Swift Playgroundsでできることは?概要と学び方
Swift Playgrounds
Swift Playgroundsでできることは?概要と学び方
アンドエンジニア編集部
2021.09.14
この記事でわかること
Swift Playgroundsとは、Apple社の開発したSwiftをインタラクティブに学ぶアプリです
iPadがあれば学習目的の利用から、実際に動作するコード作成まで簡単に行うことができます
Swift Playgroundsの対象年齢は幅広く、小学校低学年から大人までカバーします

Swift Playgroundsとは?

Swift Playgrounds

Swift Playgroundsとは、Apple社の開発したSwiftをインタラクティブに学ぶアプリです。Swift Playgroundsの「Playground」は「遊び場」を意味します。Swift Playgroundsは、iPad用Mac用が提供されています。

Swift Playgroundsではパズルを解きながらコードを学んでいき、書いたコードでロボットやドローンを動かすことも可能です。 参考:Apple Swift Playgrounds

Swiftとは

SwiftとはApple社が開発したプログラミング言語で、iOS・Mac・Apple TV・Apple Watch向けのアプリを開発するプログラミング言語です。開発環境としては、AppleのiOSおよびmacOS・Linux・Windowsが利用可能です。 参考:Apple Swift

Swiftで開発できることは?

Swiftは、iOS・Mac・Apple TV・Apple Watch向けのアプリ開発のプログラミング言語です。Swiftでできることは、以下のApple製品で動作するアプリ開発です。

iOS向けのアプリ開発  Apple社のiPhoneおよびiPadで動作するアプリ開発に利用できます。 ・Mac向けのアプリ開発  Apple社のMac Pro・MacBook Pro等のMac製品で動作するアプリ開発に利用できます。 ・Apple TV向けのアプリ開発  Apple社のApple TVで動作するアプリ開発に利用できます。 ・Apple Watch向けのアプリ開発  Apple社のApple Watchで動作するアプリ開発に利用できます。

その他にもSwiftは自社製品用アプリ開発に加えて、Objective-Cの置換言語として汎用プログラムの開発用途としても利用することができます。

Swift Playgroundsの特徴とできることは?

Swift Playgroundsの特徴は、iPadでSwiftプログラミング言語によるアプリ開発ができることです。つまりiPadの画面操作だけでアプリ作成できることが特徴です。

Swift Playgroundsでできることは、以下のことが挙げられます。 ・SwiftをiPad上でアプリ作成すること  特別な開発環境なしにアプリ開発・アプリ作成が可能です。 ・作品画面を家族やクラスで共有すること  家族の作品共有や授業の学習成果をクラスで共有することができます。 ・作成したゲームやアプリを実行すること  実際に作成したゲームやアプリをiPadでそのまま実行可能です。 ・遊び場でロボット、楽器、ドローンプログラムを使って操作すること  接続可能なロボット、楽器、ドローンが多数そろえられています。  Swift Playgroundsでアプリ作成したらそのまま操作が可能です。 ・作成したコードをメールやメッセージ、AirDropを使って公開すること  iPadの機能を使ってコードの共有や公開がすぐに行えます。 ・公式学習コンテンツを見て学ぶこと  Swift Playgroundsの豊富な学習コンテンツを見てコード作成を深く学ぶことができます。

Swift PlaygroundsのiPad版とMac版の違い

元来Mac版のXcode(無料)にはMac版のSwift Playground(最後のsがない)が含まれており、iPad版と異なりSwift Playgroundは遊びの要素がありませんでした。

iPad版のSwift Playgroundsは文字通り遊び場をイメージしており、ゲーム感覚でアプリ作成を行っていきます。そのため、より学習コンテンツとしての要素が強い仕上がりとなっています。その後2020年より念願のMacOS用のSwift Playgroundsが提供されて、現在はiPad版を移植したものとして同等の機能が提供されています。

Swift Playgroundsのアプリ作成方法

usage

Swift Playgroundsのアプリ作成方法は簡単で、iPadの画面操作だけでプログラムが作成できます。

Swift Playgroundsの対象年齢は小学校低学年からの利用を想定しており、簡単なミッションを設定してクリアすることで理解を深めていきます。ゲーム感覚でアプリが作成できますので、4-5歳でも操作できるように工夫されています。

Swift Playgroundsでどこまでアプリを作れるか、どこまで教育に使えるか、どこまで独学が可能か等のご心配は無用です。小学校低学年から操作できるレベルなため、教育用途にも活用できますし独学の教材としても最適です。初心者の入門レベルとして使うことや本格的なアプリ開発まで対応できるため、大人の方にも最適です。

Swift Playgroundsで学ぶSwiftのアプリ開発

Swiftはモダンプログラミング言語の多くを参考に開発されました。Swift Playgroundsで学ぶSwiftのアプリ開発はそこまで難しいわけではありません。Apple社のダウンロードサイトでは、対象年齢を”12歳から112歳までこれからプログラミングを始める方にピッタリ”と説明しています。

また、Swift PlaygroundsではiPadだけでSwiftプログラミング言語を学ぶことができるため、さらに簡単にSwiftのプログラム作成ができるようになります。 参考:Apple Swift Developer

Swift Playgroundsで学ぶSwiftの基本コード

Swift Playgroundsでは基本コードを、「コマンド」「変数」「関数」「演算子」「ループ」「」「パラメータ」「初期化」「条件分岐コード」「バグ修正」の10項目に分類しています。Swift Playgroundsの基本コードのコンセプトはレベルに応じてコードを学ぼう」の中で学んでいきます。

Swift Playgroundsを使った学習方法

Swift Playgroundsを使った学習方法は、Swift Playgroundsのヘルプを利用することです。ヘルプでは豊富な使い方と説明が記載されています。Swift Playgroundsを使ってプレイグラウンドを攻略していきましょう。

コードを学ぼう1」は基本レベルのレッスンです。設定されているステージをクリアすることで、コマンド・関数・forループ・条件分岐・論理演算子・whileループ・アルゴリズムを学んでいきます。 「コードを学ぼう2」は中級レベルのレッスンです。ここでは、上位の変数・型・初期化・パラメータ・配列等を学んでいきます。 さらに、上級レベルの「コードを学ぼう3」ではこれまでの振り返りとさらに高度な使い方を学びます。

その他に、チャレンジテンプレートも活用しながらSwiftの学習を進めていきます。また、Swiftの学習を総合的に行う場合は、入門ガイドや関連書籍を利用するのが良いでしょう。

以下にガイドと学習書を挙げておきます。 ・Apple社の入門ガイドを活用する 「Swiftによるアプリケーション開発:入門編 Xcode 10」は、Apple社のSwift公式入門書です。基礎からしっかり学ぶことができ、本書はApple Booksから入手します。 参考:Swiftによるアプリケーション開発:入門編 Xcode 10

Apple社のSwift Playgroundsの学習書を活用する Apple社ではApple Booksで関連書籍の日本語版を発行しており、以下の電子書籍がダウンロード可能です。 「Develop in Swift探究:教師用ガイド Xcode 11」 「Swift Playgrounds: コードを学ぼう1&2 教師用ガイド」 「Swift Playgrounds: コードを学ぼう3 教師用ガイド」 「Everyone Can Codeパズル:生徒用ガイド」 「Everyone Can Codeパズル:教師用ガイド」 「Everyone Can Code冒険」 参考:Swiftによるアプリケーション開発:入門編 Apple Educationの他のブック

Swiftは学校向け教材として利用されているため、教材や関連情報もダウンロードできます。学校で取り扱う入門レベルの情報が多数掲載されています。 参考:Apple 教育 - 小中高等学校 コードを教える

Swiftについてより深く学習するには?

ここまでのSwift Playgrounds活用方法で、すでに入門程度の理解が進んでいるはずです。Swiftの中級や上級レベルを挑戦するには、公式サイトのドキュメントやコミュニティから情報を入手しましょう。英語の情報が中心ですが情報が整備されています。

公式デベロッパサイトを確認する Apple公式デベロッパサイトではSwiftの概要から開発ドキュメントやサンプルコードが提供されています。WWDCの字幕入りビデオ教材も掲載されています。 参考:Apple Swift Developer 参考:Apple Swift Development Resources

コミュニティに参加する Swiftはオープンソース化に伴いコミュニティサイトに広範な情報が提供されています。 参考:Welcome to Swift.org

Swift Playgroundsは入門者から気軽に使える学習アプリ

easy to learn

SwiftはApple社が開発した自社製品向けアプリ開発のプログラミング言語で、オープンソース化により汎用プログラミングの用途としても利用が始まっています。さらに、Swift Playgroundsは誰でもSwiftを学習できるアプリです。

小学生から大人まで、学びに年齢は関係ありません。気軽にSwiftの言語学習を始められるので、初心者から上級者まで1度遊び場を訪れて試してみるのはいかがでしょうか。

Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
現場社員のリアルな声を「生配信」にてお届けいたします!
Sky株式会社
Sponsored