2次元からVRまで、いまクリエイターに人気のゲームエンジニアとは?
game
2次元からVRまで、いまクリエイターに人気のゲームエンジニアとは?
キャリア・働き方
アンドエンジニア編集部
2021.11.22
この記事でわかること
ゲームエンジニアは企画サイドとシステムサイドの重要な架け橋
ゲームエンジニアはコミュニケーション能力、マネジメント能力も必要
ゲームエンジニアは国内外問わず需要が増えている

今、世界中の若者に人気の職業、ゲームエンジニアとは?

ゲームエンジニアは、今や全世界の若者にとってあこがれの職業といってもいいでしょう。実際、日本のゲーム業界にあこがれ、ゲームエンジニアを目指して海外から日本にやって来る若者が後をたちません。ゲーム制作の要ともいえるゲームエンジニアですが、一体どんな職業なのか・どんな仕事をしているのか・どうしたらなれるのかなどを見ていきましょう。

ゲームはどんな種類がある?

ゲームのカテゴリーは多岐にわたります。まず前提として、ゲームを提供する媒体(プラットフォーム)で、「スマートフォン」用・「PC」用・「ゲーム機」専用・「アーケード」専用といった具合に分けられます。その上で、以下のような様々な分類ができます。

①オフラインかオンラインか ②2次元か3次元か、またはVRかARか ③キャラクター系かその他系か ④バトル系か癒し系か ⑤遊戯系か学習系か ⑥単独系かネットワーク系か ⑦プレイのみか課金制か

ゲームエンジニアは企画サイドとシステムサイドの重要な架け橋

ゲームエンジニアは企画サイドとシステムサイドとの架け橋、調整役としてシステムの基本設計を行います。システムメンバーにプログラミングの指示を出し、システムサイドからの要求を企画サイドにフィードバックをするという、いわばプロダクトマネージャーのような役割を担っています。

ゲームはチームで作るプロジェクトクリエーション

ゲームを製作する場合、大きく分けるとメーカー単独系、製作委員会的なプロジェクトチーム系の2つがあります。

いずれにせよ、プロデューサー・プロダクトマネージャー・クリエイティブゲームディレクター・マーケティングプランナー・ゲームプランナー・シナリオライター・キャラクターデザイナー・作曲家・サウンドエンジニア・音響効果エンジニア(SE)・タイムキーパー・システムエンジニア・キャラクターエンジニア・プログラマー・アカウントマネージャー・テクニカルサポート・ゲームテスター・弁護士・セールスマネージャー・広告代理店・銀行などのメンバーが集まって製作します。

もちろん、これらすべてのメンバーが必要かどうかはそのプロジェクトの内容によります。一般的にゲームエンジニアはこの中ではシステムエンジニアにあたります

1プロデューサー プロジェクトを起案し、企画・プロダクトプラン・チーム編成・販売戦略までをトータルに管理する責任を負います。

2プロダクトマネージャー プロデューサーとともにプロジェクト全体を管理し、プロジェクト全が円滑に進むように管理、指導します。

3クリエイティブゲームディレクター ゲームの構成・システム・デザイン・音楽など、全体にわたって制作と品質に責任を負う立場です。

4マーケティングプランナー プロデューサーやクリエイティブゲームディレクターと一体となってマーケットの状況をリサーチし、商品企画、販売戦略などを立てます。

5ゲームプランナー ゲームそのものの企画を立てます。そのために、プロデューサー・プロダクトマネージャー・マーケティングプランナー・セールスマネージャー・クリエイティブゲームディレクター・シナリオライター・キャラクターデザイナー・作曲家・効果音エンジニア(SE)・サウンドエンジニアなどと綿密な打ち合わせを行います。

6サウンドエンジニア ゲームプランナー・クリエイティブゲームディレクター・作曲家・効果音エンジニア・シナリオライターなどと連携しながら、ゲーム内のサウンドすべてを設計、編集します。

7音響効果エンジニア(SE) ゲームの中で、要所要所必要なタイミングで入る効果音を作る人のことを言います。わずか2~3秒のサウンドがそのゲームすべてを表現することさえある重要な役割です。

8キャラクターエンジニア キャラクターデザイナーが制作したキャラクターを専門にプログラミングするエンジニアです。髪の毛・皮膚・瞳・動き方など、独特な個性を出すことによってそのゲームの特徴を際立たせます。

9アカウントマネージャー 予算と実際の軽費、販売目標と実際の売上などを管理し、そのプロジェクトの収支を判断します。

10テクニカルサポート システム開発やゲームのエンジン開発時における諸問題、またエンジニアやプログラマーが直面する諸問題の解決やサポートを行います。

11ゲームテスター ゲーム全体のシステムにおけるデバッグを行う重要な役割を担います。

12弁護士 主に著作権管理の担当です。ネーミング(商標権)・ロゴデザイン・キャラクターデザイン(意匠登録)など、発表前に特許庁に登録しておかないと係争のもとになる可能性があります。

ゲームはどうやって作られる?

一般的にゲームを作る場合には、まずプロデューサーやゲームプランナー、そしてマーケティングプランナーが、企画およびシナリオサムネイルを起こし、マーケティングリサーチを行って、製作予算を立てます。ここが一番重要なところで、企画の狙い・コンセプト・ストーリー・キャラクターなどが時代に合っているか、ヒットする可能性があるかなど、慎重に判断します。

企画が通れば、本格的に企画メンバーとシステムメンバー及びプロダクトマネージャー、マーケティング担当などが集まり、本格的な製作プランを立てていきます。この時点で、場合によっては広告代理店とも連携し、発表前にゲームキャラクターを広告キャラクターとして様々なスポンサー企業に売り込みます。

例えば、自動車メーカー・家電メーカー・食品メーカー・通信会社・運輸会社などにです。これを、ゲームを発売するタイミングに合わせて広告出稿します。この手法をタイアップ広告といい、双方がコスト的にリーズナブルにプロモーション出来るということでよく使われます。

ゲーム製作においてゲームエンジニアは企画サイドの要望を的確にとらえ、基本設計を行うとともに、要望通りプログラミングが出来るかどうかを判断し、企画サイドにフィードバックします。つまり、プランナーは企画サイドの中心、ゲームエンジニアはシステムサイドの中心なのです。

ゲームエンジニアとしてどんな能力が必要?

ゲーム製作は前述のように相当大人数のプロジェクトチームで行われるのが一般的です。システムサイドを担うゲームエンジニアは、チームワーク能力やコミュニケーション能力といった一般的に必要とされる能力に加え、企画サイドの狙い、考え、指示などを理解し、プログラマーたちに正確に伝える能力が要求されます。

ゲームエンジニアになるために

ゲームエンジニアもシステムエンジニア(SE)の一種です。基本的な技術や「資格基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「システムアーキテクト試験」など情報処理関係の資格があればゲームエンジニアになるのも夢ではありません。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E8%A9%A6%E9%A8%93

ただ、一般的なシステムエンジニアにはないセンスや能力を要求されることはたしかです。相当大人数のプロジェクトチームで製作するので、コミュニケーション能力やリーダーシップ能力も要求されます。

ゲームエンジニアの年収はどのくらい?

人気のゲームエンジニアですが、一般的なシステムエンジニアの平均443万円と比べると若干高い452万円です。要求されるスキルの高さから言えば、おかしくないレベルでしょう。この傾向はますます高まると予想されます。

ゲームは今後ますます大きなマーケットに成長する

ゲーム産業は今、国境を越えて世界共通の娯楽と言えるほど広まり、巨大なマーケットに成長しています。登場キャラクターのリアルフィギュア化やタイアップ、また映画化などもおこなわれ、さらにマーケットも全世界に拡大しています。その分プロジェクト自体も大きくなり、それに比例してゲームエンジニアの役割も大きくなっていきます。

日本国内のみならず、今後ますます需要が高まるゲームエンジニア!

finger

いまやゲームは単にゲームとしての機能を持った商品としてのみならず、2次元からVRやARまで、多種多様な広がりをみせています。日本のゲームはそのストーリー性やキャラクター性、そしてゲームクオリティなど、世界が認める人気を誇っており、ますます需要が高まると思われます。

ゲームエンジニアはその中でも、企画サイドとシステムサイドの架け橋となるポジションとして重要な役割を担っています。今後、当たり前のように日本から世界に羽ばたくゲームエンジニアが誕生することも夢ではありません。

Twitterをフォローしよう!
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから