TypeScript入門編として利用する際に覚えておくポイント
Typescriptで開発の幅を広げる
TypeScript入門編として利用する際に覚えておくポイント
アンドエンジニア編集部
2021.08.18
この記事でわかること
TypeScriptはJavascriptと互換性がある
Javascriptで不便に感じる部分をTypeScriptで解消できる
TypeScriptを使う様々なフレームワークがリリースされている

TypeScript入門編として知っておくべきこと

Typescriptは色々とできる

まずTypeScriptについて処理などを理解する前に、どのようにTypeScriptが誕生したかなどを理解する必要があります。TypeScriptはJavaに組み込まれるケースが多く、内容を把握することで開発の幅も拡がっていくことでしょう。

TypeScriptはマイクロソフト社が開発した言語の一種

TypeScriptはマイクロソフト社によって開発され、型定義などの機能をJavaScriptに加えた形でリリースされました。昨今TypeScriptはJavaScriptとセットでリリースされることもあり、開発時には一緒に検討するケースも増えています。

TypeScriptは世に出回っているReactやAngularなどで使われており、多くのエンジニアが開発で活用しています。プログラム自体のTypeScriptを利用して品質を型定義を変えながら、関数の呼び出しやコンパイル実行時に代入などを検出可能な状態にすることによって処理能力を高めていきます。

またブラウザが対応していない機能を早い段階で利用することができ、最新機能をいち早く取り入れることが可能です。TypeScriptは拡張子で.TSを利用しますが、これをJavaScript用のファイルにコンパイルすることができます。

TypeScriptはクラス作成やデータ型で異なる

TypeScriptはJavaScriptと比較すると、変数のデータ型などが異なっています。プログラムで使うデータの種類を示すデータ型は、JavaScriptならば実行時に判別し自動で決定します。動的型付けともいわれますが、実行しなければソースコードはエラーになるかどうかはわかりません。

しかし、TypeScriptは事前に変数のデータ型を決めておくことができる静的型付けを採用しており、コンパイル前にエラーを判別することができます。

また、TypeScriptは大人数が開発に携わるケースで活用されることが多く、コードを読みやすく作ることができます。クラス作成も可能で、ソースコードを効率的に記述する際に活用されます。

JavaScriptと同じ内容で構文を作ることができる

TypeScriptはJavaScriptと同じ構文が使って作ることができますが、機能拡張によって構築されています。動作環境を整えることによって、TypeScriptはJavaScriptと同じ内容で作り出すことが可能です。Node.jsなどプラットフォームを用意し、JavaScriptと同じ感覚で作成できます。

TypeScript入門編の理想的な勉強方法

TypeScript入門編として、様々な参考書が販売されています。スピーディーに学習するには参考書を活用した独学や、プログラミングスクールで教えてもらうといった方法があります。

自分のペースでこれから勉強するなら、TypeScript入門編など初心者向けの参考書を使うといいでしょう。わからない部分を解消しながら進めていきたい場合には、プログラミングスクールなどで不明点を重点的に学習することができます。

最近はオンラインで学習することも増え、自分のペースで学びつつメールやチャットで講師に質問することができます。コーディングしながらTypeScriptを学び習得し、開発エンジニアとしてスキルアップに活用していきましょう。

TypeScriptのおすすめ本をレベル別に紹介!学習方法も解説

TypeScriptのメリット

様々なメリットを理解する

TypeScriptは開発で活用できるメリットが様々で、JavaScriptと同じように開発に活用されています。機能が拡張されている中で使える部分を活かしながら、様々なプログラムが開発可能です。

JavaScriptと互換性が高くコードも短い

TypeScriptのメリットはJavaScriptで使えないクラス生成ができるので、クラスベースで開発したい場合には向いています。どうしてもJavaScriptだと長くなるコーディングが、TypeScriptによって簡略化することが可能です。また、大人数で同じ開発を行ったとしても、TypeScriptはコーディングを効率よく統一させることができます。

簡単なTypeScriptのコーディングはJavaScriptと互換性もあり、JavaScriptで開発もしくは実行環境を用意していると簡単にTypeScriptも導入可能です。もしJavaScriptで作成したファイルがあればTypeScriptで呼び出すこともできるので、ライブラリやフレームワークがJavaScriptで開発したものでもTypeScriptで活用できます。

処理スピードが早いTypeScriptはエラー防止も可能

JavaScriptでは確認しづらかったエラーを、TypeScriptでは未然に防止することができます。省略できる静的型付けを行えるので、TypeScriptは変数の型をコーディングしながら宣言可能です。型と値が異なっており、コンパイル時にエラーとなるケースを事前に確認できるため、全体のエラーを防ぐことができます。

JavaScriptだと実行しなければ見つからないエラーも多く、修正箇所が発覚するまで時間がかかりますが、TypeScriptはコンパイラオプションでエラー箇所を発見することができるため、変数のチェック後にコーディングの問題点を見つけて修正可能です。

また、TypeScriptは動作も静的型付けによって、スピーディーに処理させることができます。定期的にバージョンアップされており、速度の改善も行われています。

JavaScriptの知識があればTypeScriptも簡単

今までJavaScriptのみを勉強してTypeScriptに関する知識はないという人でも、TypeScriptはJavaScriptの上位互換なので記述する方法はほぼ同じです。JavaScriptをあらかじめ習得していれば、TypeScriptも覚えやすい言語です。

また、JavaScriptのライブラリやフレームワークを使用する際には、JavaScriptの知識が必要とされることもあります。TypeScriptを学んで使いこなすには、JavaScriptの知識があるとスムーズにスキルアップが可能です。

TypeScriptはJavaScriptの上位互換?違いは開発規模や機能面にアリ

様々なJavaScriptフレームワークと関係がある

様々なフレームワークが存在する

JavaScript向けにリリースされているフレームワークを、TypeScriptでも使用できます。TypeScriptを使うことによって様々な機能をスピーディーに追加しながら、プログラム開発の効率アップを目指すことができます。ただし、TypeScriptと若干関係性が異なり、使用用途に合わせて活用することも求められます。

コミュニティが開発するAngularjsとの関係

フロントエンド向けのフレームワークが多数リリースされている中で、Angularjsは数多くの企業で結成されたコミュニティで開発されています。AngularjsはWebアプリケーション向けでリリースされており、シングルページで利用可能なアプリケーションの開発を行うことができます。単一のフレームワークで全機能を用意している、フルスタックフレームワークです。

コーディングも記述量が少ないため、開発効率に非常に優れています。Angularjsは最初はJavaScript向けのフレームワークで開発していましたが、新バージョンではTypeScript向けとなっています。

ユーザーインターフェースに優れたReact

Facebookなどが参画しているコミュニティが開発しているReactも、TypeScriptで使うことができます。Reactは、フレームワークの中でユーザーインターフェース構築を行う際に適しています。

ルーティングやAPI対話で追加ライブラリで活用するだけでなく、シングルページやモバイルアプリケーションを開発する時にも向いています。また、部分ごとにコンポーネントを分けることができるため、カスタマイズを簡単に行うことができます。

大規模なコーディングも分割することができるため、保守性を高めつつ修正や管理を行うことが可能です。元々はJavaScriptで使えるように開発されたフレームワークですが、TypeScriptは拡張機能を使うことによって対応しています。

シンプルで軽く自由度の高いVue.js

プログレッシブフレームワークとして注目されているのがVue.jsで、自由度が高いのが特徴です。シンプルかつ軽いため早い動作が期待できますが、処理を行う際に最低限の内容しか搭載されていません。

そこで開発時に他のライブラリを組み合わせながら、自由にVue.jsを活用することが可能です。コアライブラリやサポートライブラリは別途パッケージで提供されており、部分的に必要な内容を導入できます。

Vue.jsはバージョン3.0からTypeScriptによってコーディングされているため、拡張機能を使わずに開発することが可能です。

将来性もあるTypeScriptは非常に人気が高い

TypeScriptを活用してレベルアップ

TypeScriptは、JavaScriptで抱えていた問題をクリアできるように開発されています。どうしてもJavaScriptだと動作が重かったり、コードの冗長化などで悩む人はTypeScript切り替えるといいでしょう。

勉強する際にも入門編として様々な本がリリースされているだけでなく、TypeScriptに関してプログラミングスクールなどで教えていることもあります。

ある程度TypeScriptについて知識をつけたところで、様々なフレームワークなどと組み合わせて開発を進めるとスキルアップすることができます。既にJavaScriptの開発環境を持っていれば、互換性もあるため、TypeScriptに切り替えることも簡単です。

気になる人のXをフォローしよう!
公式LINE
公式YouTube
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【年収±診断】6つの質問に答えて、真の市場価値をチェック!
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT