HTML5の廃止の影響は?知識を無駄にしない仕様変遷を紹介!
HTML5
HTML5の廃止の影響は?知識を無駄にしない仕様変遷を紹介!
プログラミング言語
アンドエンジニア編集部
2021.11.08
この記事でわかること
W3Cが規格勧告したHTML5は、2021年1月28日に廃止されました
以降はWHATWGが規格策定するHTML Living Standardに仕様が一本化します
WHATWGではHTML Living Standardの仕様はHTML5であると説明しており、今後も仕様改訂がされていきます

HTML関連記事

HTML5が廃止とは?

HTML5

HTML5は2021年1月28日に廃止されました。この記事を見てドキッとした人もいるのではないでしょうか。廃止の影響があるのか?あるいは今後も使えるのか?と、大変気になります。HTML5の廃止により、今後の影響がどうなるのか心配な人向けに、解説を行っていきます。

HTML5の仕様策定は?

HTML5とは、ハイパーテキスト記述言語(HyperText Markup Language)5回目の改訂版を指します。HTMLの仕様はWeb Hypertext Application Technology Working Group(WHATWG)が策定し、World Wide Web Consortium(W3C)で勧告されています。 参考:WHATWG HTML Living Standard

HTML 5.1以降はHTML Living Standardに基づいており、現在最新の仕様はHTML 5.2を勧告後、HTML Living Standardに統合され仕様統一されています。

HTMLの仕様改訂の歴史は?

HTMLは5回の仕様改訂を重ね、現在のHTML5になっています。以下はオリジナル版からの仕様バージョンの変遷です。

オリジナルHTML  1989年CERNで考案され、1990年にコードが開発されました。 ・HTML 1.0  1993年IETFによりオリジナルHTMLに従い、仕様化されました。 ・HTML 2.0  1995年IETFにより、RFC1866後にRFC2854として仕様化されました。  以降のバージョンはW3Cが管理することになりました。 ・HTML 3.2  1997年W3C勧告により仕様化されました。 ・HTML 4.0、4.01  それぞれ1997年・2018年W3C勧告により仕様化されました。 ・HTML 5.0、5.1、5.2  それぞれ2014年・2016年・2017年W3C勧告により仕様化されました。 参考:W3C Hypertext Markup Language (HTML) 参考:ITEF Hypertext Markup Language - 2.0 参考:W3C HTML 3.2 Reference Specification 参考:W3C HTML 4.0 Specification 参考:W3C HTML 4.01 Specification 参考:W3C HTML5

上記の通り、オリジナルHTMLからHTML 4.01までは定期的に仕様が改定しています。しかしながら、HTML 4.0からHTML5までは7年経過しています。W3CはHTMLの仕様変更を望まなかったため、その間2004年にWHATWG開発と仕様化を進めました。

WHATWGとは?

WHATWGとは、Web Hypertext Application Technology Working Groupの略です。WHATWGはアップル社・Mozilla Foundation・オペラソフトウェア社が設立したコミュニティで、開発ベンダ視点でHTMLを改善する活動を行っています。

2007年からはアップル社・グーグル社・マイクロソフト社・Mozilla社が共同運営しており、ウェブブラウザに実装する技術の標準化作業を担当しています。 参考:Welcome to the WHATWG community

HTML Living Standardとは?

HTML Living Standardとは、WHATWGによって策定されたHTMLの規格です。W3CのHTML5は2021年1月28日に廃止されたので、HTML Living Standardが唯一の標準規格となります。 参考:HTML Living Standard — Last Updated 1 October 2021

W3CとWHATWGの合意事項は?

これまでの仕様一元化の流れをおさらいします。

W3CがHTML5でWHATWGと異なる仕様を盛り込んだことや、開発者寄りではない仕様化を進めたために、両団体の仕様がそれぞれ存在することになりました。これを解消するため、ウェブブラウザ開発ベンダが中心となり立ち上げられたWHATWGのHTML Living StandardがHTMLの標準規格として存続することになりました。

両団体は2019年5月、仕様を統合し単一化することに合意し発表しました。合わせて利用者・開発者の視点に立ったオープンウェブプラットフォームに向けた活動を行うことを表明しました。 参考:W3C AND THE WHATWG SIGNED AN AGREEMENT TO COLLABORATE ON A SINGLE VERSION OF HTML AND DOM 参考:W3C AND WHATWG TO WORK TOGETHER TO ADVANCE THE OPEN WEB PLATFORM

HTML5の言語仕様は?

Specification

HTML5のベースとなっているHTMLは、ハイパーテキスト記述言語です。ハイパーテキストとは、複数の文書を相互参照するためのリンク(ハイパーリンク)機能を有する仕組みを指します。

ハイパーテキストはWeb(World Wide Web)を始めとするウェブ系システムで標準利用されています。

現在、2021年1月にWHATWGのHTML Living StandardがW3Cによって勧告されており、ダブルスタンダードが廃止されたことで統一化がなされました。HTML Living Standardの仕様ドキュメントを見るとHTML Living Standardは一言で言うとHTML5である、と説明しています。

つまり、HTML Living StandardはHTML5の代替規格ではなく、「広義のHTML5である」と言えます。

HTML5とHTML4のそもそもの違い

HTMLは従来コンテンツの構造と見栄えを合わせて指定できましたが、現在は文書構造をHTMLが担当し、見栄えをCSSが担当することで役割を分離しました。

HTML4ではこれまで同様文書構造を表すために利用されていたものの、ウェブサイトの高機能化によりリッチウェブアプリケーションとして用いられることが増えました。そこでHTML5はHTML4と後方互換性を維持しながら、文字エンコーディング・DOCTYPE・言語要素・マルチメディアコンテンツ用言語要素の多くの機能改善が図られています。詳細はW3Cのドキュメントで定義されています。 参考:W3C HTML5 Differences from HTML4 参考:W3C HTML5 における HTML4 からの変更点

HTML5とHTML Living Standardの違い

これまでにHTML Living StandardはHTML5である、と言いましたが、実はHTML5.2と比べるといくつかの違いはあります。HTML Living Standardは日々改訂されているため、最新の仕様は公式サイトで確認してください。

公式サイト以外でもMozillaのデベロッパーサイトではタグで用いる要素や属性が、どの仕様に基づいているのか教えてくれます。MozillaはWHATWGの設立メンバーですので正確な情報が得られます。 参考:MDN Web Docs HTML: HyperText Markup Language

HTML5以前含めて、HTML Living Standardで廃止または非推奨となっている要素はMozillaデベロッパーサイトで一覧公開されています。 参考:HTML 要素リファレンス 廃止または非推奨の要素

Mozillaデベロッパーサイトに掲載されているタグで用いる要素の中で2021年10月現在、廃止または非推奨となっている要素を分類してみました。代替の要素あるいは回避策も記載しましたので、参考にしてください。

HTML Living Standardで仕様化された要素  <hgroup>→アウトラインアルゴリズムは実装されておらず、影響なし ・HTML 5.2の仕様に基づく要素  <applet>→<object>で代替  <rtc>→<rt>で代替 ・HTML 5.1の仕様に基づく要素  <keygen>→ほとんどブラウザで実装されていないため影響なし  <menuitem>→<input>で代替 ・HTML 5.0の仕様に基づく要素  <noframes>→<iframe>を推奨  <rb>→<rt>で代替  <tt>→ <code> <kbd> <samp><var>あるいは<pre>を使用 ・HTML 4.01の仕様に基づく要素  <acronym>→<abbr>で代替  <big>→CSSプロパティのfont-sizeで代替  <frame><frameset>→<iframe>を推奨  <noembed>→<object>を使用 ・HTML 3.2の仕様に基づく要素  <basefont>→<font><font-family><font-size><color>で代替  <center>→CSSプロパティのtext-align・margin-left・margin-rightで代替  <dir>→<ul>で代替  <font>→CSSのFontを使用  <strike>→<del><s>で代替 ・HTML 2.0の仕様に基づく要素  <xmp>→<pre>や<code>の使用 ・HTML 1.0の仕様に基づく要素  <plaintext>→<pre>や<code>の使用 ・DOMの仕様  <marquee>→後方互換性維持のため現状動作します ・IEのみで使用  <bgsound>→<audio>で代替 ・Netscape Navigatorのみで使用  <nobr>→CSSプロパティのwhite-spaceで実装 ・仕様外の要素  <blink>→CSSコード記述で代替  <content>→DOMの<slot>で代替  <image>→<img>で代替  <shadow>→ほとんどのブラウザで実装されていないため影響なし  <spacer>→CSSで代替

HTML5廃止は仕様統一の始まり、しっかりと最新仕様を理解しましょう

Next Step

HTML5の廃止はこれまでの仕様策定の混乱を抑えるために、W3CとWHATWGが合意の上でHTML Living Standardに仕様を一本化しました。WHATWGは「HTML Living StandardはHTML5である」と説明しており、すでにHTML5の認知がされているために今後もHTML5と呼ばれることが多いでしょう。

HTML Living Standardは頻繁に仕様改訂を行っていくため、開発者としてはしっかりと仕様を理解することをおすすめします。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT