JavaScriptの用途やできることを初心者向けに紹介!
computer
JavaScriptの用途やできることを初心者向けに紹介!
プログラミング言語
アンドエンジニア編集部
2021.09.17
この記事でわかること
JavaScriptの用途は「Webサイトに動きを付ける」「サーバーサイドの開発」「非同期通信の開発」「スマホアプリの開発」など
JavaScriptはスクリプト言語でありコンパイルが不要
JavaScriptとJavaは名称が似ているが全く異なるプログラミング言語

JavaScriptの用途・できること

office

JavaScriptが誕生したのは1990年代で、Netscape Navigatorというブラウザ専用に開発され、当初の名称は「LiveScript」でした。この時期にJavaというプログラミング言語がトレンドであったため、LiveScriptは「JavaScript」と改名されました。

JavaScriptとは、主にWebサイトを動的に表示するためのブラウザ上で稼働するプログラミング言語を指します。WebサイトはHTMLやCSSを使用すれば、作成することが可能です。しかしJavaScriptを使用すれば、Webサイトに動きを付けられるなどできることの幅が広がります。 ここでは、JavaScriptの用途・できることについて詳しく紹介します。

Webサイトに動きを付ける

JavaScriptは、主にWebサイトに動きを付けるために開発されたプログラミング言語です。JavaScript以外にWebサイトに動きを付けられる言語はないため、希少価値が高いプログラミング言語と言えます。また、近年ではNode.jsが登場し、サーバーサイド開発でもJavaScriptが使用されています。サーバーサイド開発ができるようになったため、フロントエンドもサーバーサイドもJavaScriptで開発することが可能です。

イベント処理

イベントとは、ボタンのクリック・入力欄へ電話番号を入力・チェックボックスにチェックを付ける・タブをクリックするなどの行動を意味します。JavaScriptを使用すれば、ボタンをクリックした際にデータベースからデータを取得したり、入力欄に電話番号を入力したら「入力した電話番号は既に利用されています。」とポップアップ表示させたりすることを瞬時に行うことが可能です。

スマホアプリの開発

JavaScriptはスマホアプリを開発することもできます。一般的にスマホアプリは、iOSやAndroidなど各OSに対して適したプログラミング言語で開発する必要があります。しかしJavaScriptとHTMLを使用すれば、OSに依存することなくスマホアプリを開発することが可能です。

非同期通信の開発

非同期通信とは、Webサイトを更新しなくても表示内容を更新できることを意味します。この非同期通信もJavaScriptでできることの1つです。例えばGoogle Mapでは何度も更新しなくても、フォーカスする位置を変えるだけで新しいデータを表示させることが可能です。

近年ではWebサイトを訪れるユーザーは、ページの読み込み時間にストレスを感じやすい言われており、表示するまでにかかる時間が長いほどWebサイトから離脱する可能性は高くなります。そのため非同期通信は、ユーザー体験を高めるために重要な要素と言えるでしょう。

JavaScriptについて入門者・初心者向けに解説

woman

JavaScriptの用途・できることについては理解できたでしょうか。ここでは、JavaScriptの概要や特徴についてプログラミング入門者や初心者向けに紹介します。

JavaScriptの特徴

JavaScriptは初心者でも習得しやすいシンプルな文法が特徴です。またJavaScriptは世界中で使用されている言語でもあるため、コミュニティが充実しています。JavaScriptを使用するエンジニアは成長しやすい環境が整備されていると言えるでしょう。2021年8月のTIOBEインデックスのプログラミング言語の人気ランキングによると、JavaScriptは7位に位置しています。 ( 参考:https://www.tiobe.com/tiobe-index/

また、JavaScriptはフレームワークやライブラリが充実していることも特徴です。これらを活用すれば、開発効率の向上が期待できます。さらに、フロントエンドからサーバーサイドまで開発ができるようになったため、管理が行いやすいという特徴もあります。

スクリプトとは

プログラミング言語は、コンパイルが必要かどうかで大きく2つに分類できます。スクリプト言語とは、コンパイルが不要なプログラミング言語のことです。もう1つはコンパイラ言語であり、代表的なプログラミング言語はJavaやC言語です。 一方スクリプト言語の代表例として、JavaScript・PHP・Pythonなどが挙げられます。なおスクリプトとは、IT用語では簡易的なコンピュータプログラムを指します。スクリプトはプログラムを実行するときに、自動でコンパイルされるため、ソースコードを記述する方はコンパイル作業を気にする必要はありません。

スクリプト言語はコンパイル不要なため、ソースコードの修正や更新を簡単に行うことができるというメリットがあります。一方プログラムを実行するときに、その都度コンパイルしているため、処理速度が遅くなるというデメリットもあります。Web業界では処理速度よりも開発スピードが重視されるため、スクリプト言語が使用されることが多いです。

JavaScriptとJavaの違い 

JavaScriptとJavaは名称が似ていますが、これらの2つの言語は全く異なるプログラミング言語です。ここでは、JavaScriptとJavaの違いについて紹介します。

まず変数の処理の観点からみると、JavaScriptは動的であるのに対して、Javaは静的です。また、JavaScriptはWebサイトに動きを受けることが主な目的ですが、Javaはどのようなハードウェアでも動作することが目的とされており、大規模システムの開発によく使用されています。 このように、JavaScriptとJavaは全く異なるプログラミング言語であるため、それぞれの違いの理解を深めておくことが大切です。

JavaScriptの勉強方法(入門者・初心者向け)

mockup

JavaScriptの特徴やJavaとの違いは理解できたでしょうか。ここでは、プログラミング入門者や初心者向けにJavaScriptの勉強方法について紹介します。まずはJavaScriptのコード一覧やサンプルコード・実行結果を見て、どのようなことを勉強する必要があるかの大枠を押さえておくことが大切です。

本を活用する

おすすめの勉強方法の1つとして、まず本を活用してJavaScriptを学習するのが挙げられます。JavaScriptの最新のコードが記載されていることが重要なため、できる限り最新の本を選択することが大切です。そして本での学習である程度知識を深められたら、ソースコードを書き写すことがスキルを身に付ける近道と言えます。ソースコードを書き写していく中で、文法や仕様について徐々に理解を深めることが可能です。 ここからは具体的なおすすめの本について紹介します。

1.確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版 本書はJavaScriptの勉強をこれから始める方や、これまでに挫折したことがある方におすすめの本です。実際に手を動かしながら学習できるため、知識だけではなく実務で役立つスキルを身に付けることができます。実務に活かせるサンプルを集めているため、モチベーションを維持しながら学習できるのが特徴です。 また本書ではつまずきやすい部分を徹底解説しているため、挫折しない仕組みを作り上げています。

2.スラスラわかるJavaScript 本書はJavaScriptの知識が全くない入門者を対象とした本です。この本を読めば、JavaScriptの基礎知識・基本文法・基本テクニックなどのスキルを身に付けることが可能です。最後にはJavaScriptのプログラムを自分の力で作成できるようになります。 以上から、本書は初めてプログラミング言語を学習する方や、JavaScriptの基礎固めをしたい方におすすめの本と言えるでしょう。

学習サイトや動画を活用する

学習サイトや動画でJavaScriptを学習するのもおすすめの勉強方法の1つです。近年では、YouTube動画でプログラミング入門者や初心者向けのJavaScriptに関する動画を発信している方も多いため、自分のレベルにあった動画を選べば、コストがかからず効率よく学習することができます。

また学習サイトも数多く登場しており、ドットインストールやProgateを使用すれば、実際に手を動かしながらJavaScriptを勉強することが可能です。ただし、独学なため質問や疑問があったときの対応策を考えておくことも大切です。独学だと途中で挫折してしまう方は、プログラミングスクールに通うことも検討してみましょう。

JavaScriptの用途を理解して市場価値の高いエンジニアを目指そう!

notebook

これまでに、JavaScriptの用途・できること・特徴・Javaとの違い・勉強方法について解説しました。JavaScriptは、主にWebサイトに動きを付けるために使用されるプログラミングですが、近年ではスマホアプリの開発やサーバーサイドの開発にも使用されるようになってきています。

JavaScriptはスクリプト言語の1つであり、コンパイルが不要という特徴があります。またJavaScriptはJavaと名称が似ているため、同様のプログラミング言語と勘違いされる方も少なくありません。しかしJavaScriptとJavaは全く異なるプログラミング言語であるため、注意しましょう。

JavaScriptを勉強するにあたって、本・動画・学習サイトを利用するのがおすすめです。またJavaScriptは勉強すべきことが多いため、自分が将来的に何がしたいのか目的を明確にしてから勉強を始めることが重要と言えます。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT