セールスエンジニアはきつい?向いている人の特徴とやりがいとは
thumb_saleski_01
セールスエンジニアはきつい?向いている人の特徴とやりがいとは
基礎知識
アンドエンジニア編集部
2022.08.08
この記事でわかること
セールスエンジニアとは、IT技術について答えられる営業職のこと
セールスエンジニアはきついこともあるが、知識をつける・転職するなどで対処できる
セールスエンジニアはDXに伴って需要が高まっており、将来性がある

セールスエンジニアはきつい?

img_saleski_01

セールスエンジニアがきついと言われるのは、本当なのでしょうか。きついと言われる理由として、営業ノルマがきつい・相手のレベルに合わせた説明が難しい・クライアントと開発者の板挟みになるなどがあります。

セールスエンジニアはほかのITエンジニア職とは異なり、営業がメインの仕事です。そのためノルマを達成することが求められ、営業成績が評価に直結します。また、商品を売る際は相手のITスキルに合わせた説明が必要で、相手によって説明の仕方を変えるのが難しいです。

また、クライアントと開発者の間に入って納期や仕様変更などを調整する役割もあり、双方の板挟みになって精神的に辛いと感じることもあるでしょう。セールスエンジニアには、ほかのITエンジニア職とは違った苦労があると言えます。

セールスエンジニアにはメリットも多い

img_saleski_02

セールスエンジニアにはきついと感じるデメリットもいくつかありますが、メリットもたくさんあります。例えば、高年収である・需要が多く将来性が高いなどがあります。

転職してすぐ高年収になるのは難しいですが、実績・キャリアを積めば年収を上げることも可能です。

なお、さまざまな企業でデジタル化やDXが進められており、ITによる業務改善や経営状態の改善が求められています。セールスエンジニアはIT知識を持った営業として、デジタル化やDXに合った商品を提供する役目があります。社会のIT化が進むにつれて、セールスエンジニアの需要も増えると予想されます。

DXの取組事例に学ぶDX成功のポイントとITエンジニアへの期待
DXとは?その意味と日本の現状、DX推進の障壁となる要因を分かりやすく解説!

セールスエンジニアとは

img_saleski_03

セールスエンジニアとは、IT技術の話ができる営業職のことです。営業のできるエンジニアとも言えます。

具体的な仕事内容は、クライアント先に出向いて先方の要望や課題を聞き取り、ニーズに合った提案をすることです。契約が成立したら、プロジェクトの中心的な立場でシステムの完成まで現場とクライアントとの橋渡し役を務めます。

一般的な営業職と仕事のスタイルはほぼ同じですが、IT技術に関する知識が求められます。そのため、「セールススキル」に加えて「エンジニアとしての知識」が必要です。

セールスエンジニアの年収

img_saleski_04

セールスエンジニアはどの程度の年収があるのでしょうか。ここでは、セールスエンジニアの年収や新卒の場合だといくら稼げるのか解説します。

セールスエンジニアの平均年収は472万円

マイナビエージェントでは職種別の年収ランキングを公開しています。そのランキングによると、セールスエンジニア(IT系営業)の平均年収は472万円となっています。これはあくまで平均であり、業種・業界によっては平均年収がさらに高い可能性もあります。

【参考】:職種別平均年収ランキング|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

【参考】:セールスエンジニアの求人・転職・中途採用|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

新卒で高収入は難しい

セールスエンジニアは経験やスキルがあるほど有利なため、他業種と比べると新卒採用が少ない職種です。営業職と技術職両方のスキルが求められます。そのため、エンジニアとして技術的な知識や実務経験を積み、営業に必要なコミュニケーションスキルやプレゼンスキルを培うことが重要です。

経験が乏しい新卒の段階では結果を出すのは難しいため、いきなり高収入を目指すのは困難です。ステップアップやスキルアップの段階を経て、収入を上げていきましょう。

セールスエンジニアが「きつい」と言われる理由4つ

img_saleski_05

セールスエンジニアはやりがいのある仕事ですが、その反面「きつい」「やめとけ」と言われやすい職種です。ここでは、セールスエンジニアがきついと言われる理由を4つ紹介します。

営業ノルマがきつい

セールスエンジニアも営業職なので、もちろん結果(売上)を求められます。会社にもよりますが、ノルマが課せられるところもあります。ノルマが成績や評価に直接つながるため、ノルマに追われることがきついと感じる原因の1つです。

相手に合わせた説明が難しい

セールスエンジニアが担当する顧客は、IT技術の担当者から全くITの知識がない総務部の人までさまざまです。特に、IT知識のない人に理解してもらうためには、専門的な技術の話を相手に分かりやすく伝える必要があります。できるだけ専門用語を使わずに、例え話を織り交ぜながら分かりやすく説明することが大切です。

一方で、顧客がITスキルの高い担当者だった場合、相手と同じくらいプロフェッショナルで深いIT知識が必要です。専門用語や日々進化するIT技術に関する高い知見が問われます。

相手に合わせた説明能力や臨機応変さが難しいと感じる点も、きついと言われる理由の1つです。

クライアントと開発現場の板挟みになりやすい

内側と外側の両方からかかるプレッシャーに耐えて事態を打開するのは、楽ではありません。特に納期が近づくにつれてクライアントと技術陣は緊張状態が高まるため、ちょっとしたことがトラブルに発展する場合があります。セールスエンジニアにはそのような状況を冷静に乗り切る胆力が必要です。

立場上、顧客からの要望と技術者たちの意見の板挟みになりやすい職種です。両者の間に立って調整や交渉をし、プロジェクトを無事完成させることが大変だと言われます。

常に進化するIT技術の勉強が大変

IT技術は日々進歩しており、新しい技術にこそ営業的なメリットが生まれる場合があります。セールスエンジニアになった後も、IТの新しい動向に目を配り、SEとしてトレンド技術を日々勉強し続けることが大切です。

社会や企業の変化に注目する・経営やマーケティングの知識を深める・IТの進歩に敏感になることが求められます。営業の仕事の傍らで勉強の時間を割かなければいけないため、きついと感じるでしょう。

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収、必要スキルを解説!

セールスエンジニアで「きつい」ときの対処法

img_saleski_06

セールスエンジニアが「きつい」と言われる理由を紹介しましたが、ここではセールスエンジニアの仕事がきついと感じる方向けに対処法を解説します。これからセールスエンジニアを目指す方も、対処法を事前に把握し就職後に役立ててください。

知識や経験を地道に積み重ねる

セールスエンジニアの仕事がきついと感じるのは、知識や経験の少なさが原因であることもあります。知識や経験は一朝一夕に身につくものではなく、ある程度時間がかかるものです。また、自分の理想とする状態とかけ離れていると焦りや不安を感じ、仕事がきついと感じます。

まずは、知識や経験を得るには時間がかかると理解してください。地道に努力を重ねることで自信が生まれ、気が付けば「きつい」と感じることもなくなるでしょう。

環境が合わない場合は転職する

知識や経験の多少に関わらず、職場環境が自分に合っていない場合は仕事がきついと感じるものです。労働条件や職場の雰囲気、人間関係、セールスする製品・サービスへの興味など、総合的に見て自分に合っていないと感じるなら、思い切って転職するのもおすすめです。

職場を変えることで、つらいと感じていたセールスエンジニアという仕事に喜びややりがいを見いだせる可能性もあります。

未経験からの転職は可能か?

ITエンジニアや営業職が未経験でも、セールスエンジニアに転職できるのでしょうか。結論から言うと、未経験でもサービスエンジニアになることは十分可能です。もちろんIT技術の知識は必要ですが、サービスエンジニアという仕事に興味や関心があるなら挑戦する価値があります。ここでは、未経験からセールスエンジニアを目指す際のポイントを紹介します。

IT業界の技術職経験者は転職に有利

セールスエンジニアの仕事をするならIT知識が必須です。そのため、IT業界で技術職経験があれば、営業職未経験でも転職に有利です。

もちろん、就職後にセールススキルを磨く必要はありますが、IT技術を熟知していることで商品の仕様や使い方などを正しく説明できます。顧客に自信を持ってセールスできるため、重宝される存在になるでしょう。

ただし、技術職経験がないとセールスエンジニアになれないということはありません。独学等でIT技術をしっかり身につければ、十分転職できる可能性はあります。また、営業職を経験していれば、セールススキルが武器となり契約獲得の助けとなるでしょう。  

文系の特性を活かした転職も可能

理系出身でないとセールスエンジニアにはなれないと思う方もいますが、実際は文系出身のセールスエンジニアも多いです。セールスエンジニアは他のエンジニア職とは異なり、セールススキルが求められるため文系出身者の強みを活かせます。ただし、先述したとおりIT技術を身につけることは必須です。

文系出身者の持つ言語能力・プレゼン能力・文書作成スキルなどは、セールスエンジニアに必要なスキルです。これらのスキルはコミュニケーションが重要になるセールスにおいて役立ちます。

そのため、文系出身者だからといって諦めず、自分の強みを認識した上でIT技術を身につければサービスエンジニアになれる可能性は十分あります。

セールスエンジニアに向いている人の特徴4つ

img_saleski_07

きつくてもやりがいがあり将来性もあるセールスエンジニアに向いているのは、どんな人なのでしょうか。ここでは、セールスエンジニアに向いている人の特徴をまとめました。

失敗しても落ち込みにくく、ストレスを溜めない人

セールスエンジニアは社内外にステークホルダー(利害関係者)が多い仕事だけに、決まっていた契約が急にキャンセルになるという場合があります。失敗して落ち込むのは仕方のないことですが、落ち込みすぎてその後の仕事にまで支障が出ると、長く続けることができません。

クレームを言われたり、無理な要求をされたりすることも多い仕事です。ストレスを溜めない人、ストレス耐性力が高い人が向いていると言えるでしょう。

人の話にすぐピントを合わせられる人

セールスエンジニアは話の内容から、企業が持つ課題や要望を見つけることが重要です。話の核心にピントが合わないと、話がかみ合わないことがあります。相手の言っていることのポイントを見極めないと、相手が困っていることや解決してほしいことを理解できません。

セールスエンジニアに向いているのは、人の話のポイントがすぐにつかめる人や、トラブルや物事の本質をすばやく見抜く勘の良さを持っている人です。打てば響く反応の良さがセールスエンジニアには必要です。

知識欲があって日々の勉強が苦にならない人

知識欲はあり好奇心も旺盛だが、コツコツ勉強するのは苦手だという人はセールスエンジニアの仕事が辛いと感じるでしょう。セールスエンジニアとして力をつけるには、日々の勉強が大切です。特に新卒は覚えることが多いため、勉強を怠ると仕事が進みにくいです。

先端技術・世界基準のIT知識・業界トレンド・IT系の資格取得など、幅広い分野の勉強が必要です。積極的に勉強に時間を割くことで、セールスエンジニアとして活躍するチャンスが増えるでしょう。

現実的な妥協ができる人

結果が白か黒か、0か100かでなければ納得できない人は、セールスエンジニアの仕事をストレスに感じるかもしれません。セールスエンジニアはさまざまな状況に折り合いをつけ、時には現実的な妥協点を見出せる人が向いています。

【参考】:セールスエンジニアの求人・転職・中途採用|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

セールスエンジニアに必要な資格

img_saleski_08

セールスエンジニアになるための必須資格はありませんが、仕事で役立つ資格を取得すれば仕事がスムーズに進みます。ここでは、セールスエンジニアに必要な資格を紹介します。

基本情報技術者試験

情報処理技術者試験の一区分である国家試験の1つで、IT知識に関する最も基礎的な資格です。この資格があれば、エンジニアとしての基礎的な技術を証明できます。受験者の平均年齢は25歳のため、多くのエンジニアは早い段階で取得している資格です。

合格率は23~25%程度で、試験は年に2回(上期・下期)の一定期間においてCBT方式で実施されます。また、出題されるのはテクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系の問題です。

【参考】:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは?資格のメリットや学習方法を解説!

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は国家試験の1つで、基本情報技術者試験の上位に位置する資格です。エンジニアとしてワンランク上を目指す人におすすめします。受験者の平均年齢は30歳前後で、基本情報技術者資格を取得済みの数年キャリアを積んだ人が受験することが多いです。

試験合格は難しく、*資格を保有することでエンジニアとしての信頼度が上がります。会社によってはいくらか手当が支給されることもあります。

【参考】:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は難しすぎる?その真偽やメリット、試験対策など

セールススキル検定

特定非営利活動法人セールスキャリア開発機構が行う、セールス・コンピテンシーを測定し、スコア化・認定を行う民間資格です。簡単に言えば、現場で役立つ「営業力」を正しく測定するための検定試験です。

検定は、1級・2級・3級の3つの段階に分けられます。3級は誰でも受験可能で、2級以上は資格取得や実務経験年数が条件となります。

【参考】:セールススキル検定

新卒採用で求められる応募資格

機械・電気・化学・生命・農学・医学など、企業が取り扱っている製品に関わる領域を専攻していると有利です。販売拠点数が多く、開発拠点を海外に設置しているグローバル企業に関しては、英語といった語学力を求められることもあります。

将来性のあるセールスエンジニアに転職するには?

img_saleski_09

セールスエンジニアは、営業としてのノルマやSEとしての技術の勉強などが「きつい」と言われることもありますが、苦労が多い分平均年収は高く、プロジェクトを達成したときの喜びも格別です。

また、政府は「すべての企業は2025年までにDX(デジタル・トランスフォーメーション)を達成すべき」として会社経営のIТ化を奨励・推進しています。しかし、どのようにIТ化を進めたらよいか、暗中模索している企業が多いです。

セールスエンジニアはDX実現のための施策を提案する役割もあり、需要は今後ますます増えるでしょう。セールスエンジニアを目指すなら、まずは資格取得やエンジニア・営業職としての実務経験を積むところから始めてください。

なお、セールスエンジニアは業界・セールスする商品・企業によって必要な知識や働き方に差があります。数多くの企業から自分に合った企業を見つけるのは難しいです。

そこでぜひご活用いただきたいのがマイナビIT エージェントです。

マイナビITエージェント【公式】IT・Webエンジニアの求人・転職エージェント

マイナビIT エージェントは、IT・Webエンジニア向けの無料の転職⽀援サービスです。

IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのご経験やスキルをお伺いし、転職活動のプランをご提案致します。

アドバイザーは企業側の人事担当者と直接連携を取れますので、求人票に載っていない企業情報も確認することができます。残業時間や給与面など、働き方などをしっかり確認の上で応募企業を選んでいくのが良いでしょう。

・資格やプログラミングの勉強をしているけれど、企業が求めるレベルに達しているのかわからない ・スキルアップをして市場価値を上げていける企業の選び方を知りたい ・数多くあるITエンジニアの職種の中で、自分に向いている仕事は何か知りたい

こうした悩みを抱えていらっしゃる方は、まずは無料登録でキャリアカウンセリングをおすすめ致します。

あなたに合った企業選びをサポート致します。
エンジニア転職のご相談はぜひ
『マイナビIT エージェント』へ!
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT