エンジニアを諦めなくてもいい環境を。キャリアパスを見える化し、エンジニアを創出するProgate Pathの役割
thumb_progatepath_01
エンジニアを諦めなくてもいい環境を。キャリアパスを見える化し、エンジニアを創出するProgate Pathの役割
一番ヶ瀬 絵梨子
2023.08.23
この記事でわかること
Progate Pathは、プログラミング学習後にエンジニアの実務を疑似体験できるサービスである。
エンジニアの実務を学ぶことにより、キャリアパスを見通せるようになる。
Progate Pathによる実務スキルの可視化は、インターンシップや求人のマッチングを可能にする。

初心者向けのプログラミング学習サービスとして、100以上の国で利用されている『Progate(プロゲート)』。2014年にサービスが開始し、今では300万人以上のユーザー数を誇っています。

そんなProgateに2022年11月、新サービス『Progate Path(プロゲートパス)』が登場しています。 『Progate』との違いは、実務に近い経験をできるカリキュラムになっていること。学んだことを実際の現場でどう生かせるのか見通しづらい、実務スキルのなさゆえに採用で不利になる、という問題を解決するのが狙いです。

Progate Pathの具体的な内容は、プログラミングを学んだ経験のあるアンドエンジニア編集部員が体験して前回の記事にまとめています。

実務スキルが学べる!?Progateとその進化版「Progate Path」の体験レポート!

今回の後編では、Progate創業者でありCEOの加藤 將倫さんとProgate PathのPdMである福井 達也さんに、Progate Pathのリリースに至る経緯や今後の展望をお伺いしました。

加藤 將倫氏

img_progatepath_01

1993年愛知県生まれ。小中学校時代をオーストラリアのパースで過ごす。 東京大学工学部在学中の2014年7月にオンラインプログラミング学習サービスのProgateを創業。 『Forbes 30 Under 30 ASIA 2018 (Forbesが選ぶアジアを代表する30才未満の30人)』に選出される。

福井 達也氏

img_progatepath_06

アドテクノロジー関連企業にてエンジニアとしてシステムの開発・保守・運用に携わる。 2019年4月にProgateに入社し、「Progate」のコンテンツや「Progate Journey」の制作に携わる。 現在は「Progate Path」のPdMとコンテンツリードを担当し、企画開発を進めている。

門戸を開くProgate、ゴールが見えるProgate Path

一番ヶ瀬 絵梨子

今回はProgate Pathのお話をメインに伺いますが、まずはProgateからProgate Pathに至る経緯をお聞かせ願えますか?

加藤さん

Progateは2014年にスタートアップとして立ち上げたサービスです。最初はスタートアップやベンチャー界隈を中心に使っていただいていたんですが、2018年のProgateのアプリ版のリリースや、2020年頃のプログラミング義務教育化の流れの中で、より広い層に使っていただけるようになりました。

加藤さん

ユーザーが大幅に増えたことで、創業当初の課題だった「プログラミングの楽しさを伝えたい」「始めるのは難しくないことを伝えたい」といった部分が一定達成できるようになったのはすごくよかったです。

img_progatepath_08
一番ヶ瀬 絵梨子

小中学校で必修化されたり、大学共通テストの科目になったりして、プログラミングは全員が身につけるべきといった空気もありますよね。素朴な疑問ですが、本当にみんなが学ぶべきなんですか? 

加藤さん

選択肢が増えると言った意味では、誰もが一度触れてみることはとても大事だと思っています。その上で、触ってみて合わないなと思った人が我慢して嫌々学ぶ必要まではないと思います。ただ、プロダクトマネージャーとかWebデザイナーとか、エンジニアに隣接する領域で働く人はプログラミングに触れておくほうが仕事はスムーズになるでしょうね。

一番ヶ瀬 絵梨子

子どもはどうでしょう?誰もがエンジニアになるわけではないですが、ITスキルは必要ですよね。

加藤さん

僕自身はプログラミングを始めたのが大学生になってからだったのですが、もっと早いうちに技術に触れることができていたら大きなアドバンテージになっていただろうなと思います。なのでエンジニアになるわけではなくても、子どもはみんな早いうちに一度触れて、選択肢の一つとして知ることができる機会があったほうがいいと思います。

img_progatepath_02
2023年6月、Progateの登録ユーザー数が300万人を突破した。2021年2月から、実に1.5倍の伸びとなっている。
一番ヶ瀬 絵梨子

話を戻しますと、2018年のアプリ化後、2020年からはコロナ禍ですね。リモートワークが広がったり、いわゆる“おうち時間”も増えたのでさらに伸びたのでは?

加藤さん

はい、コロナでオンラインでの学びが加速したことで、ユーザー数は一気に増えました。ただ、Progateのユーザーが増えた結果、プログラミング教育の難しさもより実感することになったんです。

一番ヶ瀬 絵梨子

プログラミング教育の難しさとは?

加藤さん

プログラミングを学ぶこととそのスキルを実務に生かすこととのギャップです。様々な層のユーザーが増える中で、何かを作りだしたり、エンジニアとして働いたりして世の中に価値を提供していくとなると、Progateだけでは足りないよねという声がより一層聞こえるようになってきました。そのことが、今回の新サービス『Progate Path』の構想につながっていきました。

一番ヶ瀬 絵梨子

Progateで学んだことを活かして、実務に近い経験ができるカリキュラムですね。企画からリリースまではどれくらいの期間でしたか?

加藤さん

2021年頃から企画して、リリースしたのは2022年です。

一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathをより有用なサービスにするために、意識したことはありますか?

加藤さん

Progateは、プログラミングを学び始めるハードルを下げることに集中したので、学習の入口から設計しました。一方のProgate Pathは、学んだ結果を見通せることを重視したので学習のゴールから逆算して設計しています。そういう意味では、真逆のアプローチで企画されたサービスです。

 

実務スキルを身につければ、キャリアパスを見通せるようになる

img_progatepath_03
Progate Pathでは、ユーザー自身が環境構築を行い、実務と同じようにローカル環境でコーディングを行うのが大きな特徴。
一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathのサービスを開発するにあたって、カリキュラムのレベルや内容はどんな風に決めていったんですか?

福井さん

自分たちの原体験とユーザーの声を参考に決めていきましたね。順番としてはまず自分たちの原体験としてどんなことに困ったか、意見を出し合いました。とはいえ、今となっては自分たちの学習時の記憶が薄れていることも多いので、Progateのユーザーさんにヒアリングしたり、TwitterなどのSNSで聞いてみたりもしました。

福井さん

すると、勉強したけど実務を経験する機会がない、志望企業があるけど募集要項が実務経験2年以上なので応募できない、といった声があることがわかりました。

img_progatepath_09
一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathのサイトにも「『最初の一歩』のその先へ」というキャッチコピーがありますが、プログラミングを学んだあとのキャリアパスが見通せない悩みは切実なんですね。

Progate Pathがあることで、エンジニアの道を諦めなくてよくなるとしたら画期的だと思います。

Progate Pathが定義する実務感=自由度の高い実装・評価ができること

一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathで定義している「実務感」とは、どんなものでしょう?

福井さん

Progate Pathでは、実務感があるというのは、解法に自由度があるということだと考えています。学習段階とは違い、実務は問題が解決すれば基本的にそれでOKです。なのでProgate Pathでは、正解にたどりつく道筋は自由である、ということを大事にしています。

一番ヶ瀬 絵梨子

でも実際の現場では、今起きている問題しか見なかった結果、別のバグを引き起こしてしまうこともよくありますよね。目の前の問題が解決すればそれでいいというわけでもないと思いますが、そこは大丈夫でしょうか?

福井さん

それももちろん考慮しています。他のコードを誤って触っていないかなど、別の箇所に影響がないかどうかのチェックもタスクに入れています。

一番ヶ瀬 絵梨子

それはまさに実務的ですね。ハマりやすいアンチパターンにひっかからないようにする工夫もありますか?

福井さん

アンチパターンの一覧を出すような機能は今のところありませんが、他の人の回答を参照できるようにしたり、「ひとまず解けたけどこれでいいのか?」という疑問を持った人が質問してフィードバックを受けられるようにする仕組み作りを考えています。

img_progatepath_04
実務を小さなタスクに細分化して経験できるようにカリキュラムが組まれている
一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathでは開発環境を構築したり、バグを修正したりといったタスクをこなしていくようですが、具体的にはどんなことができるエンジニアになれることを想定しているんでしょう?

福井さん

エンジニアの仕事はざっくり分けると企画・設計・実装・評価ですが、Progate Pathで目指すのは実装・評価ができるレベルです。例えば、小さなバグ修正の場合は、バグ調査が評価、バグ修正が実装、動作確認が評価。機能追加の場合は、機能の実装と動作確認による評価、ですね。

一番ヶ瀬 絵梨子

実際の現場では、新規システムの開発に最初から入ることはあまりなくて、誰かが作ったもののバグを直したり、誰かが作ったものに機能追加したりするほうが多いですもんね。

福井さん

今後、よりステップバイステップで学べるようにタスクを増やしていく予定です。また、テストケースを考えたり、テストコードを入れたりといった、テスト工程のタスク追加も考えています。

学ぶ順番は自由。興味とニーズで選べる学習方法。

一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathでは2023年7月時点で「Webエンジニアコース」と「個別タスクの買い切り」を選べるようですが、どういう違いがあるんですか?

福井さん

「Webエンジニアコース」は、体系的に学ぶことを重要視したカリキュラムで、一方の「個別タスク」は、問題解決の方法にたどり着くための実務感を重要視したカリキュラムになっています。

一番ヶ瀬 絵梨子

「バグは直せるけど基礎の理解が足りてないエンジニア」は、実際多いですよね。ということは、個別タスクをこなしてからWebエンジニアコース、という流れのイメージでしょうか?

福井さん

どちらが先、ということではありません。まずは体系的に理解したい人もいれば、先に問題解決力を身につけたい人もいます。それぞれの興味やニーズで選んでいただければいいと思います。

一番ヶ瀬 絵梨子

たしかに。ところでProgate Pathには楽しく学習できるような工夫はありますか?Progateは、かわいいにんじゃわんこのキャラクターがいますよね?

福井さん

パズル感覚の楽しさがあるという声はいただいていますが、正直今は、楽しさという意味ではちょっと弱いですね。難しいという反応も多いです。キャラクターでの演出予定はないですが、もう少し楽しめる要素は加えたいと思っています。

一番ヶ瀬 絵梨子

たしかに、学ぶ楽しさって、キャラクターやゲーム要素だけではないですよね。ゴールを見据えて挑戦すること自体を楽しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

学習サービスの枠を超えた、Progate Pathの展望

一番ヶ瀬 絵梨子

Progate Pathは今後、どんな層に、どのように広がっていってほしいと考えておられますか?

加藤さん

やはり、学生ですね。社会人になってからのジョブチェンジのコストを考えても、学生時代にキャリアパスを見通せるほうが絶対いいので、インターンシップのマッチングにも力を入れたいと思っています。

一番ヶ瀬 絵梨子

インターンシップのマッチングは、なぜ重要なんでしょう?

加藤さん

実はインターンシップって、人脈に恵まれないと経験できないのが現実なんですよ。しっかり勉強してスキルを身につけるだけではダメなことも多いんです。

一番ヶ瀬 絵梨子

今の学生さんたちは、気軽に体験しているイメージを持っていたんですが、違うんですね。

加藤さん

そうなんです。なので、Progate Pathを使ってインターンシップの情報収集したり、マッチングできるようにしたいんです。Progate Pathでどんな課題をこなしたかを企業が見て、求めるスキルを満たしているか判断できる、とか。

一番ヶ瀬 絵梨子

それは、インターンシップだけでなく中途採用の求人にも役立ちそうですね。実際に働いたという意味での実務経験がなくても、実務スキルが見える化されていれば採用の道が開けそうです。

img_progatepath_05
2023年5月~には、学生ユーザー限定でコーディング面接練習会を実施。学生が実務を経験できる機会の創出に力を入れている。
一番ヶ瀬 絵梨子

学生みんなに、とのことですが、実際にインターンシップで実務を経験している人にもProgate Pathのカリキュラムは有効ですか?

福井さん

インターンシップ経験者は現場の実務感を知っているだけに、Progate Pathのカリキュラムを楽しんでこなしてくれる傾向にあるなと感じています。

一番ヶ瀬 絵梨子

実際に経験していることが整理されてタスクになっていると、よりゲーム感覚で楽しめるのかもしれませんね。体系的に理解するという意味でも役立ちそうです。

加藤さん

長期的には、学生はProgate Pathで学ぶのが当たり前、という時代になってほしいと思っているんです。

img_progatepath_07
一番ヶ瀬 絵梨子

その域まで目指しておられるんですね。そうなるともう、学習ツールやWebサービスという枠を超えた位置づけの場になりますね。

福井さん

Progateは「創れる人を生み出す」というミッションを掲げているんですが、Progate Pathは、楽しく、コミュニティとして学習が広がっていくような場所になっていくといいなと思っています。

福井さん

Progate Pathで創り続けてくれたり、後輩に教えるような関係性ができたりしたら嬉しいですね。

<取材後記>

過去のインタビューで、「Progateで学んだ」「今はProgateがある」という言葉を何度聞いたかわかりません。 今回、「Progateで気軽に楽しく学びを始め、Progate Pathによって学びをキャリアに生かす」というストーリーが出来上がったことを直接聞く機会をいただけて光栄でした。 コミュニティーとしてさらに発展していくProgate Pathに期待しています。

ライター

一番ヶ瀬 絵梨子
心理学科卒業後、新卒未経験でSI企業に就職し、Java系のSEとして10年。 結婚出産を経て、2015年にトラベルライターに転身。 現在はMONOLISIX株式会社に所属しweb編集やマーケティング業務にも携わっている。 新婚旅行では1年かけて世界50ヶ国を巡るほどの旅行好き。 日々の晩酌が何よりの楽しみ。
一番ヶ瀬 絵梨子の記事一覧を見る
気になる人のXをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
【無料個別転職相談会】アプリケーションエンジニア向け!リモート・在宅勤務で働きたい方へ
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
はじめて転職される方へ
SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット) 求人一覧

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
【無料個別転職相談会】アプリケーションエンジニア向け!リモート・在宅勤務で働きたい方へ
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT