AWSのサーバー提供サービスであるAmazon EC2とは?活用方法や料金体系等を解説!
cloud server
AWSのサーバー提供サービスであるAmazon EC2とは?活用方法や料金体系等を解説!
アンドエンジニア編集部
2021.05.18
この記事でわかること
Amazon EC2はAWSのサーバー提供サービスを指します
Amazon EC2は多くのECサイトや企業サイトで利用されています
従量制課金により費用削減効果が期待できますので、業務や開発に利用しましょう

AWSとは?

web service

AWSとは、最大のシェアを誇るクラウドサービスです。その提供サービスは豊富で、必要な業務を必要なコンピュータ資源を活用してサービス提供が受けられます。そのため、多様なワークロード安価にサービス活用することが可能です。Gartnerのクラウドインフラストラクチャとプラットフォームサービス部門における 2020 マジッククアドラントにおいてリーダーポジションを獲得しています。 参考:AWS Gartner: クラウドインフラストラクチャとプラットフォームサービス部門における 2020 マジッククアドラント

クラウドサービスの分類は?

クラウドサービスとは、従来所有型として個別のシステムとして設計していたITシステムを、従量課金制を用いてサービス提供する形態を指します。クラウドサービス事業者は必要とされるIT機器をデータセンターに収容し、サービス契約に応じて払い出してサービス提供していきます。

クラウド事業者と利用者は契約サービス内容に応じていくつかのモデルが提供されます。それぞれ責任範囲が定義されており、管理作業の負担が変わってきます。

IaaS (Infrastructure as a Service) IaaSの場合クラウド事業者はサーバー・ストレージ・ネットワーク・ハイパーバイザー・OSを担当し、利用者はミドルウェア・アプリケーションを担当し利用します。通常、クラウドサービスでサーバーを利用する際にはIaaSを選択するケースが多いです。AWSのサーバーサービスであるAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)が代表的な提供例となります。

PaaS (Platform as a Service) PaaSではクラウド事業者はアプリケーション以外の環境を提供し、利用者は必要なアプリケーションを準備し利用します。このため、アプリケーション開発環境に適しています。

SaaS (Software as a Service) SaaSの場合はクラウド事業者がアプリケーションも含めて提供し、利用者が使用する形態です。CRMを提供するSalesforceが有名なプロバイダーとなります。

クラウドサービスとサーバーレンタルの違いは?

クラウドサービスとサーバーレンタルは共に月額課金のため混同してしまいます。クラウドサービスはサーバーの利用がサービス提供されるため、初期セットアップや構築が不要となります。それに対しサーバーレンタルでは、必要な初期の導入・構築作業が必要ですので初期コストが発生します。サーバーレンタルで用いるサーバーでは共有型のため一般的に性能に対する変動影響が大きくなることもあります。

AWSの提供サービスは?

AWSではサービス製品をカテゴリー分けできます。コンピューティング・ストレージ・データベース・分析・ネットワーキング・モバイル・デベロッパー用ツール・管理ツール・IoT・セキュリティ・エンタープライズアプリケーションなど、これらの製品をサービスとして利用することが可能です。 参考:AWS クラウド製品

AWSのサーバーサービスは?

AWSのサーバーサービスはAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)と呼びます。そして、仮想サーバーを利用することが可能となります。AWSはサーバーサービスに関連するコンピュータ資源のサービスが豊富で、さらにニーズに合わせた補完サービスが多数提供されています。そのため、いくつかのAWSサービスを併用することが一般的といえるでしょう。

AWSのサーバーサービスの利用方法は?

AWSのサーバーサービスにはAmazon EC2が必須のサービスです。加えてサーバーに接続するストレージも必要となります。したがって、AWSではAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)というサービスを選択します。もしDBサービスを利用する場合には、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)が選択可能です。サービス利用で活用するストレージ容量がさらに必要であればより安価なAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をストレージサービスとして選択することが可能です。Amazon S3により、他のサービスとのデータ連携も可能になります。

Amazon EC2とは?

cloud computing service

Amazon EC2はAWSのサーバー提供サービスを指します。またAmazon EC2は仮想サーバーを提供するものです。ここでは関連して料金体系やメリットおよび効果的活用方法をご紹介します。また、留意事項等についても説明するので参考にしてください。

Amazon EC2の料金体系は?

Amazon EC2は、使用に応じた料金が発生する従量課金制です。 オンデマンド、Savings Plans、リザーブドインスタンス、スポットインスタンス、Dedicated Hostの支払方法があります。なお、無料利用枠が設定されており1 年間毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンス が含まれます。実際の利用状況に応じた設定が可能となっています。

Amazon EC2のメリットは?

Amazon EC2はAWSのサーバーサービスで、以下のメリットがあります。

料金体系 従量制課金となりますので、利用料に応じた課金で資産を持たずに業務を開始可能です。

構成の柔軟性 必要なコンピュータ資源を柔軟に設定できます。同様に初期作業の大幅な削減が可能となります。

耐障害性 複数のロケーションを選択してアプリケーションを障害から保護することが可能です。

ソフトウェアの豊富なバリエーション OSの選択肢が多く、ソフトウェアもAWS Marketplaceのアプリケーションが豊富に揃っています。

高いセキュリティ 多くのユーザに支持されている高いセキュリティレベルを提供しています。ネットワークセキュリティのみならずデータの暗号化やIdentity and Access Management (IAM)によりアクセスを保護します。

Amazon EC2の適している活用方法は?

AWSは世界数百万ユーザを抱えており、Amazon EC2はすぐにでも利用したいサービスの1つです。実際の活用例はECサイト企業サイトが多数を占めています。また、政府系システムの実績も増加し、日本においても2018年に「クラウド・バイ・デフォルト原則」が公表されました。そのため、政府機関の情報システムの構築においてクラウドサービスとしてのAWSの活用の機会が増えていくでしょう。

その他の活用方法としては、AWS Marketplaceを見ると業務アプリケーション基盤、DevOps開発基盤、IoTデータ収集システム機械学習データ分析などが想定用途として数多く利用されていることが分かります。

Amazon EC2の留意事項は?

ここではAmazon EC2の留意事項を3点挙げていきます。まず最初は、「AWS全体としてサービスが豊富なのがメリットである半面、留意事項にもなり得る」ということです。豊富な提供サービスであるため、利用サービスの選定や最適化には十分な検討や経験を要するのです。

次に、「問題発生時の責任のあり方」が挙げられます。クラウドサービス全般でいわれていることですがSLAに従い、クラウド事業者と利用者で責任の分担に応じて障害解決の対応をする必要があります。

最後は「発生コストを予測し最適化をしていく必要性」です。本来所有型に比較して費用対効果の低減が期待できますが、想定以上の性能が必要になった場合は全体費用バランスの調整業務アプリケーションの見直しが必要になるでしょう。

Amazon EC2の構築方法は?

integration

以下の流れでAmazon EC2のインスタンスが作成可能です。AWS 無料利用枠が利用可能ですので設定変更の確認が可能です。

(1)AWS アカウントをセットアップしにコンソールにログイン AWS マネジメントコンソールにログインして、root アカウントをセットアップします。

(2)インスタンスを起動 EC2インスタンスをAmazon Machine Image(AMI)テンプレート等により作成します。 次にAmazon EC2 ダッシュボードから[インスタンスを起動] を選択し、仮想マシンを作成していきます。

(3)インスタンスの設定 必要とされるCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークキャパシティからインスタンスタイプを選択します。加えてストレージのサイズやボリュームタイプ、セキュリティグループを選択します。

(4)インスタンスへの接続 EC2 Instance Connectや他のコンセール接続を用いてインスタンスへ接続します。

(5)インスタンスの終了 EC2インスタンスを選択し[アクション]インスタンス][終了]をクリックします。

参考:Amazon EC2の開始方法

Amazon EC2を効果的に活用しクラウドサービスで求められるエンジニアを目指しましょう

skill-up

Amazon EC2はAWSの中心的なサーバー提供サービスです。多くのメリットがありますが、効果的な利用については多くの経験やサービス連携等の設計能力が必要となります。Amazon EC2の実践力を高めて最適なサービスを提供できるエンジニアを目指し、活躍の場を広げていきましょう

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

残業ほとんどなしの求人
IT業界の『残業ほとんど無しの求人』をピックアップ!その他、こだわり条件での求人検索も◎
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

残業ほとんどなしの求人
IT業界の『残業ほとんど無しの求人』をピックアップ!その他、こだわり条件での求人検索も◎
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT