『ガンバ大阪』からスカウトがくるもプロサッカーを断念・・・酒井潤はなぜ"キャリアチェンジ"したのか
thumb_jyunsakai_01
『ガンバ大阪』からスカウトがくるもプロサッカーを断念・・・酒井潤はなぜ"キャリアチェンジ"したのか
インタビュー・取材
一番ヶ瀬 絵梨子
2022.06.24
この記事でわかること
酒井潤がプロに進まなかったのは、怪我をしたことでサッカー選手以外のキャリアも考え始めたから
サッカー選手時代に教えてもらうことの重要性に気付き、頼る力を身につけたことで人より速く成長できた
今後は次世代に向けた情報発信とQOLを追求した生活をしたい

誰もが憧れる、華やかなプロスポーツ選手。

しかし成功するのはごく一部で、たとえ成功したとしても引退後に苦労するケースが少なくありません。

そのため、スポーツに賭けるかどうかを迷ったり、スポーツの道に進むことを親に反対されたりするアスリートが多いのが現状です。

今回は、Jリーグからのオファーを受けながらもケガでプロを断念し、現在はシリコンバレーでエンジニアとして働く酒井潤さんにインタビュー。エンジニアを選んだ理由やアスリートのセカンドキャリアの考え方についてじっくりお話を伺いました。

img_jyunsakai_01

セカンドキャリアを具体的に考えたのは、大学1年で大ケガをしたときだった

一番ヶ瀬 絵梨子

最初にご経歴からお聞きし、話の中で「エンジニアを選んだ理由」と今回のお題である「アスリートのセカンドキャリア」について伺えればと思います。

酒井さん

わかりました。エンジニアになるまでが結構長いですが・・・笑。

一番ヶ瀬 絵梨子

よろしくお願いします!まずは、サッカーを始めてから、引退するまでの流れを教えていただけますか?

酒井さん

出身地の千葉はサッカーが盛んだったので、小学生のときになんとなく始めた感じですね。

高校、大学へはスポーツ推薦で進学しました。

一番ヶ瀬 絵梨子

ケガ等で挫折するリスクを想定して、スポーツ推薦での進学に反対される親御さんもいると聞きます。

酒井さんのご家庭はどうでしたか?

酒井さん

母親は好きなようにすればいいという感じでしたが、公務員だった父親は反対でしたね。

高校は偏差値の高い渋幕(渋谷教育学園幕張高等学校)に自宅から通えるということで、なんとか許してもらったという感じです。大学に入ってからも、「サッカーはいつやめるんだ」と言われていました。

img_jyunsakai_02
大学全日本代表として国際大会で活躍していた酒井さん
一番ヶ瀬 絵梨子

全日本に選ばれるレベルのアスリートの親御さんでも、将来を心配されるんですね。

酒井さん自身はサッカー漬けの生活だったかと思いますが、セカンドキャリアについて考えることはありましたか?

酒井さん

大学1年生のときに、膝の靭帯断裂する大ケガをして…。セカンドキャリアを具体的に考え始めたのはその頃からですね。

不動産の営業、大学で図書館司書の資格を取る、大型免許を取ってトラック運転手になるなど、かなり考えました。

一番ヶ瀬 絵梨子

そのケガからは、復帰されたんですよね?

酒井さん

はい。復帰後に、大学全日本にも選ばれましたし、Jリーグからのオファーもありました

なので、いったんプロに進むという選択肢もあったのですが、大学まででサッカーを辞める決断をしたんです。

一番ヶ瀬 絵梨子

オファーがあるということは、可能性があると判断できますよね?そこに賭けようとは思わなかったのでしょうか?

酒井さん

ケガ以降、思い通りのプレーができていない実感があったんです。大学日本代表として国際大会に出場した際、対戦相手のイタリアにいたアントニオ・カッサーノの身体能力にも衝撃を受けました。

自分はプロにはなれるだろうけど、大成しないだろうと感じたのでオファーを断ったんです。

酒井さん

ケガさえなければプロに進んでいたでしょうけどね。今あらためて想像してみても、ケガがなければオファーを受けただろうと思います。

一番ヶ瀬 絵梨子

プロへの道が開けているだけに、苦渋の決断ですね。

その後、大学を卒業して大学院へ進学されたと伺っていますが、同志社大学の体育会系サッカー部なら、営業職などで大手企業に行く方も多かったのではないですか?

酒井さん

当時は同志社のスポーツ推薦では神学部しか選べなかったんですが、神学部では商学部や経済学部学生には勝てないだろう、サッカーしかできない人間ではダメだろう、と考えたんです。

それで教授にも相談して大学院に、という結論になりました。 

「これからは英語とIT」、教授のアドバイスで北陸先端科学技術大学院へ

一番ヶ瀬 絵梨子

セカンドキャリアではサッカー以外の道へ進もう、と考えたときに、IT系に進まれたのはどうしてでしょう?

しかも大学院となると、ハードルが高いと感じてしまいそうです。

酒井さん

神学部の教授が、「これからは英語とITだ」とアドバイスしてくれたんです。

もともと数学だけは得意だったのですが、調べてみると数学とIT(情報系)の親和性は高そうだったし、文系でも受けられる大学院もあるようだったので目指すことにしました。

一番ヶ瀬 絵梨子

目指すといっても、どうやって…?

酒井さん

興味のある大学院の教授を訪ねて、学生さんを紹介してもらいました。ゼミの雰囲気もわかるし、受験の情報をもらったり、受験に必要な研究発表のアドバイスをもらったり…。

文系でも受験できるとはいえ、研究発表となるとさすがに短期間の独学では厳しいですからね。 

img_jyunsakai_03
酒井さんはYouTubeなどで、自分の知見を積極的に発信している
一番ヶ瀬 絵梨子

知らない環境に飛び込んでいく行動力、すごいですね。

30〜40代ならともかく、20代前半で積極的に目上の人に頼るという発想にはならないと思うのですが、何かきっかけがあったんでしょうか。 

酒井さん

サッカー少年時代の経験が大きいと思います。

同じレベルの同級生とサッカーしてるより、上級生とやるほうが上達が早いじゃないですか。先輩に混じって、教えてもらったり情報をもらったりするほうが得だということに、早い段階で気づけていたんです。それはとてもラッキーなことだったと思っています。

一番ヶ瀬 絵梨子

物怖じしない性格だったんですか?

酒井さん

子ども時代はそんなに積極的なタイプでもなかったと思います。

でもなぜか、そういうのは平気でしたね。たまに断られても凹まなかったし。

一番ヶ瀬 絵梨子

年上の方との交流に抵抗感がないんですね。小さい頃の周囲の環境も関係しているのでしょうか?

酒井さん

5歳上の姉がいたこともあり、姉の友達にもよくかわいがってもらっていました。

年上の人に対しては「よくしてくれる相手」というポジティブなイメージを持っていたのかもしれません。

一番ヶ瀬 絵梨子

実際に大学院に入られて、いかがでしたか?サッカー漬けの生活からインドアな研究室生活、大きな変化ですよね。

酒井さん

全然違いました。生活がインドアなだけではなく、性格が内向的な人も多くて。隣の席にいるのにメッセンジャーで話しかけられたり……。

サッカーをやっていた自分はどうしても「キラキラした人」と見られますしね。でも、こちらが彼らが好きな趣味とかに興味を持つと、めちゃめちゃ親切にしてくれたし、すぐに仲良くなれました。

一番ヶ瀬 絵梨子

自分が好きなことに興味を持ってくれると嬉しいですもんね。同じ趣味にハマれましたか?

酒井さん

趣味としてはそこまでハマれませんでしたが、一緒に過ごして話を聞くのは楽しかったですよ。

これぞと思う対象にのめり込むスイッチは、アスリートに共通する面もあるなと思いました。

一番ヶ瀬 絵梨子

意外な共通点!サッカーは、趣味で続けられたんでしょうか?

酒井さん

1年目はとにかく勉強で、サッカーどころか気分転換するヒマもなかったです。

研究室に寝袋を持ち込んで、3〜4時間睡眠で。人生、あんなに勉強した時間はなかったと思います。

一番ヶ瀬 絵梨子

アスリートだったことは、必死に勉強するうえで役に立ちましたか?

酒井さん

普通の人は、疲れると休みますよね。

でもアスリートって、「つらいけど、まだがんばれる。あとちょっとがんばったら、限界を超えられる!」というマインドなんです。あの状況で勉強をがんばれたのは、サッカーで培われたマインドがあったからだと思います。

酒井さん

スポーツをしていて人より体力があるというのも大きかったですね。人の倍勉強する体力があったので、入学時の差はだんだん縮まっていきました。 

img_jyunsakai_04
北陸先端科学技術大学院の先輩や後輩学生たちがシリコンバレーに訪ねてくることもある

NTTドコモに就職するも、2年でIT世界最先端のシリコンバレーへ。

一番ヶ瀬 絵梨子

大学院卒業後、就職されたのはNTTドコモですね。サッカーは関係なく、一大学院生として就職されたんでしょうか?

酒井さん

そうです。

ただ、大学まで本格的にサッカーをやっていたというキャリアを人事の方が気に入ってくださったのは事実なので、サッカーがまったく無関係だったわけでもありませんが。

一番ヶ瀬 絵梨子

ドコモに入社ってすごいですね。成績優秀だったんですか?

酒井さん

自分が勉強を始めたのは大学院に入ってからなので、もっと優秀な人はたくさんいました。

でも、単位の取り方やテストの情報を集めるのは得意だったので、成績という意味ではけっこういい方でしたね。

一番ヶ瀬 絵梨子

常に情報収集なんですね、さすが!でも、2年ほどで退職されていますよね。最初から独立は視野に入っていたんでしょうか?

酒井さん

ドコモでは最初からプロジェクトマネージャー的な立ち位置を求められたのですが、そもそもそれが自分のやりたいこととは違っていたんですよね。

酒井さん

プログラミングや環境構築といった仕事でエンジニアとしてスキルアップしたかったので、上司に頼んで協力会社のプロジェクトチームに入れてもらいました。

でもやっぱり、「いつまでやってるんだ」と言われますし。早すぎる転職は不利になるので2年は勤めるつもりでしたが、転職は早い段階から視野に入れていました。

img_jyunsakai_05
シリコンバレーで暮らし始めて、すでに15年以上になる。
一番ヶ瀬 絵梨子

でも、そこでなぜ海外に?

酒井さん

アメリカや台湾の会社との共同プロジェクトにいたとき、ドコモだけが通訳付きだったんです。しかも、ITの専門家ではない通訳さんが誤訳しても誰も気付かない。

日本は英語やITのレベルが低いことへの危機感が薄いと感じ、海外へ行こうと思ったんです。

一番ヶ瀬 絵梨子

それで、ハワイで起業を?

酒井さん

ビザのためでもありましたが、株式会社を作りたいという狙いもありました。

起業しても、“株式会社の社長”でないと経営者として相手にされないからです。でも当時の日本は株式会社を作るのに資本金1000万円が必要だったので、ハワイで株式会社を立ち上げ(約10万円)、日本支社を作るという形にしました。

一番ヶ瀬 絵梨子

その発想は斬新ですね!

酒井さん

起業をお手伝いしてくださった代理人の方に経営者の方々を紹介していただいたんですが、みなさん面白がって、かわいがってくださいましたよ。

40代の今だとまた違うでしょうが、当時は20代だったこともあって、いろんなアドバイスをくださいました。

一番ヶ瀬 絵梨子

先輩にお話を聞く姿勢、ここでも健在ですね。

そういえば神学部の教授のアドバイスは「英語とIT」でしたね。シリコンバレーの会社に就職を決めた時点では、どれくらいの英語力だったんでしょうか?

酒井さん

TOEICで500点くらいです。

一番ヶ瀬 絵梨子

え、500点!?それでシリコンバレーで働けるんですか?

酒井さん

さすがに現地法人では厳しいです。英語力が足りないので、シリコンバレーにある日本法人に絞って転職活動をしていました。

社長が日本人で、日本人スタッフのいる職場です。日本にいるより、さっさとアメリカに渡って英語を磨くほうが効率がいいと判断したんです。

一番ヶ瀬 絵梨子

転職を経て、今は永住権(グリーンカード)をもっていらっしゃるんですよね。永住権の取得は、難しいのですか?

酒井さん

日本人は不法滞在も少なく信頼されているので、就労ビザさえ取れれば、永住権は比較的取りやすいですよ。 

情報不足で諦めてほしくない――次世代に向けて発信する理由

img_jyunsakai_06
2022年6月現在、酒井さんのYouTubeはチャンネル登録者数2.94万人
一番ヶ瀬 絵梨子

酒井さんは『シリコンバレー発 スキルの掛け算で年収が増える 複業の思考法』の本も出版され、YouTube発信やUdemyの講師もされていますよね。

エンジニアとして働くだけでなく、発信に注力されている理由はあるんですか?

酒井さん

自分はもともと、エンジニアになりたかったわけではありません。サッカーからキャリアチェンジするにあたり、自分にできそうな稼げる道を選んだ結果です。

いまはアメリカで給与ランキング4位のSplunk Inc(スプランク)に勤めていますが、自分としてはエンジニアとしてのキャリアに満足している部分があるんです。 

酒井さん

エンジニアとしてもっと高みを目指すなら、GoogleやAppleに転職するために努力すればいいし、やろうと思えばできる自信もあります。

でも、そのために時間を割くよりも、海外を目指す次世代に向けて発信したいんですよ。

一番ヶ瀬 絵梨子

そういえば、ハワイに移住されるとか。エンジニアは続けられるんですか?

酒井さん

フルリモートで続ける予定です。

エンジニアとして上を目指すならシリコンバレーにいるほうがいいのですが、さっきも言ったように、エンジニアのキャリアにはある程度満足したし、生活のために必死で働く必要がないくらいには余裕ができました。

ハワイでエンジニアをしながら、QOLも追求した生活をしたいなと思っています。

img_jyunsakai_07

【取材後記】

文武両道の華やかなキャリアを築いている酒井さん。

お話を聞いていると、人生の岐路に立つたびに徹底的に情報収集して"ちょっと難しい道"を選び、スキルが伸びやすい環境に身をおく努力をされてきたことがよくわかります。

堅実さと挑戦のバランスの良さが、現在の成功につながっているように感じました。

後編では「アスリートとエンジニアの親和性」についても語っていただきます。公開をお楽しみに!

【関連リンク】

公式サイト:https://sakaijunsoccer.appspot.com/

Udemy:https://www.udemy.com/user/jun-sakai/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCqRPKFts1Puj6Wn7U4e3ppA

ライター

一番ヶ瀬 絵梨子
心理学科卒業後、新卒未経験でSI企業に就職し、Java系のSEとして10年。 結婚出産を経て、2015年にトラベルライターに転身。 現在はMONOLISIX株式会社COOとしてweb編集やマーケティング業務にも携わっている。 新婚旅行では1年かけて世界50ヶ国を巡るほどの旅行好き。 日々の晩酌が何よりの楽しみ。
一番ヶ瀬 絵梨子の記事一覧を見る
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

はじめて転職される方へ
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT