5G技術がエンジニアに与える影響は大きい?今後の動向や求められること
thumb_5geng_01
5G技術がエンジニアに与える影響は大きい?今後の動向や求められること
アンドエンジニア編集部
2022.10.03
この記事でわかること
5Gの主な特徴は高速な大容量通信・超低遅延通信・多数同時接続数の増加である
5Gの普及により工業・農業・自動車・医療など様々な産業の業務改善や新しい展開が期待されている
5Gの普及・高度化によりネットワークエンジニアや5G技術に関連するエンジニアの需要が高まると考えられる

5G技術の普及・高度化がエンジニアに与える影響は大きい

img_5geng_01

「5G」(ファイブジー)は、新しいモバイル通信の次世代ネットワークとして注目を集めています。総務省が2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの商用化を発表し、通信キャリア各社からサービスが提供が開始された5Gは、今では広く一般に知られるようになってきています。

【参考】:総務省|令和2年版 情報通信白書|5Gが促す産業のワイヤレス化

5Gは社会のIT化・DX化をさらに推進させる技術として期待されています。今後、5Gが普及し、高度化するにつれてエンジニアにも様々な影響を与えることが予想されます。

そのため、この記事では5Gの基本的な知識、5Gが社会にもたらす変化、それによりエンジニアが求められることについて解説していきます。

DX推進ガイドラインとは?DX実現に向けた経済産業省の提言を徹底解説
DXの推進力となる5つのデジタル技術と、企業の適切な選択方法

5G技術とはどんなもの?

img_5geng_02

そもそも、5Gとは一体どのような技術なのでしょう。ここでは、5Gの特徴を4Gとの違いについても触れながら説明します。5Gに関する基礎的な知識をしっかりと押さえておきましょう。

5GでIoTのさらなる促進が期待される

5Gが普及し高度化することで、IoT(Internet of Things・モノのインターネット)がさらに進むと考えられています。様々な物がインターネットに繋がることによって、社会がますます便利で豊かになることが期待されています。

それを支えるのが、5Gが持つ3つの大きな特徴です。その特徴とは、高速かつ大容量通信が可能であること、超低遅延通信が可能なこと、多数同時接続が可能なことです。

IoTとは?概要から動作の仕組み・実際の用途まで丁寧に解説!

高速・大容量通信が可能

5Gの特徴として最初に挙げられるのが、高速で大容量のデータ通信を行えることです。5Gの最大通信速度は上りが10Gbpsで、4Gの100Mbpsに比べると単純計算で100倍となります。

超低遅延通信が可能

データ通信では、データ転送要求を出してから実際にデータが送られるまでの通信遅延時間(レイテンシ)が重視されます。5Gは超低遅延通信が可能で、4Gの遅延時間が10msであったのに対し、5Gでは1msです。

これはつまり、一層リアルタイムに近い通信ができるようになったことを意味します。

多数同時接続数が増加

多数同時接続とは、1つの基地局に同時に接続できるデバイスの数のことです。4Gでは1㎢あたり約10万台の端末が同時接続できますが、5Gでは1㎢あたり約100万台の端末の同時接続が可能です。

これにより、スマートフォンや携帯電話だけでなく、パソコンや様々なIoT対応機器が同時に通信することができます。

5Gがもたらす変化とは?

img_5geng_03

5Gでできることによって、社会はどのように変わっていくのでしょうか。5Gが持つ特徴を活かし、大容量コンテンツの利用や、IoTにより様々な物や端末がインターネットに繋がることで、業務改善や遠隔操作が行えるようになると考えられています。

大容量の動画などのコンテンツの配信が可能になる

5Gの特徴である高速・大容量通信を活かし、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末への大容量動画コンテンツなどの配信が容易になります。

これまでだと、Wi-Fi環境でなければダウンロードが困難だった大容量動画でも、5Gであればスムーズにダウンロードしたりストリーミング視聴できたり、高画質で楽しめるようになることが期待されています。

IoT技術の普及

5Gが普及することにより、家電をはじめとした他の様々な物がネットに繋がるようになる「IoT」の活用がさらに促進されると考えられます。

例えば、外出先から家のペットの様子を確認して餌を与えられるカメラ付き給餌器や、買い物に出てから中身をスマートフォンで確認できる冷蔵庫など、インターネットに接続して一層生活を便利にする商品が続々と登場しています。

IoTと5Gの活用事例5選!2022年開催の注目展示会も紹介

スマート工場やスマート農場の実現

5Gの活用により、工場の生産ラインのロボットを5Gネットワークで制御し、大量のセンサや工場内の機器をインターネットに接続して品質や状態を確認・情報を分析することで効率化を図るスマート工場の実現が見込まれています。

また、5Gのネットワークを活用したスマート農場においても、センサーにより水田の水位情報をスマートフォンなどの端末でリアルタイムに確認し、巡回や時間を減らしてコスト削減するなどの効果が期待されています。

自動車の自動運転技術の発展

自動車業界において大きな関心を集めている自動運転技術にも、5Gが大きく関わっています。

5Gは自動運転で重要な車間通信や歩車間通信や、自動運転の精度の向上などに貢献しています。また、走行中の車内外のセンサから5Gで情報を収集したビッグデータを活用し、渋滞予測や走行ルート判断などにも活用されると考えられます。

道路や建物の保守の高度化

道路や建物などのインフラ設備にも、5Gを活用する実験が進んでいます。老朽化が進んでいる道路や橋・トンネルなどに加速度センサを設置し、振動データを5Gネットワークで監視して異常を検知することで、事故や災害の予防に備えた点検や保守作業をスムーズに進めることができます。

医療現場における負担を軽減

5Gは医療分野でも活用が見込まれています。5Gの高速・大容量通信により、医師が不足する過疎地などの患者を遠隔から動画通信で診察できたり、低遅延な通信で遠隔でもリアルタイムの医療器具の操作が可能となり、どこからでも治療や手術ができたりすると期待されています。

5Gの普及によりエンジニアが受ける影響とは?

img_5geng_04

5Gのネットワークが活用され、高度化していくことで、エンジニアはそれに対応していく必要性が生じます。5Gによりエンジニアが受けると考えられる影響を確認していきましょう。

5G基地局の設置が必要となる

5Gのインフラ構築に欠かせない基地局や中継設備などの増強が必要です。そのため、無線技術を持ったエンジニアの需要が高まると考えられます。

機器や端末の5G対応機器への置き換えが必要となる

5Gのネットワークに対応する通信機器が普及していくことが考えられます。そのため、従来の通信機器を5G対応機器へ置き換える需要が高まると考えられます。

エンジニアはこれらの新しい機器への理解を深めるとともに、5Gネットワークに繋がる機器のセッティングなどの業務に対応する必要が出てきます。

クラウドの活用が促進される

5Gの高速・大容量通信や低遅延性、多数同時接続により、クラウドサービスがより活用しやすい環境になると考えられます。そのため、エンジニアにクラウド環境の構築が求められるケースが多くなると考えられます。

ネットワークエンジニアや5G関連分野のエンジニアの需要が高まる

5G対応の機器や環境が増えることで、これらの運用・保守を行う人材が必要となり、ネットワークエンジニアの需要が高まると考えられます。

また、ネットワークエンジニアだけでなく、5Gネットワークへの接続を必要とするシステムや組み込み機器など、5Gに関連する分野のエンジニアも需要が高まる可能性があると考えられます。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?目指す上で知っておくべきこと

5Gの普及・高度化によりエンジニアが求められること

img_5geng_05

5G技術の普及・高度化が進む中で、エンジニアが意識すべきことはどのようなことでしょうか。

ネットワークセキュリティへの意識の向上

5Gが普及してIoT接続機器が増えることで、IoTデバイスに対する標的型攻撃が増加する可能性が指摘されています。

また、4Gに比べて通信の範囲や対象が広がることでセキュリティリスクが分散することが考えられるため、エンジニアはセキュリティ対策も十分に配慮する必要があります。総務省のサイバーセキュリティタスクフォースでも、IoT・5Gのセキュリティを確保するための施策を進めています。

【参考】:総務省|報道資料|「IoT・5Gセキュリティ総合対策 プログレスレポート2020」の公表

組み込み技術への知識を深める

5GでIoT技術の発展が期待されることから、家電などの商品への組み込み技術の需要が高まると考えられます。

そのため、IoTデバイスを操作する組み込み系、物をインターネットに接続するネットワーク系のスキルや知識が重宝されるようになるでしょう。また、デバイスや基盤、センサなどのハードウェアなどへの知識も必要です。

ビッグデータの活用

5Gが活用できる分野の1つとして、多数同時接続により接続された数多くのデバイスからデータを収集したビッグデータの利用があります。エンジニアはビッグデータを分析し、その情報をどのように活用し新しい価値を創出していくかを求められるようになると考えられます。

様々な業種の知識

5Gの活用が自動車や医療、産業に広がっていくにつれ、SE(システムエンジニア)などによる企業システム開発が中心だったエンジニアの活躍の場も、5G技術を求める様々な業種に広がっていく可能性があります。

自分に馴染みや興味がある特定の業界についてさらに知識を深めることで、その業界におけるIT化・DX化に関するキャリアやビジネスの幅を広げられる可能性があります。

システムエンジニアがキャリアアップするのにおすすめの資格を解説!

5Gの普及でこれからのエンジニアが考えるべきことを押さえよう

img_5geng_06

5G技術の普及と高度化は、これから様々な産業・業界に大きな影響とメリットをもたらす時代のトレンドであると言えます。そしてそこには、中心となる5G技術やその周辺分野の各種エンジニアのスキルと知識が必要不可欠です。

5Gに関する情報には敏感にアンテナを張り、5G時代のエンジニアに求められるスキルや知識を身につける意識を持つことが大切です。

気になる人のXをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT