ホワイトハッカーとは?気になる年収について解説!
将来性
ホワイトハッカーとは?気になる年収について解説!
アンドエンジニア編集部
2021.09.13
この記事でわかること
ハッカーは、コンピュータとネットワークの専門家を指します
ホワイトハッカーは、善意に従い防御策を講じるハッカーの分類で、憧れの専門家です
サイバーセキュリティ対策のニーズが高まり、今後も有望でしょう!

ホワイトハッカーとは?

Typescriptは色々とできる

ホワイトハッカーとは、善意のもと生産的な活動を行うハッカーを前向きな意味で表す際に用います。ここでは、その詳細に迫っていきます。

ハッカーとの違いは? 

ハッカーとは、コンピュータ知識全般に精通しネットワーク知識にも長けている者を指します。一般には単にセキュリティの弱点を突いて悪事を働く者をイメージしがちですが、実際はOSの内部コードや内部レジストリの設定・構成ファイルに熟知しているプログラミングの専門家です。

ハッカーの中で弱点を突いて悪事を働く者をクラッカーと言い、対して善意に従い防御策を講じる者をホワイトハッカーと言います。またホワイトハッカーは、セキュリティハッキングコンテスト等で実力を発揮し、安全性を高める支援をすることもあります。

ホワイトハッカーの需要は?

近年のネットワーク広帯域化により、多くのアプリケーションやサービスが公共ネットワークに接続され利用されています。特に、Webサービスによる業務提供により、モバイル端末をはじめ外部機器からの利用がさらに拡大しています。そのためセキュリティコンサルタントやセキュリティエンジニアの求人が増加しています。理由としては、よりシステムを安全に利用するために、コンピュータシステムの脆弱性対策を実施し、サイバーセキュリティ攻撃から被害を受けにくいシステムを構築する必要があるからです。また、警察などの官公庁や政府機関からも需要があります。

システムの安全性を高める活動は、ホワイトハッカーの役割となります。求人情報においてはセキュリティコンサルタントやセキュリティエンジニア、あるいはネットワークエンジニアとして募集されることが多い傾向があります。コンピュータシステムの脆弱性対策は、コンピュータシステム全般に対して実施されます。大手セキュリティコンサルティングチームなどでは専任のホワイトハッカーをチームとして抱えていることもあり、需要は高いと判断できます。

ホワイトハッカーの仕事の内容は?

ホワイトハッカーは、セキュリティ対策や不正アクセスへの防御能力に関して、自身の実力を外部向けセキュリティ啓蒙活動や、ハッキングコンテスト等のイベントを通じて認知させ、評価を高めていきます。同様に人材採用する企業では、自社の情報資産の保護対策が十分なされていることを利用者や市場に、アピールすることができます。

そのため外部向けWebサービスの提供や利用を行う企業は、セキュリティ専門家が多数在籍するセキュリティ評価サービスの会社へ脆弱性診断等を依頼し、安全対策が妥当であるとのお墨付きを得ます。その他コンピュータシステムの専門家やネットワークの専門家として活動することも数多くあります。

AWSの利用で、セキュリティやウィルス対策の責任は誰が負う?

ホワイトハッカーの年収は?

future success

ホワイトハッカーは、コンピュータおよびネットワークの専門家ですから、より高い知識と技術が求められます。そのために、実務経験を積んだり、様々な活動に取り組んだりするといったことが必要になりますが、その努力の結果として、年収アップも期待できるでしょう。ここでは、その実態を紹介していきます。

日本でのホワイトハッカーの年収は?

経済産業省の調査結果によると、ホワイトハッカーを含むITセキュリティコンサルタントは、IT特定技術者区分で平均758.2万円となります。求人情報では450万円から800万円が多い状況です。 専門性が認知されれば1,000万円を超えるケースも増えています。 参考:経済産業省 IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

海外でのホワイトハッカーの年収は?

アメリカの求人情報では、$70,000(約735万円)から$90,000(約945万円)が、ホワイトハッカーを含む、ネットワークコンサルタントおよびセキュリティコンサルタントの年収の相場となります。個別の引き抜きでは、約3,000万円から4,000万円に達するケースもあるようです。

Webエンジニアの年収は?仕事内容・資格・将来性についても解説
システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収、必要スキルを解説!

ホワイトハッカーになるには?

利用シーン

ホワイトハッカーになるためには、広義ではコンピュータの専門家として、また狭義ではセキュリティの専門家として認知されることが必要です。近年悪意のあるハッカーであるクラッカーが、対外接続されたネットワークを標的としてセキュリティ攻撃を仕掛けることが増えています。そのため安全性を確保する技術者として、ネットワークのセキュリティコンサルタントや、セキュリティエンジニアとして活躍することで、ホワイトハッカーとして認知されるでしょう。

必要な学歴は?

ハッカーとしての能力や資質は、学ぶだけではなく若くから多くの経験を積むことで、セキュリティ知識やコンピュータ知識を吸収しつつ身につけていく必要もあります。したがって学歴を重視するよりもセキュリティ業界で評判を高める方が、ホワイトハッカーとして活躍の場が得られるでしょう。

とは言っても企業採用等では一般的な学力が求められますし、政府機関である内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の要件では、英語力も考慮されています。理由としてハッキングの最新情報が英語圏から得られることが多いということが挙げられますが、このような観点から見ても、ある程度の学歴は必要でしょう。

求められる資格は?

ホワイトハッカーの中心的な活動としては、セキュリティ脆弱性診断やセキュリティ対策の啓蒙等があります。セキュリティの専門家として活動するわけですから、ネットワークの資格を取得し、専門性をアピールするのが非常に有用です。例えば「シスコ技術者認定」を取得することで、企業向けネットワーク機器の知識があることをアピールできますし、情報処理推進機構(IPA)の「情報処理安全確保支援士試験」を取得すれば、企業向けサイバーセキュリティ対策を担当する国家資格取得者として認知されるでしょう。取得が難しい資格もありますが、スキルアップには必要な場合もあります。

ホワイトハッカーになるために必要な資格やスキルとその将来性は?

ホワイトハッカーの職歴は?

ホワイトハッカーは、各企業で採用されるケースに加え、ソフトウェア会社やコンサルティング会社でセキュリティ専門チームのメンバーとして雇用されるケースも多いです。実績を高めるために、ZDI(Zero Day Initiative)によるPwn2Own等のハッキングコンテストで活躍し、活躍の場を広げていくことも選択肢としてあるでしょう。

ハッキングコンテストは京都スマートシティエキスポ2020のように、スマートシティの一環で実施されたり、ICS(Industrial Control System)産業用制御システムのように、業種単位で実施されてきています。その他、採用上の付帯条件として、各種ITエンジニアとして3年から5年以上の実務経験があることを判断材料としているケースが多くみられますので、ITエンジニアの経験も必要となります。

コンピュータ・ネットワーク知識を高めてセキュリティ対策の専門家に挑戦しよう

 AWS user

近年、ITシステムが広域に活用されてきています。さらにデジタルトランスフォーメーション(DX)へのシステム変革が、より加速して我々の生活が一層豊かになるでしょう。一方で、社会的混乱を目的としたサイバーセキュリティ攻撃や脆弱性を突いた攻撃も多くなってきています。このような状況の中で、セキュリティコンサルタントやセキュリティエンジニアの活躍の場は広がり、より需要が高まってきています。スキルアップを重ね、善意のハッカーであるホワイトハッカーとして認知されれば、自身が必要とされる場面が今後一層増えていくでしょう。

DXとは?その意味と日本の現状、DX推進の障壁となる要因を分かりやすく解説!
セキュリティエンジニアがきつい理由とその対策・将来性などを探る
Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored