セキュリティエンジニアとは? 平均年収や目指すべき資格、年収UP方法を紹介
eyecatch
セキュリティエンジニアとは? 平均年収や目指すべき資格、年収UP方法を紹介
キャリア・働き方
アンドエンジニア編集部
2021.10.28
この記事でわかること
セキュリティエンジニアの年収は高め
資格獲得などを目指すことで更に年収を上げられる
セキュリティエンジニアは将来性も高い

セキュリティエンジニアの関連記事

セキュリティエンジニアがきつい理由とその対策・将来性などを探る
ホワイトハッカーとは?気になる年収について解説!
情報処理安全確保支援士は試験合格の後に登録や更新が必要って本当?

セキュリティエンジニアの年収に関するデータ

この見出しではセキュリティエンジニアの年収に関するデータをまとめました。これからセキュリティエンジニアを目指す方は、どれぐらい収入を得られるのか気になるところでしょう。本記事を参考にし、今の年収と照らし合わせながら年収面について考えてみてください。 (参考:求人ボックス

セキュリティエンジニアの平均年収

「求人ボックス」の統計データによると、セキュリティエンジニアの平均年収は599万円となっていました。これは、日本の平均年収と比べても高くなっています。企業がハッキングなどの被害に合うと、大きな損害が出ます。そういった被害を未然に防ぐセキュリティエンジニアは、企業にとって重要な存在であり、高い報酬額で雇われることが多いです。ただし、あくまで平均であり、企業やその人の能力によって年収は変動します。

平均年収が最も高いのは東京

セキュリティエンジニアの平均年収が最も高いのは東京都で、626万円となっています。都心には大手のIT企業も多いことが、高年収に繋がっていると推測されます。また、地方よりも給与水準が高いことも影響しているでしょう。

セキュリティエンジニアについて

security

企業によってはセキュリティエンジニアを雇っておらず、インフラエンジニアがセキュリティ面も担当することがあります。そのため、セキュリティエンジニアについてよく知らない方も多いでしょう。そこで、セキュリティエンジニアの仕事内容について、詳しく解説します。

セキュリティエンジニアとは

セキュリティエンジニアとは、システム開発におけるセキュリティ分野を担当するエンジニアです。セキュリティに配慮したシステムを考え、サイバー攻撃やハッキングなどの被害から守ります。従来はセキュリティエンジニアは少ない傾向にありましたが、最近は数が増えています。近年、システムは複雑化し、1人のエンジニアが複数方面を担当するのが厳しくなっています。

そのため、セキュリティのみに特化したエンジニア必要とされるようになりました。また、ハッキング被害に合うと、企業が何億円も損失を発生させる恐れがあります。特に金融分野など、重大な情報を扱う分野ではセキュリティエンジニアの重要性が高いと言えるでしょう。

セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアの仕事内容について解説します。セキュリティエンジニアの仕事は「企画」「設計」「実装」「運用」に分かれます。「企画」では、システム開発において必要なセキュリティを開発メンバーに共有します。「設計」では、セキュリティー面について改善案などの提案や意見を出しながらシステム設計に関わっていきます。

サーバーやネットワーク機器など、何を導入すべきか設計書にまとめていきます。そして、設計書を元にシステムの「実装」を行います。リリース後も、外部からの攻撃を監視し、システムをの安全を守る「運用」をしないといけません。このように、各開発工程にセキリティエンジニアは関わる必要があります。

プログラマーやシステムエンジニアと異なり、一部の工程だけに関わる訳ではないため、幅広いスキルが求められるでしょう。

セキュリティエンジニアが年収を上げる方法

pencil

ここでは、セキリティエンジニアが年収を上げるために何をすべきかについて解説します。セキリティエンジニアの平均年収は高いですが、社歴が長くなっても低収入のままの人も中にはいます。本項目を参考にし、自分の市場価値を高め年収を上げていきましょう

セキュリティ分野に関する知識を身につける

まず重要なのは、自分の担当分野に関する知識を更に深めることです。セキュリティエンジニアは、セキュリティスキルやサーバーの知識、ネットワークの知識などが万遍なく必要です。特にセキュリティスキルは要であり、ファイヤーウォールやセキュリティソフトなどに精通していないといけません。これらのスキルを高め、企業にとって貢献できる人材になれば評価が上がるでしょう。

クラウドサービスの知識を身につける

最近は自社でサーバーを立てることが減り、クラウドサーバーを利用することが増えました。たとえばAmazonのAWSは使っている企業が多いです。ITエンジニアが年収を上げるコツは、最先端のスキルを身につけることです。既に下火になっているスキルを得ても、転職で有利にはありません。AWSなどのクラウドサーバーの知識を身につけることで、セキュリティエンジニアは年収を上げられます。

資格獲得を目指す

セキュリティエンジニアは資格資格も目指していきましょう。資格があることで知識を体系的に身につけていることを証明可能です。セキュリティエンジニアは開発メンバーやクライアントに、セキュリティ分野において意見をすることが多いです。そのため、資格を取得し意見に説得力を持たせた方が、提案が通りやすくなります。どんな資格を取得すべきかは、次の見出しで詳しくまとめています。

セキュリティエンジニアが年収を上げるためのおすすめ資格

image

最後にセキュリティエンジニアにおすすめの資格を紹介します。これらの資格を取得することで、年収アップに繋がるでしょう。また、必要な知識を体系的に身につけることが可能です。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメントは、サイバー攻撃や暗号、認証など、セキュリティスキルを習得できる資格です。合格率は45%とIT系の資格の中では高めなので、まずはこちらの取得を目指すと良いでしょう。ただ、問題文が長文なことが多く、時間が足りなくなるという声もあるので要注意です。セキュリティ分野の基礎知識を網羅し、問題文の理解になるべく時間を使わないようにしましょう。

情報処理安全確保支援士試験

こちらもセキュリティエンジニアにおすすめしたい資格です。情報セキュリティやネットワークに関する問題が多く、セキュリティエンジニアとしての基礎を身につけることができます合格率は20%未満であり難易度は高いですが、その分取得すると転職において評価されやすいでしょう。

シスコ技術者認定(CCIE)

こちらは英語試験であり、世界中のエンジニアが受けている資格です。ネットワークトラブルシューティング、VPN テクノロジーなど、ネットワークに関する問題が中心です。難易度は非常に高いですが、取得するとセキュリティエンジニアとして最高レベルの知識があることを示せます。

セキュリティエンジニアの将来性がある理由

image

セキュリティエンジニアはサーバーエンジニアやプログラマーに比べ、担当分野がピンポイントです。そのため「今後仕事がなくなってしまうのでは?」と思うかもいるかもしれません。しかしそんなことはなく、むしろセキュリティエンジニアは将来性も高いのです。その理由について解説していきましょう。

ハッキングなどの手口が複雑になってきている

システム開発において、ハッキングなどの被害は大きな課題です。有名な企業がハッキング被害に合ったというニュースも、たまに聞くと思います。最近は特にハッキングの手口が巧妙化しつつあります。企業側の対策を掻い潜るかのような、ハッキングを行ってくるのです。そういったハッキングに対しては、素人は中々対策できません。そのため、セキュリティエンジニアという専門家が必要になってくるのです。

エンジニア自体の人手が不足している

セキュリティ分野に関わらず、エンジニア自体の人手は不足傾向にあります。日本はIT教育が遅れていると言われており、サーバーやプログラミングに関する知識を身につけている人材が少ないです。ところが、スマホなどIT製品を人々が使う場面は増えたため、アプリ開発などの需要がどんどん増しています。

こうした状況下のため、IT企業間で優秀なエンジニアを取り合いになっているのです。エンジニアが人手不足である以上、エンジニアの給料も上げざるを得ないですし、仕事がなくなる心配も薄いと言えます。

その後のキャリアの選択も幅広い

セキュリティエンジニアはその後のキャリアの選択肢も多いです。セキュリティ分野のエキスパートになる道もありますし、プロジェクトマネージャーやコンサルタントを目指す道もあります。また、フリーランスエンジニアとして会社に所属せず働く人もいます。

様々なキャリアプランを描けるということは、仮に一つの選択が駄目になっても問題ないということです。こういった面からも、セキュリティエンジニアの将来性の高さが証明できます。

セキュリティエンジニアは将来性が高く今後の年収アップにも期待できる

本記事ではセキュリティエンジニアの年収・将来性について解説しました。セキュリティエンジニアは年収も比較的高く、何億円もの損害から企業を守る重要な存在であるため、将来性も高いでしょう。セキュリティ分野に興味があるなら、セキュリティエンジニアとして働くのもおすすめです。

特にサーバーエンジニアとして働いていた人は、知識を活かすことができます。本記事が、エンジニアの方にとって有意義なものとなれば幸いです。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT