SQL Server Expressのインストール手順を徹底解説!
thumb_sqlserverexpress_01
SQL Server Expressのインストール手順を徹底解説!
アンドエンジニア編集部
2022.01.19
この記事でわかること
SQL Serverはマイクロソフト社が開発したRDBMSであり、Windows環境で使われています
SQL Server ExpressとはSQL Serverの無償版を指し、主にデスクトップ・ウェブ・小規模サーバ向けのエディションです
インストールは簡単ですぐに利用可能となり、おすすめのRDBMSです

SQL Server Expressとは?

img_sqlserverexpress_01

SQL Server Expressとは、SQL Serverの無償版(無料エディション)を指します。SQL Serverの機能や拡張性に制限を設けて無償提供しており、最新版はSQL Server 2019 Expressです。 参考:SQL Server 2019

SQL Serverは、マイクロソフト社が開発したリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を指します。SQL Server Expressは、主にデスクトップ・ウェブ・小規模サーバを想定して公開しており、Windowsとの親和性が高いので人気があります。

SQL Server Expressのダウンロードは?

SQL Serverのダウンロードは、ライセンスに応じてメディアを用いるか、マイクロソフト社公式ダウンロードサイトからインストーラをダウンロードし、実行します。

SQL Server Expressは無償版ですので、マイクロソフト社公式ダウンロードサイトよりインストーラをダウンロードし実行します。ダウンロードサイトの「SQL Server 2019 Express」の記載が中段以降にありますので、「今すぐダウンロードする」をクリックします。 参考:SQL Server Download

SQL Serverのサポート期限は?

SQL Serverのサポート期限は、マイクロソフト社ポリシーによって決められています。 参考:製品およびサービスのライフサイクル情報の検索 SQL Server

現在サポートされているSQL Serverのバージョンは以下の通りです。 ・SQL Server 2019  開始日: 2019/11/04  終了日: 2030/01/08 ・SQL Server 2017  開始日: 2017/09/29  終了日: 2027/10/12 ・SQL Server 2016  開始日: 2016/06/01  終了日: 2026/07/14 ・SQL Server 2014  開始日: 2014/06/05  終了日: 2024/07/09 ・SQL Server 2012  開始日: 2012/05/20  終了日: 2022/07/12

Windowsのサポート期限は?

Windowsのサポート期限も、マイクロソフト社ポリシーによって決められています。 参考:製品およびサービスのライフサイクル情報の検索 Windows

現在サポートされているWindowsのバージョンは以下の通りです。 ・Windows Server 2019  開始日: 2018/11/13  終了日: 2029/01/09 ・Windows Server 2016  開始日: 2016/10/15  終了日: 2027/01/12 ・Windows Server 2012 R2  開始日: 2013/11/25  終了日: 2023/10/10 ・Windows Server 2012  開始日: 2012/10/30  終了日: 2023/10/10 ・Windows 10 Home and Pro  開始日: 2015/07/29  終了日: 2025/10/14 ・Windows 8.1  開始日: 2013/11/13  終了日: 2023/01/10

SQL Server Expressを利用する際にはWindowsのサポートバージョンも合わせてご確認ください。

SQL Server 2019 Expressのインストールは?

img_sqlserverexpress_02

SQL Server 2019 Expressのインストールは、「Microsoft® SQL Server® 2019 Express」からモジュールをダウンロードし、作業を行います。

対応Windows・モジュールバージョン・ファイル名は、以下の通りです。


対応Windows  Windows 10、Windows Server 2016、Windows Server 2019 ・モジュールバージョン  15.0.2000.5 ・ファイル名  SQL2019-SSEI-Expr.exe 参考:Microsoft® SQL Server® 2019 Express

SQL Server 2019 Expressの具体的なインストール手順

SQL Server 2019 Expressインストールの際には、ダウンロードしたインストーラを起動します。インストール手順は以下の通りです。

インストールの種類の選択  「基本(B)」「カスタム(C)」「メディアのダウンロード(D)」から選択します。  通常は「基本(B)」で問題ありません。 ・ライセンス条項の確認  確認後、「同意する(A)」をクリックします。 ・SQL Serverのインストールの場所の指定  デフォルトインストール先で問題ありません。  確認後、「インストール(I)」をクリックします。 ・インストール実行  作業完了を待ちます。 ・インストール完了後、カスタマイズ・SSMSのインストール  SSMSはSQLインフラストラクチャを管理するための統合環境です。  ここで「SSMSのインストール」することで、追加インストールが可能です。  参考:SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロードインストール完了  ここで使用可能になります。

インストール後の動作確認は、SSMSから行うと便利です。スタートメニューから「Microsoft SQL Server Management Studio 18」をクリックします。起動後、SQL Serverのデータベースの種類・サーバー名・認証を指定し、ユーザ名・パスワードを入力します。ここでSQL Serverに接続できたら正常動作です。

SQL Server 2017 Expressのインストールは?

SQL Server 2017 Expressのインストールは、「Microsoft® SQL Server® 2017 Express」からモジュールをダウンロードし、インストール作業を行います。

対応Windows・モジュールバージョン・ファイル名は、以下の通りです。


対応Windows  Windows 10、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016  ※Windows 8はサポート終了 ・モジュールバージョン  14.0.1000.169 ・ファイル名  SQLServer2017-SSEI-Expr.exe 参考:Microsoft® SQL Server® 2017 Express

インストールの際にはダウンロードしたインストーラを起動します。

SQL Server 2016 Expressのインストールは?

SQL Server 2016 Expressのインストールは、「Microsoft® SQL Server® 2016 Service Pack 2 Express」からモジュールをダウンロードし、インストール作業を行います。

対応Windows・モジュールバージョン・ファイル名は、以下の通りです。


対応Windows  Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8、Windows 8.1  ※Windows 8はサポート終了 ・モジュールバージョン  13.0.5026.0 ・ファイル名  SQLServer2016-SSEI-Expr.exe 参考:Microsoft® SQL Server® 2016 Service Pack 2 Express

インストールの際には、ダウンロードしたインストーラを起動します。

SQL Server 2014 Expressのインストールは?

SQL Server 2014 Expressのインストールは、「Microsoft® SQL Server® 2014 Service Pack 2 (SP2) Express」からモジュールをダウンロードし、インストール作業を行います。

対応Windows・モジュールバージョン・ファイル名は、以下の通りです。


対応Windows  Windows 10、Windows 7 Service Pack 1、Windows 8.1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2  ※Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 R2 SP1はサポート終了 ・モジュールバージョン  12.0.5000.0 ・ファイル名  JPN\x64\SqlLocalDB.msi、JPN\x86\SqlLocalDB.msi  SQLEXPR_x64_JPN.exe、SQLEXPR_x86_JPN.exe、SQLEXPR32_x86_JPN.exe  SQLEXPRADV_x64_JPN.exe、SQLEXPRADV_x86_JPN.exe、SQLEXPRWT_x64_JPN.exe、SQLEXPRWT_x86_JPN.exe  SQLManagementStudio_x64_JPN.exe、SQLManagementStudio_x86_JPN.exe 参考:Microsoft® SQL Server® 2014 Service Pack 2 (SP2) Express

インストールの際には、あらかじめMicrosoft .Net Framework 3.5 SP1を有効にし、 Microsoft .Net Framework 4.0をダウンロードしてインストールします。 参考:Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 参考:Microsoft .NET Framework 4 (Web インストーラー)

SQL Server Expressインストール後はデータベースを業務活用しましょう

img_sqlserverexpress_03

SQL Serverはマイクロソフト社のRDBMSのため、Windowsでよく利用されています。また、SQL Server Expressは無償版のため利用者が多いのが特徴です。SQL Server Expressがインストールできたら、実際にデータベース作成やテーブル作成を進めていきます。

デスクトップ・ウェブ・小規模サーバの業務では十分対応できるため、実際に業務活用することをおすすめします。

気になる人のXをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【無料個別転職相談会】アプリケーションエンジニア向け!リモート・在宅勤務で働きたい方へ
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【無料個別転職相談会】アプリケーションエンジニア向け!リモート・在宅勤務で働きたい方へ
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT