Windows 11で使えないソフトは?互換性の考え方とツールを解説
thumb_win11tukaenai_01
Windows 11で使えないソフトは?互換性の考え方とツールを解説
アンドエンジニア編集部
2023.10.27
この記事でわかること
Windows 11はWindows 10とカーネル構造に違いはありません
最小システム要件は、Windows 10より厳しくなりますが動作の互換性は維持されています
うまく動作しない場合は、「互換モード」や「互換性のトラブルシューティングツール」を活用します

Windows 11で使えないソフトを動作させるには

img_win11tukaenai_01

Windows 11は、アプリケーション互換性を維持しながら最新ハードウェアに対応します。アプリの多くは動作しますが、中にはうまく動かないものもあるのではと心配な方もいるでしょう。ここでは、Windows 11で、お使いのソフトウェアを動作させるまでの手順を解説していきます。

Windows 11の互換性の考え方

Windows 11は、Windows 10の後継バージョンとして登場しました。カーネル構造は大きく違わないものの、ユーザーインターフェースの見直しや最新プロセッサのサポートなどにより、最小システム要件が刷新されています。

事前確認には、「PC 正常性チェック アプリ」を使用し、ご利用の PCがWindows 11をサポートするか確認できます。

【参考】:Windows 11の互換性 【参考】:Windows 11 システム要件

Windows11と10の違いは?移行を悩む前にメリットを理解しておこう
Windows11にアップグレードするメリットと3つの注意点

ソフトが動作しない時に確認すること

img_win11tukaenai_02

動作しない場合には、ウィンドウの表示が更新されなかったり、画面がフリーズしたりする場合があります。その際の、切り分け方法について解説していきます。Windows 11のバグなのではないかと慌てずに、まずは冷静に症状の確認を進めましょう。

ソフトウェアがWindows 11に対応しているか

ご利用のソフトウェアがWindows 11に対応しているか確認しましょう。通常、ソフトウェアの提供サイトにソフトの対応状況が掲載されています。そこでWindows 11の記載があることを確認します。表示がない場合は、単にソフトウェアベンダーが検証していない場合もあります。

オープンソースソフトウェアの場合は、自己責任で実行することもできますが、まずは正式にサポートされているか確認するのが良いでしょう。

Windows11対象外PCのアップグレードは諦めるべき?理由と対処法を解説!

バージョンが最新の状態であること

ソフトウェアはバージョンアップしながら、機能拡張と不具合の修正を行います。古いバージョンの場合は、正規のWindows 11のバージョンや最新のビルドに対応していない場合もありますので、バージョンを最新の状態に維持することをおすすめします。

Windows11の対象外?寿命を迎えるパソコンの活用法を解説!

サポート構成に従っていること

Windows自体に、サポート構成がありますのでハードウェア要件を満たしているか確認します。またソフトウェアによっては、特定の処理にハードウェアの機能を用いている場合もありますので、ハードウェアとソフトウェアがサポートされる構成になっていることを確認します。

Windows11にアップデートできない?原因や対処法を解説 !

Windows 11の標準機能を用いて動作を試すには

img_win11tukaenai_03

Windows 11では、Windows 10と同様に互換性維持のためのツールと機能が提供されています。ここでは、それらを使って互換性の問題を解決するための手順を紹介します。

互換モードを試す

ここでは、インストール済みのアプリケーションを例に互換モードを設定してみます。このアプリ自体はWindows 11で正常動作するものですが、あくまで手順の確認として使用しています。予めご了承ください。

使用方法を以下の図の通り、順に追って説明していきます。最初に、該当するアプリケーションを選択します(①)。ショートカットまたはエクスプローラの実行ファイルを選択します(②)。

img_win11tukaenai_04

 【図】:アプリケーションの選択とメニュー表示

ショートカットまたはアプリケーションを選択したら、右クリックし、メニューを表示します(③)。

続いて、下図のとおり「プロパティ」をクリックします(①)。

img_win11tukaenai_05

 【図】:プロパティと互換性の表示

プロパティをクリックすると、アプリケーションプロパティが表示されます。ここで互換性のタブをクリックすると、互換性に関する設定が表示されます。(②③)。

img_win11rukaenai_06

 【図】:アプリケーション互換モードの設定

上の図のように、互換モードのチェックボックスをクリックします(①)。これで互換モードが有効になります(②)。ここで、プルダウンメニューを表示させて、どのモードで動作させるか選択することができます(③④)。

「Windows Vista」「Windows Vista(SP1)」「Windows Vista(SP2)」「Windows 7」「Windows 8」のモードが選択可能です。Windows 10は、Windows 11と同等のカーネル構造ですので、指定はありません。

アプリの互換性のトラブルシューティングツールを実行する

アプリケーションの互換性設定がうまく動かない場合は、アプリの「互換性のトラブルシューティングツール」を活用すると良いでしょう。

実際の手順ですが、次の通りです。最初に、アプリの互換モードの設定と同様に、アプリのプロパティから互換性のタブをクリックし、互換性の設定ウィンドウを表示します。続いて以下の図の通り、「互換性のトラブルシューティングツールの実行」のボタンをクリックします(①)。

img_win11tukaenai_07

 【図】:アプリの互換性のトラブルシューティングツールの実行

ボタンを押した直後に、問題の確認が数十秒程度行われ、トラブルシューティングのオプション画面が表示されます(②③)。

この表示は下図の通り、アプリのアイコンを右クリックし(①)、「その他のオプションを表示」「互換性のトラブルシューティング」をクリックすることでも表示できます(②③)。

img_win11tukaenai_08

 【図】:アプリの互換性のトラブルシューティングツールの起動法

トラブルシューティングの手順は標準設定とカスタムの2通りあります。具体的な手順は以降で解説していきます。

互換性のトラブルシューティングツール(標準設定を使用する方法)

この方法は、トラブルシューティングの手順としてまず最初に試す方法です。以下の図を用いて説明していきます。

img_win11tukaenai_09

 【図】:トラブルシューティングの推奨設定の使用

アプリの「互換性のトラブルシューティングツール」の上段に、「標準設定を使用する」が表示されますのでクリックします(①)。ここで設定に使用する互換モードが表示されます(②)。続いて「プログラムのテスト」をクリックし、動作を確認します(③)。その後「次へ」をクリックし、再設定するかどうかの選択を行います(④⑤)。

「はい、このプログラムのこの設定を保存します」をクリックすると、現在表示されている互換モードが設定されます。「いいえ、別の設定で、もう一度やり直します」をクリックすると、「気づいた問題」が表示されます。

最後の「いいえ、この問題をMicrosoftに報告し、オンラインで解説策を確認します」をクリックすると、エラー報告のプログラムが動作します。

互換性のトラブルシューティングツール(標準設定で動作しない場合の手順)

アプリの「互換性のトラブルシューティングツール」を利用する場合の多くが、このケースかもしれません。

img_win11tukaenai_10

 【図】:トラブルシューティングの詳細確認

ここでは「問題のトラブルシューティング」をクリックし、「気づいた問題」の表示から具体的な症状を選択肢から選びます(①②)。選択が完了したら、「次へ」をクリックし、選択に応じたガイドを参照します。

互換性のトラブルシューティングツール(気づいた問題の設定項目)

「気づいた問題」は、次の4つのチェックボックスからなります。

・以前のバージョンのWindowsで動作していたプログラムがインストールできない、または実行できない ここでは、以前動作していたバージョンを「Windows 8」「Windows 7」「Windows Vista(SP2)」「不明」から選択します。古いソフトを使用する場合は、確実に動作していたバージョンを思い出しましょう。

・プログラムが開くが、正しく表示されない ここでは、表示色が8ビットあるいは16ビット、ウィンドウサイズ、文字サイズなどの選択肢から選びます。

・プログラムにアクセスするには追加のアクセス許可が必要になる 「管理者として実行」のアクセス権が追加されます。

・該当する問題が一覧にない もう1度、動作していたWindowsのバージョン選択に戻ります。

その他の互換性設定

アプリのプロパティに表示される互換性設定には、以下の項目も用意されています。この中のいくつかは、互換性のトラブルシューティングツールの「気づいた問題」で使用されている項目です。

・全画面表示の最適化を無効にする ゲームアプリの使用時にリソースが順位づけられ、フレームレートが低下する場合に、無効に設定します。動かないゲームソフトの場合は、確認をおすすめします。

・管理者としてこのプログラムを実行する 管理者権限の必要なアプリの場合、チェックが必要です。

・このプログラムを再起動するために登録する Windowsのエラー報告に使用するために、アプリケーションリカバリーを登録し、解析に使用します。

・レガシー ディスプレイ ICC カラー マネジメントを使用する 画像編集アプリ等で、HDRモードの色の再現性を高めます。

Windows 11で使えないソフトはそこまで多くありません

img_win11tukaenai_11

Windows 11は、Windows 10とそこまで大きな違いはありません。Windows 10からアップグレードすべきか悩んでいる方もいると思いますが、よく用いるブラウザ・メールソフト・ファイル管理・圧縮ソフトなども、問題なく動作します。環境の違いなどでエラーが発生する場合も、設定を確認することで大半が動作します。

Windows 10のサポート終了時ギリギリに慌てることなく、Windows 11の環境を整備しておくことをおすすめします。

気になる人のXをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【無料個別転職相談会】アプリケーションエンジニア向け!リモート・在宅勤務で働きたい方へ
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【無料個別転職相談会】アプリケーションエンジニア向け!リモート・在宅勤務で働きたい方へ
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT