はエンジニアの職種の中で、ワークライフバランスがとりやすいと人気を集めている職種です。自社システムに関する業務を行うことが多く、納期などのスケジュール調整がしやすい点がメリットです。社内で働くため帰属意識を持ちやすく、精神的・肉体的にも負担が少ないといわれています。企業では即戦力を求めて求人が出ていることもありますので、興味のある方はチェックしてはいかがでしょうか。

Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから