DX
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?求められる人材を解説!
アンドエンジニア編集部
2021.05.04
この記事でわかること
DXとはデジタル技術を活用して・製品やサービスを変えること・業務そのものを変革することを指します
DXでは市場拡大が進む先端IT技術を活用し、既存の業務を見直しデジタルビジネスを創出します
DXにおける人材は先端IT技術を用いながら、デジタルビジネスを効率的に推進することが求められます

DXとは?

web DX

働き方改革で我々の働き方が変わってきています。それを推進する考え方で、DXがあります。

DXとは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略です。2004年にスウェーデンのウメオ大学教授 Erik Stolterman氏によって提唱されました。経済産業省においても「DX推進ガイドライン」においてDXを以下のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのもの・組織・プロセス・企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」
引用:経済産業省 DX推進ガイドライン

DXとは?その意味と日本の現状、DX推進の障壁となる要因を分かりやすく解説!

Society 5.0とは?

Society 5.0とは、DXと並んで内閣府により提唱されている科学技術政策です。その中でSociety 1.0を狩猟の社会、Society 2.0を農耕の社内、Society 3.0を工業の社会、Society 4.0を情報の社会としています。

そして、Society 5.0を新たな社会として定義し、IoT・AI・ロボットその他のイノベーションを活用した高度な情報社会を実現するものとして定義しています。この中で提唱されている技術はDXで求められる技術であり、DXの人材は社会を支える技術者と言えるでしょう。
参考:内閣府 Society 5.0

DXで想定されている先端IT技術は?

情報処理推進機構によるとDXを支える技術として、以下のテクノロジー領域が定義されています。
データサイエンス     (データ分析のビジネス活用)
AI・人工知能       (ビッグデータの分析と自動化への適応)
IoT             (データの収集と活用)
デジタルビジネス/X-Tech(DXを活用したビジネス化)
アジャイル開発/DevOps  (先端開発手法)
AR/VR          (仮想空間の体感とビジネス化)
ブロックチェーン     (安全なビジネス取引と活用)
自動運転/MaaS      (自動運転とサービス化)
5G              (高速データ通信による適応領域の拡大)

ここで挙げられている技術はこの数年市場が急拡大しているテクノロジー領域となり、相互に技術を活用し新しい市場を形成することも期待されています。

アジャイル開発の特徴、メリット・デメリット、DXとの関係など
IoTエンジニアとは?気になる年収や将来性を解説!

DXを支える人材とは?

human resource

情報処理推進機構(IPA)ではIT人材白書において、DXを支える人材を概ね以下の分類で整理しています。
プロジェクトマネージャー
ビジネスデザイナー
テックリード
データサイエンティスト
先端技術エンジニア
UI/UXデザイナー
エンジニア/プログラマー
参考:情報処理推進機構 IT人材白書

同様に情報処理推進機構(IPA)ではDXに関連して攻めのIT投資を支えるスキルをITSS+にまとめています。新しいIT人材への転換や学び直しについて整理されたものです。ご一読をおすすめします。
参考:情報処理推進機構 ITSS+(プラス)・ITスキル標準(ITSS)・情報システムユーザースキル標準(UISS)関連情報

DXにおけるプロジェクトマネージャーとは?

プロジェクトマネージャーは、ITシステムを設計・開発・構築するにあたり、想定した日程とプロセスにおいて工程を高品質かつ経済的に進めることが求められます。DXにおいてもプロジェクトマネージャーは、DXやデジタルビジネスの実現を主導するリーダー格の人材が担当します。

適性としては変革課題を持っており、課題設定力がある人・ビジョンを提唱し行動のある人が求められます。

PMとPLの役割の違いとは? ―若手エンジニアの疑問にスッキリ回答―

DXにおけるビジネスデザイナーとは?

ビジネスデザイナーとは、新規事業を推進するために仕組みを作る人のことです。DXにおいてはデジタルビジネスの検討が必要ですので、企画・立案・推進を担う人材として期待されています。

適性としては、ビジネスと技術の両方に明るい人材が望ましく、特にビジネスをよく理解して自発的に行動し、チャレンジできる人材が求められるでしょう。

DXにおけるテックリードとは?

テックリードとは、プロジェクトや製品開発を技術で支えるリーダーを指します。DXではデジタルビジネスに関するシステムの設計から実装ができる人材でアーキテクト並びにエンジニアチームのリーダーが想定されます。技術に詳しいため、社内から技術に詳しいエンジニアの人選や、外部から技術に詳しい人材を採用するケースが多いです。

DXにおけるデータサイエンティストとは?

データサイエンティストとは、ビジネスに必要とされるデータを収集・分析し、ビジネスの課題を解決する人材です。DXにおいてもデジタル事業や業務に精通したデータ分析や解析ができる人材が求められます。データサイエンティストについてはまだ企業の投資が追い付いておらず、社内で素養がある人材を育成したり新入社員を入社後育成したりすることがあります。

データサイエンティストを目指すエンジニアがまず取得したい資格7選!

DXにおける先端技術エンジニアとは?

先端技術エンジニアとは、 機械学習やブロックチェーンなどの先進的なデジタル技術を担う人材を指します。DXにおいても役割に変わりがなく、テクノロジーの変化の速度が早くため外部連携で補完することが多いです。

DXにおけるUI/UXデザイナーとは?

UI/UXデザイナーとは、ユーザーに使い勝手や使い心地の良い操作インターフェイスを提供する枠割を持ちます。DXにおいても、DXやデジタルビジネスに関するシステムのユーザー向けデザインを担当する人材を指します。UI/UXデザイナーは、一般的には自社に確保せずに外部調達することが多いです。顧客向けアプリを開発している企業では、UI/UXデザイナーは重要な人材となります。

DXにおけるエンジニア/プログラマーとは?

エンジニア/プログラマーは、ITシステムの開発・実装やインフラ構築並びに保守等を担う人材を指します。DXにおいても役割は変わりませんが、外部委託をしているSIerや保守委託会社が担うことが多くなります。

DX人材の市場動向は?

情報処理推進機構(IPA)の発行したIT人材白書では、ユーザ企業並びにIT企業に対して人材の重要度や確保状況を集計しています。IT人材白書の集計内容によると、プロダクトマネージャーやビジネスデザイナーユーザー企業、IT企業のいずれにおいても重要な位置付けです。

データサイエンティストユーザ企業の重要度が高く、人材確保が進んでいます。同様に、テックリード・エンジニア・プログラマIT企業において重要視されています。

また、DXにおけるデジタルビジネスの推進企業では、全てのDX人材タイプが重要視されています。その一方、デジタルビジネスを積極推進していない、あるいは未対応の企業においては、DXで求められる先端IT技術の要員スキルアップは、あまり積極的にはされていません。
参考:情報処理推進機構 最新のIT人材動向に関する説明会 ~IT人材白書2020より~

DXに関連する求人は?

recruiting

DXでは既存のITシステムの枠組みのみならず、業務を見直してデジタル技術で業務プロセスを再定義していきます。一例としてリモートワークにおける勤務体系の見直しや承認フローは、新しいビジネスの需要を創出しています。同様にそのための業務プロセスの見直しのためのコンサルティングも好調です。

そのため従来のIT業界においても人材市場は好調となっています。その流れの中でソフトウエアハウスからSIerへ、あるいは上流のコンサルへと人材シフトが起きています。

同時にDXを推進する企業での需要がさらに高まっており、IT業界からユーザ企業への人材シフトも増加がみられます。また、先にご紹介した先端技術はまだユーザ企業だけで賄うことは簡単ではありませんので、該当スキルを持った人材確保が急務となっています。
参考:情報処理推進機構 デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進に向けた企業とIT人材の実態調査
参考:リクルートエージェント 「転職市場の展望[2020年版]
参考:リクルートエージェント 「【IT通信業界】2021年転職市場の展望

先端IT技術の知識を高めて、市場に求められるDX人材になりましょう

opportunity

DXではデジタルビジネスにより、これまでの時間的・距離的制限を受けない新しいビジネス形態が生まれていきます。そのため先端IT技術の活用はさらに新しい市場を創出していきます。先端IT技術の領域はそれぞれ高い専門性が必要となります。自身の適性に応じて、より市場価値を高められるテクノロジー領域のスキルアップを実践していきましょう。

Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
友達追加はこちらから!
アンドエンジニア編集部
Sponsored
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
友達追加はこちらから!
アンドエンジニア編集部
Sponsored