テストエンジニアの求人の探し方と、そのポイントを解説!
coffee
テストエンジニアの求人の探し方と、そのポイントを解説!
アンドエンジニア編集部
2021.02.12
この記事でわかること
転職サイトや転職エージェントを使う方がテストエンジニアの求人を探しやすい
グループ系か独立系か、事業形態は何かを事前に確認することが重要
テストエンジニアは集中力やデバッグツールに関する知識が求められる

テストエンジニアの求人の探し方

背景

テストエンジニアという仕事を初めて知った方は、求人の探し方が分からない場合も多いと思います。求人の探し方は大きく分けて2つです。転職サイトを使う方法と、転職エージェントを使う方法です。これらの方法のメリットや、具体的な使い方をご紹介しましょう。

  1. 転職サイトを活用する

「doda」や「リクナビNEXT」などの転職サイトを活用する方法です。転職サイトは求人を絞り込みやすくなっており、テストエンジニアの求人もすぐ探すことができます。自分のペースで仕事を探したい場合に転職サイトは向いているでしょう。また、「Green」などのIT企業特化型の転職サイトもおすすめです。 特化型はテストエンジニアの求人も多く保有しています。また、転職サイトの中には「スカウト機能」があります。サイトにプロフィールを登録すると、企業からスカウトメールが届くのです。この機能を使うことで、テストエンジニアを募集している企業を探す手間が省けることがあります。 参考:doda 参考:リクナビNEXT 参考:Green

  1. 転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのもおすすめの方法です。転職エージェントに登録すれば、担当者が自分に合った求人を紹介してくれます。転職のプロが紹介する訳ですから、自分で探すよりも好条件の求人を探してくれます。更にテストエンジニアの求人に合格するための面接練習や履歴書添削も行ってくれます。 転職エンジニアは無料で利用できるので、近所に事務所があるならおすすめです。転職活動を1人で行うのが不安な方は、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。特に初めて転職する方は、第三者のサポートを受けた方が、成功率が高まります。

ITエンジニア転職のメリット・デメリットと気を付けるべきこと

テストエンジニアの良い求人の見分け方

器用貧乏

一口にテストエンジニアといっても、様々な求人があります。自分のやりたいことや今後のキャリアに合った良い求人を見つけるために、どこをチェックすべきかを解説します。

グループ系か独立系かをチェックする

まず、その企業かグループ系か独立系かをチェックしましょう。グループ系の場合、親会社の製品のテストを行います。親会社の経営が安定している場合、グループ会社の仕事量も安定していることが多いです。テストエンジニアの仕事がなくなることもないでしょう。 対して独立系の場合、仕事量が安定していない可能性もあります。そのため、テストエンジニア以外の仕事もこなす必要が出てくるかもしれません。会社の売上や資本金などから、経営状況を把握し、会社の安定度を確認しましょう。

独立系SIerの特徴や年収は?転職するために必要なスキルについても解説!

事業の形態をチェックする

次に、事業形態をチェックしましょう。テストエンジニアを雇う企業には、自社でソフトウェア製品を開発しそのテスト担当者が必要な場合と、他の企業からテスト作業のみを請け負っている場合があります。前者の場合、テストエンジニアからプログラマーやSEに転職することも可能です。 後者の場合、その会社にいる限りは、テストエンジニア専門でやっていくことになります。自分のその後のキャリアプランを考えて企業を選択しましょう。

テストエンジニアの仕事内容

region map

テストエンジニアの仕事内容を紹介します。テストエンジニアはテスト作業だけでなく、テストに関連する様々な仕事をこなす必要があります。それぞれの仕事でどういったスキルが必要なのかも解説していきます。テストエンジニアを目指す方なら、ぜひ知って欲しいことです。

テストエンジニアの仕事や必要なスキル、テスターとの違いや将来性

テストの計画を立てる

テストエンジニアは、まずテストの計画を立てる必要があります。ソフトウェアのテストには様々な種類があり、テスト対象のソフトウェアにはどれが適正かを考えます。そして、それぞれのプログラムでどんなテストが必要か考え、テストケースを作っていきます。 テストケースに抜け漏れなどがあると、ソフトウェアのバグを見つけられない可能性があります。そのため、テストの計画を立てる工程が最も大事と言えるでしょう。

テストを実行する

続いてテストケースに従って順番にテストを実行します。ここでは決められた手順に従い、1つずつテストしていく必要があります。バグなどがあればチェックしまとめていきます。テストをする場合、プログラムごとにテストを行う「単体テスト」とソフトウェア全体を通しての「総合テスト」を行う必要があります。2つのテストを両方行うことで、バグや問題点が見つからないのを防ぎます

運用テストってどんなテスト?目的や内容、注意すべきポイントとは?

テスト結果を報告する

一通りテストが完了したら、テスト結果を報告書にまとめて開発メンバーに共有します。更に、今後ソフトウェアの品質を上げるにはどうすべきか提案を行うこともあります。その後開発メンバーがソフトウェアの問題点を修正したら、テストエンジニアが再びチェックを行います。このようにして、ソフトウェアの品質を高めていきます。以上が、テストエンジニアの大まかな仕事の流れです。

テストエンジニアに転職するために必要なスキル

learning

テストエンジニアに転職するために必要なスキルを紹介します。これらのスキルを持っていると、面接時にアピールすることが可能です。また、テストエンジニアに転職してからも、仕事を円滑にこなすことができるでしょう。1つ1つのスキルについて詳しく解説します。

プログラミングに関する知識

プログラミングに関する知識はテストエンジニアも必要です。なぜなら、ソフトウェアの中身を知らないと、どんなテストケースが必要かつかみにくいからです。また、プログラマーとやり取りをする場合にも、知識があった方がスムーズです。ハイレベルな能力は必要ありませんが、基礎的なプログラミングスキルは保有しておいた方が良いでしょう。

オープン系プログラマーとは?プログラマーの職種や将来性について解説!
通信系プログラマーとは?求められるスキルや市場性について解説!

文章作成能力

テスト内容の報告書を書く場合やテストの計画書を書く場合に、最低限度の文章力は必要です。読みやすく読み手にストレスを与えない文章を心がけることが重要です。文章が読みにくいと、相手が解釈を間違えてしまう恐れかあります。テストエンジニアも文章力は、ある程度身につけておいた方が良いでしょう。

集中力

テストエンジニアの要となるのが集中力です。テストケースに従って、1つずつ間違いがないようにテスト作業を行う必要があります。集中力に欠けていると、テストのやり方を間違えてしまうこともあるでしょう。テストの専門家として責任を持って行う必要があります。集中力がある人でないと、テストエンジニアは難しいかもしれません。

デバッグツールの知識

デバッグツールの知識も得ておく必要があります。デバッグツールは会社によってそれぞれ違うので、転職後に身につけないといけません。そこまで難しいものではありませんが、使い方は間違えないようにする必要があります。

テストエンジニアを目指すのにおすすめの資格

image

最後にテストエンジニアを目指すのにおすすめの資格を紹介します。これらの資格取得を目指すことで、テストエンジニアに必要なスキルを体系的に身につけることが可能です。また、転職でも資格は大きなアピールポイントとなるでしょう。1つ1つの資格の問題内容や難易度について解説します。

基本情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験とはITエンジニアの登竜門の資格です。プログラミングやアルゴリズム、ソフトウェア開発の工程に関する基礎的な問題が出されます。エンジニア未経験者が受けることが多い上に合格率も高いので、始めに取得する資格としておすすめです。参考書を1冊購入し繰り返し問題を解けば、合格はそこまで難しくないです。テストエンジニアを目指す場合も、大いに役立つでしょう。

基本情報技術者試験とは?資格のメリットや学習方法を解説!

JSTQB 認定テスト技術者資格

JSTQBはテストエンジニア向けの資格です。テストエンジニアを目指すならぜひ取得したいでしょう。テスト技法に関する問題やテストのマネジメントの問題が出されます。世界的に有名な資格でもあり、海外でも評価されています。JSTQBは3種類のレベルに分かれており、最も低いレベルは合格率が50%と、IT系の資格にしては高めです。レベルが上がるにつれ、テストマネージャーやテストアナリスト向けの問題が多くなります。テストエンジニアとして確実にステップアップできる資格と言えるでしょう。

ソフトウェア品質技術者資格

ソフトウェア品質技術者資格は、日本科学技術連盟が主催している資格です。テスト作業に関わらず、ソフトウェアの品質を向上技術が試される資格です。ソフトウェア開発を行うエンジニア全員におすすめでしょう。試験は初級と中級に分けています。中級は記述問題も出されるため、合格が難しくなるので注意が必要です。

テストエンジニアは製品の品質に関わる重要な仕事

region

本記事ではテストエンジニアについて解説しました。テストエンジニアの求人の探し方や仕事内容がお分かり頂けたかと思います。テストエンジニアはソフトウェアの品質を上げる上で欠かせない存在です。特にシステムの規模が大きくなると、プログラマーだけでは満足の行くテストができないことが多いため、テストエンジニアが求められます。 大手メーカーやテスト作業を受託している会社では、テストエンジニアの求人を出していることが多いです。テストエンジニアになりたい方は本記事を参考にぜひ目指してみてください。

Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored