JavaScriptに関するフレームワークについて徹底解説!
coffee
JavaScriptに関するフレームワークについて徹底解説!
プログラミング言語
アンドエンジニア編集部
2021.08.04
この記事でわかること
フレームワークとは開発する際に、繰り返し使われる機能をまとめて提供してくれるもの
フレームワークを使用するメリットは「開発効率の向上」「コーディングの統一化」「エラー・バグの減少」など
JavaScriptのフレームワークの代表例は「React」「jQuery」「Vue.js」

JavaScriptのフレームワーク

computer

JavaScriptのプログラミング言語はフレームワークを使用すれば、効率よく開発を行うことができます。JavaScriptはWebサイトやWebアプリなどの開発に主に利用されているプログラミング言語です。近年はスマホアプリの開発に関する求人や案件が増加しているため、JavaScriptの需要も増加しています。ここでは、JavaScriptの概要やフレームワークについて詳しく紹介します。

JavaScriptとは

JavaScriptとは、1995年頃Netscape社のBrendan Eichによって開発されたプログラミング言語を指します。JavaScriptの主な用途はWebサイトに動きをつけることです。例えば、HTMLのコンテンツ・コードの変更・CSSスタイルの変更などを行うことができます。近年では、Google ChromeやFirefoxなどのさまざまなブラウザにJavaScriptのエンジンが組み込まれています。

また、JavaScriptとJavaの違いについても気になりますよね。JavaScriptは、開発された当初は「LiveScript」と呼ばれていました。当時需要が高かったプログラミング言語であるJavaにあやかって、「JavaScript」という名称に変更されました。JavaScriptとJavaは全く異なるプログラミング言語であるため、注意しましょう。

フレームワークとは

フレームワークという用語には「枠組み」の意味があります。フレームワークとは開発を実施する際に、何度も使用される機能をまとめて提供してくれるもののことです。そのため、フレームワークを使用してプログラミングを行えば、開発効率の向上や運用コストの削減が期待できます。

例えば文章を記述する際に、「起承転結」という考え方があります。これもプログラミングとは関係ありませんがフレームワークと言えるでしょう。文章の書き方があまりわからない方でも、「起承転結」に沿って記述すれば、一定のレベルの文章を書くことができます。

以上のように、フレームワークは高度な知識やスキルはなくても開発ができる道具とも言えるでしょう。

JavaScriptでフレームワークを使用するメリット

business

JavaScriptのプログラミング言語やフレームワークの概要について理解できたでしょうか。ここでは、JavaScriptが提供しているフレームワークを使用するメリットについて詳しく紹介します。

開発効率が上がる

MVP開発やリーンスタートアップなどの言葉が注目を浴びているように、IT業界ではサービスを素早くリリースすることが重要です。JavaScriptのプログラミング言語に限ったことではありませんが、フレームワークを活用するのとしないのでは、開発効率に大幅な差が生じます。

例えばJavaScriptのフレームワークには、データベースへのアクセス機能やログイン機能などが備わっており、これらのフレームワークを使用すれば、開発効率の向上が期待できるでしょう。一方、フレームワークを使用せずにこれらの機能を開発するには、多くの作業コストがかかります。

コーディングを統一化できる

プログラミング開発だけではなく、あらゆる仕事にいえますが、複数人でプロジェクトや業務を進める場合、個人それぞれの癖がでることがよくあります。スキル・年齢・性格・キャリアなどさまざまな要因から、人によってコーディングの仕方に差が生じます。そして、他者が記述したソースコードを修正するのは、コストや時間を要することが多いです。

そこで、フレームワークを使用すればコーディングを統一化させることができるため、複数人で開発する場合でも対応しやすくなります。しかし、高度なスキルをもっている方に対して、フレームワークなどで縛りを大きくすると、スキルを活かすことができず、サービスの品質が下がってしまう可能性もあるため注意しましょう。

エラーやバグの減少

JavaScriptのフレームワークは数多くのエンジニアが使用しています。そのため、エラーやバグは既に解消されていることが多いです。エラーやバグが少ないフレームワークを使用して開発を実施すれば、実装したプログラムもエラーやバグが少なくなるのが一般的です。そのため、プログラムに関する修正の手間が省けるので、コスト削減が期待できます。

市場価値が高まる

JavaScriptエンジニアの求人・案件を見てみると、「フレームワークの使用経験あり」と募集要項に記載されていることも少なくありません。実際にJavaScriptを使用した中・大規模のプロジェクトでは、フレームワークを活用することが多いです。そのため、フレームワークは近年のトレンド技術とも言えるでしょう。

フレームワークのスキルをもっていると、エンジニアとしての市場価値が高まります。また、JavaScriptエンジニアとしてフリーランスで活躍するには、フレームワークのスキルがあると年収アップや安定的な仕事案件の獲得ができるでしょう。

JavaScriptでフレームワークを使用するデメリット

フレームワークにはさまざまなメリットがあります。しかし、フレームワークを活用するにあたってデメリットもあります。ここでは、JavaScriptでフレームワークを使用するデメリットについて詳しく紹介します。

学習コストがかかる

フレームワークを使いこなすためには、JavaScriptのプログラミング言語に関するスキルがある前提で、数週間から数ヶ月程度学習する必要があります。フレームワークの概要について理解することができたとしても、実務でフレームワークを活用するスキルを身に付けるには、多くの学習コストが必要です。また、フレームワークに関する資料は一般的に英語で記載されていることが多いです。

イレギュラーには対応できない可能性がある

フレームワークはよく使われる機能を開発する場合に有効的です。しかし、前例がないような機能を開発する場合には、上手く対応できないことが少なくありません。フレームワークは定められたルールにしたがって、サービスを開発しなければなりません。そのため、イレギュラーが発生するようなサービス開発ではフレームワークを使用しない方が良い場合もあります。

JavaScriptの具体的なフレームワーク

bookkeeping

ここでは、JavaScriptの具体的なフレームワークについて厳選して紹介します。

React

Reactとは、Facebook社が提供している仮想DOMを使用した高速処理が可能なフレームワークを指します。さまざまなJavaScriptのフレームワークの中でも、人気や需要が高いのが特徴です。オープンソースソフトウェアであるため、誰でも無償で利用することができます。

Reactはコンポーネント指向であり、機能の見た目や働きをセットとして扱うため、再利用性に優れています。そのため開発効率の向上が期待できるでしょう。また、ReactはどのようなWebアプリにも導入できるため、1度習得してしまえばあらゆる開発に柔軟に適用させることが可能です。 ( 参考:https://ja.reactjs.org/

jQuery

jQueryとは、アメリカのプログラマーであるジョン・レシグ氏によって開発されたフレームワークを指します。JavaScriptのソースコードを簡単に記述するために開発されました。

jQueryはブラウザに依存せず、再利用可能な機能がまとまっているのが特徴です。また、よく使用される便利な機能が備わっているため、開発効率の向上が期待できます。さらに、jQueryではさまざまなプラグインを使用して機能を拡張させることが可能です。 ( 参考:https://jquery.com/

Vue.js

Vue.jsとは、Evan You氏によって開発された仮想DOMを使用して画面描画を最適化できるフレームワークを指します。Vue.jsはフロントエンド開発の際によく使用されています。また、オープンソースソフトウェアであるため、無償で利用することが可能です。

Vue.jsは学習コストが低く、汎用性が高いのが特徴です。フレームワークの規模が比較的小さいため、他のフレームワークと比べると覚えることが多くありません。また、双方向データバインディングというデータ入力と画面表示の同期処理に強みがあるフレームワークで、シンプルにプログラムを実装することが可能です。 ( 参考:https://jp.vuejs.org/index.html

JavaScriptのフレームワークを習得して効率よく開発を行おう!

pen

これまでに、JavaScriptやフレームワークの概要、JavaScriptのフレームワークを使用するメリット・デメリット、具体的なJavaScriptのフレームワークについて解説しました。フレームワークとは、開発を行う際に繰り返し使用される機能をまとめて提供してくれるものを指します。そのためフレームワークを使用すれば、開発効率の向上が期待できます。他にも、コーディングを統一化させることができたり、エラー・バグを減少させたりすることが可能です。

しかし、学習コストが高いことやイレギュラーには対応しにくいことなどのデメリットもあります。JavaScriptのフレームワークはさまざまなものがありますが、代表例として「React」「jQuery」「Vue.js」などが挙げられます。フレームワークはトレンド技術でもあるため、ぜひ習得してエンジニアとしての市場価値を高めましょう。

気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

eyecatch_visual_coder
Adobe製品を使わない"デザイナー"?「ビジュアルコーダー」が考える、自己満足で終わらないWebデザインとは
三角
2020.06.16

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena

編集部おすすめコンテンツ

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT