組み込みエンジニアの年収は?キャリアアップに必要なスキルや資格も解説
thumb_kumikominennshuu_01
組み込みエンジニアの年収は?キャリアアップに必要なスキルや資格も解説
基礎知識
アンドエンジニア編集部
2022.07.04
この記事でわかること
組み込みエンジニアとは、組み込みシステムの搭載コンピュータシステムを設計・開発・導入・構築するエンジニアを指します
組み込みエンジニアの年収は、ITエンジニアの平均年収相場より高めに設定されています
今後の成長領域としてビッグデータ・IoT・人工知能が想定されており、人材需要が高まっています

 組み込みエンジニアの年収

img_kumikominennshuu_01

システムエンジニアは業務内容によっていくつかの職種に分けられます。家電用品などに搭載されているシステムやソフトウェアに携わるエンジニアのことを「組み込みエンジニア」と呼び、IoTやAIが進化し普及していることで需要が増えている職種です。

需要の高い組み込みエンジニアは、一体どの程度の年収を得ることができるのでしょうか?この記事では、組み込みエンジニアの年収やキャリアパス、年収をアップさせる方法について解説します。さらに、おすすめの資格についてもまとめているので、ぜひ最後まで読み進めてください。

IoTとは?概要から動作の仕組み・実際の用途まで丁寧に解説!

組み込みエンジニアの年収は455万円

img_kumikominennshuu_02

今日の組込みシステムは、その用途の多様化によりさらに高い専門性が求められます。適応領域は年々拡大しており、スマート家電・小型デバイス・ドローン等多岐にわたります。そのため、技術の核となる専門領域では求人倍率がさらに高まっています。

気になる組み込みエンジニアの年収についてですが、マイナビ エージェントによるとシステムエンジニア(制御・組み込み)の平均年収は455万円です。20代だと432万円、30代になると480万円までアップします。需要の高まりにより求人市場が活性化しているため、年収アップが期待できる職種です。

年収アップには資格取得が有効です。総合技術力と専門能力を兼ね備えることで、キャリア選択の幅が一段と広がるでしょう。また、組み込み系を含むSEは企業によって年収が大きく変化するので、転職によってより高い収入が期待できます。フリーランスとして活躍の場をさらに広げているエンジニアもおり、高収入への選択肢が幅広い職種です。

【参考】:システムエンジニア(制御・組み込み)平均年収

今後のニーズについて

経済産業省では、将来必要とされる人材を「デジタル時代の人材」としていかに育成するか検討を始めています。ここでいうデジタル時代の人材とは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を担うIT人材を指します。今後のIT人材へのニーズはビッグデータ・IoT・人工知能が注力されています。

このテクノロジーは組み込みシステムには欠かせない要素となっており、今後の市場拡大に伴い求人が増加することが予測されます。

【参考】:経済産業省 デジタル時代の人材政策に関する検討会

経済産業省の「デジタル時代の人材政策に関する検討会」の参考資料「我が国におけるIT人材の動向」によると、日本のIT人材の平均年収は20代で413万円、30代で526万円、40代で646万円、50代で754万円です。成長領域となるビッグデータ・IoT・人工知能は人材不足もあり、平均年収を上回ると予測されています。

【参考】:経済産業省 我が国におけるIT人材の動向

DX推進が捗らない企業が、喉から手が出るくらいに欲しいIТ人材とは

そもそも組み込みエンジニアとは?

img_kumikominennshuu_03

機械や機器に組み込まれ、求められる処理や制御を行うシステムを「組み込みシステム」または「エンベデッドシステム」と言います。組み込みエンジニアは、その組み込みシステムを担当する専門のエンジニアです。

組み込みエンジニアの役割は、機器やシステムが動作する仕組みを作ることにあります。具体的には、スマート家電・自動車・IoT機器の搭載されているコンピュータシステムを、設計・開発・導入・構築するエンジニアです。

組み込みエンジニアの仕事内容

組み込み機器の内部では、機械と独立してマイクロプロセッサーやLSI等が搭載されています。組み込みエンジニアは市場のニーズや顧客要求に基づき、組み込みシステムに必要な要件を仕様化し、組み込み環境に合わせた環境適合性を判断し、設計を行っていきます。

同時に、設計に基づいて最適なシステムを開発して導入・構築を行います。そのため、顧客とのコミュニケーションを密にとって要件定義を行い、主にカスタムプロジェクトとして設計・開発・構築を主導することが重要な仕事です。

また、作業は安全性・効率性・信頼性を考慮しながら要件に適合させていきますので、一連の工程において高い専門性が求められます。

求められるスキル

img_kumikominennshuu_04

組み込みエンジニアに求められるスキルは、組み込みシステムに必要となる用途・特性に応じたハードウェアの活用を円滑にすることです。さらに、その環境上で稼働するアプリケーション開発の最適化が求められます。

ソフトウェア・ハードウェアの知識

組み込みシステムにおいては用途・特性に応じたシステム化が検討され、省スペースにパッケージングされます。そのため組み込みエンジニアはソフトウェア面のみならず、スペース効率を高めたハードウエアの設計や部品の選定が求められます。

実際の開発工程では、組み込みシステムの特性によってどの組み込み言語を使用するかを選択します。稼働環境に合わせたプログラミングを行うため、プログラミング能力とともに組み込みシステムの特性を理解することが求められます。

組み込みOSとしては、LinuxやWindowsを用いるケースが多く、同様にスマート端末を活用する場合は、AppleのiOSやAndroidでアプリケーション開発を進めることが多くなります。

プログラミング言語のスキル

ハードウェアの最適動作をするためには、アセンブラ言語が適しています。また、システム移行性の高い高水準言語も活用されますので、C言語やC++およびJavaの知識が求められます。人工知能の領域ではPythonが人気なため、IoTのデータ処理や分析についてはPythonを活用したスキルアップをおすすめします。

ヒューマンスキル

組み込みエンジニアは、スキル同様に経験が求められます。要件定義を正確に行い、仕様化と以降の設計・開発・構築・導入を進めていくので、要件定義の正確性を高めるためにヒューマンスキルであるコミュニケーション能力が必要です。

経験を高めるには正確なヒアリングが重視され、仕様に表されていない非機能要件を明示していくことが組み込みシステムの最適化のステップとなります。実践によりコミュニケーション能力と分析能力・設計能力を高めていきましょう。

組み込みエンジニアはやめとけと言われる理由

img_kumikominennsuu_05

組み込みエンジニアは「やめとけ」「きつい」といったマイナスな意見が挙がる職種です。将来性の高い職種であるにも関わらず、なぜこのようなことを言われてしまうのでしょうか。

人材不足による激務

組み込みエンジニアに限らず、IT業界は慢性的な人材不足に悩まされています。少ないエンジニアの中でプロジェクトを遂行させなければならないため、プロジェクトや時期によっては激務となる場合もあります。残業が続いたり休日出勤を余儀なくされたり、身体的に辛いと感じることもあるかもしれません。

しかし、昨今働き方改革が進んでいる中、ブラック企業が多いとされてきたIT業界での勤怠の見直しが行われています。以前よりも待遇や職場環境が改善されてきているため、自社での人材不足を外部から補ったりエンジニアの負担を軽減させたり、働きやすい環境の企業が増えています。

現在の労働環境が思わしくない場合は、思い切って転職を検討してみるのも1つの手段です。人材不足であるからこそ需要は高く、その分給与交渉などで高収入を目指せるメリットもあります。

【参考】:マイナビIT エージェント

組み込みエンジニアの仕事は激務?必要とされるスキルや将来性に関しても解説!

高い技術を必要とされる

組み込みエンジニアはシステム開発をメインとしているため、プログラミングの技術は欠かせません。また、ソフトウェア・ハードウェアといった知識も必要です。IT技術は日々新しいものが生み出されており、それについていくためには日頃から勉強を継続させなければなりません。

激務で勉強の時間が取れない・自由な時間がもっと欲しい人にとっては「きつい」と感じるかもしれません。しかし、常に高い技術を身につけておくことは自身のスキルアップや市場価値を高めることに繋がるため、デメリットよりもメリットの部分が多いでしょう。

急な変更を求められる

システム開発の現場では、クライアントの都合により、納期や急な仕様変更があるのも珍しくありません。そのような場面で、緊急で対応を迫られたり急なスケジュール変更を余儀なくされたりすることがあります。

スケジュール通りに進めていたとしても、このように予期せぬ対応を強いられることに対してストレスを抱えるエンジニアもいます。しかし、こういった急な変更に対応できる能力があれば、マネジメントを行う役職についた際やフリーランスとして独立した際にも役立てることができます。辛い反面、臨機応変さを身に付けることができます。

年収アップに役立つおすすめの資格

img_kumikominennshuu_06

組み込みエンジニアは知識と実績を備えた即戦力が期待されています。組み込みエンジニアの専門性を高めるためには、資格を取得するのがおすすめです。特に、複数のレベルの資格が提供される場合は上位資格を取得することで能力の高さが証明され、年収アップが期待できるでしょう。

組み込みエンジニアにおすすめの資格5つ!キャリアップの方法を解説

組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)

組み込みエンジニアにおすすめする資格は、一般社団法人組込みシステム技術協会の「組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)」です。上位資格となるレベル1は、システムの要求・設計工程・それに対応するテスト工程における知識から分析能力までの総合力が試され、リーダークラスの実践力が評価基準となります。

【参考】:一般社団法人組込みシステム技術協会 組込みソフトウェア技術者試験(ETEC)

OMG認定技術者資格試験

国際標準化団体OMGによって認定される「OMG認定組込み技術者資格試験」では、リアルタイムシステム並びに組み込みシステムの設計・開発能力が評価されます。初級・中級・上級の3段階の試験が設定されており、上位資格ではリアルタイム組込みソフト開発全般のプロジェクト責任者としてグローバルで資格認定されます。

【参考】:OMG認定組込み技術者資格試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

情報処理推進機構(IPA)の「エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)」も、汎用的な組み込みシステム要件がカバーされておりおすすめできる資格です。機能・性能・品質・セキュリティの各工程の理解度が証明できるでしょう。

同時に、情処理推進機構(IPA)の応用情報技術者試験(AP)は組み込みシステム専用ではありませんが、ITシステム全般の開発・設計・運用・保守のライフサイクル全般の理解度が評価されます。

【参考】:情報処理推進機構(IPA) エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

【参考】:情報処理推進機構(IPA) 応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験は難しすぎる?その真偽やメリット、試験対策など

組み込みエンジニアのキャリアパス

img_kumikominennshuu_07

組み込みエンジニアのキャリアパスとしては、組込みシステムにおける個々の領域の専門性を高めることが重要です。より深い専門性を持つことは周囲との差別化を図り、高いスキルを持つ人材としてアピールできます。

その結果、新規事業や新規開発を検討する際の重要な相談先と認知され、より市場に求められる人材となるでしょう。

また、自社でのキャリアアップの他にも外部でステップアップを目指すことも可能です。ハードウェアに強みを持つ場合は自動車や制御機器メーカーの求人を参考にし、ソフトウェアに強みを持つ場合はPythonやJavaの市場におけるクラウドサービス・人工知能での求人を参考にしましょう。

さらに、組み込みエンジニアはプロジェクト工程全般に強みを持っています。専門性に加えて多様な案件に対応できると、高い年収が期待できるITコンサルタントやITアーキテクトの職種を選択肢に入れることも可能です。

ITコンサルタントになるために必要な資格は?仕事内容や年収も

組み込みエンジニアとしてステップアップを目指そう

img_kumikominennshuu_08

先に記述した通り経済産業省では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を担うIT人材を「デジタル時代の人材」として育成する検討を進めています。ビッグデータ・IoT・人工知能が注力領域ですので、組み込みエンジニアのニーズがさらに高まります。

実践経験を積み重ねてスキルアップにも取り組むことができれば、市場で求められるIT人材として活躍の場がさらに広がるはずです。

また、現在よりもより良い環境に身を置くことも視野に入れましょう。それには自身の能力を評価してくれる企業への転職がおすすめです。様々な求人を取り扱うサイトから、自分に合う企業を探し出すのは骨が折れる作業です。

そこで利用を推奨するのがマイナビIT エージェントです。

マイナビITエージェント【公式】IT・Webエンジニアの求人・転職エージェント

マイナビIT エージェントは、IT・Webエンジニア向け、無料の転職⽀援サービスです。

IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのご経験やスキルをお伺いし、転職活動のプランをご提案します。

アドバイザーは企業側と直接連携を取れるので、求人票に載っていない情報も確認することができます。こちらで、働き方などをしっかり確認の上、応募企業を選んでいくのが良いでしょう。

未経験からのキャリアチェンジは心身ともに本当に大変だと思います。少しでもご自身の負担を減らすべく、エージェントサービスを活用して、失敗のない転職活動に臨んでいただければ幸いです。

『マイナビ エージェント』なら、
IT業界に精通した専任アドバイザーと豊富な求人で、
あなたの転職を丁寧にサポートします。
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT