Swift入門書でしっかり学んでみたいエンジニアにおすすめの3冊
Swift 入門書
Swift入門書でしっかり学んでみたいエンジニアにおすすめの3冊
プログラミング言語
アンドエンジニア編集部
2021.09.12
この記事でわかること
Appleが開発したオープンソースの人気言語Swiftは、シンプルで分かりやすく初心者にもなじみやすい
高速性に優れたSwiftだが著作権の問題がなく、GoogleやFacebookなどからも注目され、今後への期待が大きい
SwiftはiPhoneアプリについて本でじっくり学びたいという人におすすめ独習本や参考書が揃っている

Swiftとは

Swiftとは

スマホ分野で日本では圧倒的なシェアを誇るiPhoneですが、iPhone人気を支えるものとしてiPhoneアプリの存在があります。

iPhoneアプリの開発に関して従来はObjective-C言語が中心でしたが、統合開発環境のXcodeが登場し、さらにSwiftの出現でiPhoneアプリの開発環境は大きく前進しました。

Apple社が2014年に開発・発表したSwiftは、iPhoneやiPadなどのApple製品向けアプリの開発ができる、オーブンソースのプログラミング言語です

Swiftは、主にMacユーザーであれば、開発環境さえ整えれば気軽に取り組めるプログラムで、初心者でも比較的馴染みやすいことも人気を高めています。

Swiftは英語の「アマツバメ」という鳥のことで、ネーミングにはアマツバメの「速い」「すばやい」という特徴をイメージとして採り入れたとされています

Swiftの特徴

 Swiftの特徴

新しい言語であるSwiftは、他の先進的なプログラミング言語を研究し、良い点を取り入れながら、現代の開発環境にマッチするように開発されています。

1.書きやすく読みやすい言語 SwiftはObjective-Cと似ていますが、RubyやPython、Javaなどの人気の言語の特徴も見られ、様々な言語の見習うべき点を積極的に採用し、書きやすく読みやすく、初心者でも学習しやすい言語に仕上げられています。

2.他言語との互換性 Swiftは、従来iOSやMacの開発で使われてきたObjective-Cと互換性があります。またC++やC言語との混在も可能です。SwiftはObjective-CとのAPIの共有が可能で、Objective-Cと併存できる点も特徴です。

3.高速処理が得意 Swiftは「アマツバメ」の名の通り、高速動作が特徴です。これまでのObjective-Cと比較して最大で2.6倍、Python 2.7と比較すると最大で8.4倍のパフォーマンスを記録しています。iPhoneがゲーマーに人気な理由も、このSwiftの高速性によるところが大きいでしょう。

4.コーディング中の動作確認 Swiftは「Playground」という機能を持っており、コーディング中に動作のシミュレーションが行えます。

従来、Objective-CやC言語による開発では、修正の都度アプリケーションを起動する必要がありましたが、Playgroundではコーディングをしながら同時に動作確認が行えるので、開発やメンテナンス作業が効率化できます。

Swiftでの開発に必要なもの

Swiftでの開発に必要なもの

SwiftはAppleが開発した言語だけに、その利用にはMacが有利です。しかし、現在ではWindowsでもSwiftの実行環境を作ることができるので、Windowsユーザーにも開放されている点は強みです。

とはいえ、App Storeでの公開、商用利用を考えるとMacで開発することをおすすめします。

Swiftの利用に整えておきたいもの

■Apple ID iPhoneやiPadを利用している方なら、誰もが持つ「Apple ID」ですが、Swiftでアプリを作成する場合には、この「Apple ID」が必要です。アプリや楽曲購入にいつも使っている「Apple ID」をそのまま使えます

■Xcode XcodeはiPhoneアプリの統合開発環境です。「Mac App Store」で「開発ツール」のカテゴリから無料ダウンロードが可能です。このXcodeのダウンロードの際には、「Apple ID」が必要です。

■Developer ID 開発したアプリをApp Storeで配布するには、「Apple Developer Program」への登録が必要になります。メンバーシップ料金として年間11,800円が必要です。「Apple Developer Program」への登録によって、自分で開発されたアプリがAppleのお墨付きとなります。

iPhoneアプリの開発からリリースまでの流れ

iPhoneアプリの開発からリリースまでの流れは基本的に以下のようになります。

1.開発ツールの Xcode をインストールする Windows機にXcodeをインストールして使うことは不可能ではありませんが、かなりハードルが高くリスクも伴うため、現実的ではありません。中古機でも構わないので、Macを購入した方が結果的には楽です

2.Xcode を使ってコーディングする 開発言語は Swift、SwiftUI (あるいは Objective-C)を用います。 ※Swift、SwiftUI、Objective-CはすべてXcodeに附属しています。 

3.Simulatorで確認 Xcodeの1つの機能である「Simulator」を用いて、開発中のアプリの動作確認が行えます。 

4.iPhoneで開発したアプリを確認する iPhoneアプリ開発の勉強や体験なら、ここまでで終わらせても構いませんが、作成したアプリを公開する場合は次に進みます。

5.Appleに開発者の登録を行う 自作アプリをAppleStoreに登録して公開する場合には、開発者登録が必要です。 年間参加費として、別途1万1千円程度(US$99)が掛かります。

6.Appleにアプリの申請を行う Appleが審査を行い、承認されるとAppleStoreに公開されます。

Swiftを習得するメリット

Swiftでの開発に必要なもの

Swiftには興味があるが、わざわざ学ぶ価値があるのかと疑問に感じる方もいるでしょう。これから、新たなプログラミング言語として、Swiftを習得するメリットについて解説していきます。Swiftの学習を検討している方は参考にしてくだい。

Apple製品共通のプログラミング言語

SwiftはApple製品で共通のプログラミング言語です。一度習得すれは、iPhoneやiPad以外にもMacやAppleウォッチなど、Apple製デバイスのアプリはすべてSwiftで開発可能なため、Apple製品のすべてに対応できるのは強みです。

ほかの言語では、たとえばWebアプリケーション開発の際にはHTMLやCSSに加え、JavaScriptやJavaなどの言語が必要でしたが、SwiftであればSwiftとXcodeを覚えておくだけでアプリケーションを開発できます。このシンプルさもエンジニアにとってはありがたいところでしょう。

プログラミングの習得がしやすい

まずSwiftはObjective-Cの発展形言語であるという点から、Objective-Cのプログラミング経験者であれば、コーディングルールを覚えるだけでSwiftへの移行が可能です。

これまでObjective-Cで作成してきたライブラリをコンバートツールを介してSwiftに変換することも容易に行えます。

またObjective-Cで作成されたライブラリをSwiftで利用することも可能です。この互換性の高さは、Objective-CからSwiftを呼び出すこともできます。

またSwiftはほかの言語と比較してコードの読み書きがしやすく、学習しやすい言語です。学習環境も整備されており、iPadやMacにはゲーム感覚で「Swift」を学べる学習アプリ「Swift Playgrounds」があります。

公式ドキュメントも整い、iTunes Uでは無料講座などもあり、学習に適した本も多く出版されていますので、学習機会が豊富にあります。

将来性がある

Swiftの強みは、そのシンプルさや高性能さだけではありません。オープンソースであり、著作権などの制約もありません

そうしたことから、iOSやMac以外でもアプリケーション開発にSwiftを導入する動きがあります。

Google はAndroid用アプリの開発にJavaを利用していますが、Javaの提供元であるOracleとライセンス問題で訴訟を抱えており、オープンソースであるSwiftをAndroidアプリの開発に利用する方向性が高まっています。他にFacebookやUberもSwiftの利用が噂されており、Swiftの利用が加速する可能性があります。

本で学ぶSwift入門3選

Swiftでの開発に必要なもの

プログラム言語の教本は、網羅的に必要な情報が載っているため、体系的な勉強ができるというメリットがあります。また多くの人の手を介して作成される本は、信頼度が高いので安心して学習できます。

ネットにも教材や情報がありますが、網羅性や信頼性が担保されていないものが多く、しっかり勉強をしたい人には本を用いた学習をおすすめします。以下、2021年時点で評価の高いものから、人気が高くおすすめできる本を3つ選んでみました。ぜひ教本選びの参考としてください。

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門

『絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門』は5年連続で、もっとも売れているiPhoneアプリのプログラミング入門書です。2021年8月の【Swiftおすすめ入門本/参考書ランキング】でも第2位にランクインしています。Swiftアプリの基本を学ぶなら、必読の書です

作って楽しむプログラミング iPhoneアプリ超入門 Xcode 11 & Swift 5で学ぶはじめてのスマホアプリ作成

2020年発売の『作って楽しむプログラミング iPhoneアプリ超入門 Xcode 11 & Swift 5で学ぶはじめてのスマホアプリ作成』はプログラミングの超初心者でも、簡単なゲームアプリを作りながら、iPhoneアプリ作成の楽しさを体験できる入門書です

全11章からなり、1章から順番に読み進めると、基礎知識の理解から始めて、アプリ作成の準備、画面デザイン、コーディングからアプリ公開手順まで幅広く習得できます。PCスクールなどの教材としても適しています。

詳細!SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート iOS 13+Xcode11対応

『詳細!SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート iOS 13+Xcode11対応』根強い人気のSwift入門本です。基礎から実践まで幅広くカバーし、中級者の辞書としても活用されていますので、入門というよりは実践入門の本を探している方にはおすすめします。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

ITパスポート
ITパスポートは不要な資格か?メリット・デメリット、活用について
アンドエンジニア編集部
2022.03.17

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT