「SIerかWeb系か」はもう...
「SIerかWeb系か」はもう古い?Sky株式会社が語る、SIer業界に起きる大きな変化の波とは。
Sponsored
Sky株式会社
アンドエンジニア編集部
2021.02.24
この記事でわかること
SIerでもWeb系の案件が増えており、モダンな言語を使えるフロントエンドエンジニアが求められている。
SIerでもクラウド活用は急増。オンプレばかりというイメージは古い。
データ分析や可視化といった部分までSIerがサービス提供している。

「SIerかWeb系か」

SIer業界にいる方や就職・転職を検討したことのある方なら、一度は聞いたことがあるテーマではないでしょうか。

SIerの仕事を調べたときに、SIerとWeb系の比較記事に触れたことがある方も多いかと思います。

ですが、この比較、実はいまやもう時代遅れになりつつあるようなんです。

SIer業界に起きている大きな変化について、Sky株式会社において業務系システム開発を受け持つビジネスソリューショングループ(以下、BSグループ)のH.Hさんにお話をお聞きしました。

Sky株式会社 クライアント・システム開発事業部 技術部 ビジネスソリューショングループ 事業部長 H.Hさん

「SIerかWeb系か」はもう古い

アンドエンジニア編集部
「SIerかWeb系か」この話は昔からよく目にしていたんですが、この状況が変わりつつあるって本当ですか!?
SIerではWeb系の経験はできないと思っていたんですが…。
Sky株式会社 H.Hさん
はい。これは本当で、SIerでのWeb系の開発案件は増加傾向にあります。
我々Sky株式会社についてもそうですし、SIer業界の流れでもあると思いますね。
アンドエンジニア編集部
本当なんだ…!
なぜそのような変化が起きてきてるんでしょう…?
Sky株式会社 H.Hさん
一番大きな要因はユーザの方が利用するデバイスの変化です。
生活におけるメインのデバイスがPCからスマートフォンに移りましたし、仕事においてはタブレットも広がっています。
こうなってくると、PCでもスマートフォンでもタブレットでも使いやすいサービスが必要となります。
Sky株式会社 H.Hさん
その状況に対応するため、実装をWebAPIとフロントエンドで切り分けて、フロントエンドの実装をWeb系にするという形をとることが増えてきました。
また、Webアプリケーションの開発だと、フロントエンドはシングル・ページ・アプリケーション(以下、SPA)での開発が増えてきていますね。
これらの流れは当面は変わらないのではないでしょうか。
アンドエンジニア編集部
そうなると、現場での仕事や扱う言語も変化がありますよね…?
Sky株式会社 H.Hさん
フロントエンドだと、ReactやAngular、Vue.jsなどのモダンな言語での実装が増えています。
また、インフラはクラウドを使うことも増えてきており、AWSやAzureなどを扱いますね。
アンドエンジニア編集部
正直、SIerさんといえばもっとレガシーな印象が強かったので、SPA、ReactやAngular、AWSやAzureといった単語をお聞きできると思っていませんでした…。
このような変化はいつ頃から…?
Sky株式会社 H.Hさん
このような変化がSIer業界においても顕著にあらわれてきたのは、ここ1〜2年ぐらいかなと思います。
それに応じてWeb系のフロントエンドやクラウドインフラ系のエンジニアがSIerにも求められるようになってきました。
アンドエンジニア編集部
いわゆるWeb系のエンジニアの方々って、SIerさんの中でもこれまでは多くなかったと思うんです。
彼らがSIerさんに入って仕事をしていくときの課題や、そのために実施していることなどはありますか?
Sky株式会社 H.Hさん
Sky株式会社では基礎的な研修や業界知識のサポート、継続的なメンタリングなども手厚く行っているので、業務にはスムーズに入っていけているかと思います。
Sky株式会社 H.Hさん
課題でもあり意識しているのは、アサイン先の調整の点でしょうか。
若い方やトレンドの技術を追いかけている方は特に、様々な業界の案件や新しい案件を用意していかないと面白みを感じてくれないのではないかと思います。
アンドエンジニア編集部
案件の性質や関わるエンジニアのタイプが違うからこそ新しく生まれる課題ですね。
Sky株式会社 H.Hさん
そうですね。
このあたりはバランスを取りながら、満足してもらえるよう調整していきたいと考えています。

自社パッケージ商品やクラウド開発を通して分析やAIの領域も強化

アンドエンジニア編集部
Web系の領域だけでなく、データ分析やAIなどの領域にも力を入れているとお聞きしました。
具体的に教えていただけますか?
Sky株式会社 H.Hさん
そうですね。
データの取得〜可視化〜分析〜活用までをひととおりサポートしています。
Sky株式会社によるビッグデータ分析基盤の構築の一例(Sky株式会社HPより引用)
Sky株式会社 H.Hさん
具体的には、Microsoft AzureのDatabricksなどを活用してデータ分析をしています。
データを取得しやすくするため、クラウド系のインフラの導入を支援することもあります。
Sky株式会社 H.Hさん
分析結果の可視化にはBIツールを使うケースが多く、MicrosoftのPower BIなどを活用していますね。
データ分析は、データのクレンジングにもつながるので、その後はAzureのMachine Learningを活用して学習モデルを作るというようなAI系の取り組みも行っています。
アンドエンジニア編集部
なるほど。
開発や保守・運用だけに閉じないサポートをしているんですね。
Sky株式会社 H.Hさん
最近では、自社パッケージ商品を通してもそのような取り組みを行っています。
Sky株式会社が他社と大きく異なるのは、SKYSEA Client Viewという自社パッケージ商品を提供していることです。
Sky株式会社 H.Hさん
リスク対策SKYSEA Client Viewでは、セキュリティ管理のための膨大な量のログが蓄積されています。
SKYSEA Client Viewで蓄積したクライアントのログデータを分析・可視化し、改善を提案していく、というサービスを提供しているんです。
アンドエンジニア編集部
例えばどのような形のサービスになるんでしょうか?
Sky株式会社 H.Hさん
一つは、サービス残業の疑いがないか、テレワークでもちゃんと働けているか、PCの私的利用のリスクはないか、などの監査的な面で課題の発見。
Sky株式会社 H.Hさん
もう一つは、悩んでいる社員やうまくいっていない社員のパターンを見つけ、早期に発見してケアや教育をするなどのHR的な面です。
もともとセキュリティー担保のために蓄積していたログを活かせるというのは面白いですし、自社パッケージ商品を提供しているSky株式会社じゃないとできないことだと思っています。
アンドエンジニア編集部
本当にSky株式会社だからこそ提供できるサービスですね…!
Sky株式会社 H.Hさん
Sky株式会社といえば自社パッケージ商品のイメージも強いと思うんですが、自社パッケージ商品の開発だけではなくそれを活用したサービスにも取り組んでいるというのは、Sky株式会社が変化してきているところかなと思いますね。
Sky株式会社 H.Hさん
共通性の高い機能はクラウドのSaaSとしても提供していきたいですし、より独自の分析を必要とするクライアントには分析基盤の導入を支援していきたいと考えています。
アンドエンジニア編集部
このようなサービスを開発・提供する中では、どのようなエンジニアが活躍しているんでしょうか?
Sky株式会社 H.Hさん
まずはやはりクラウドインフラ系のエンジニアですね。
クライアントへのクラウドインフラの構築ソリューションの提供や、上記のようなサービスの開発で活躍しています。
Sky株式会社 H.Hさん
そして、データ分析系のエンジニア・データサイエンティストですね。
Pythonなどで動くものを作りながら分析や検証をしつつ、BIツールなどを使い倒してデータを可視化しています。
こちらは採用と同時に、社内での育成も強化している部分です。
アンドエンジニア編集部
クラウドインフラ系やデータ分析系のエンジニアの方々もSIerで活躍している、というのは正直意外でした。
お話をお聞きするまではもっとレガシーな感じとばかり思い込んでいました…。
Sky株式会社 H.Hさん
DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉も浸透し始め、クライアント企業様も、Sky株式会社を含めたSIerも、変化してきていると感じます。
いわゆるシステムエンジニアの方はもちろん、今回お話したような様々なタイプのエンジニアの方の力を求めていますし、もしSky株式会社に興味が沸いた方はぜひ企業ページや採用ページもご覧ください。
アンドエンジニア編集部
Sky株式会社さんやSIerさんの仕事の印象が変わるインタビューになりました。
ありがとうございました!

インタビュー企業

Sky株式会社
【事業内容】 ■自社パッケージ商品の開発・販売 ■各種ソフトウェア設計・開発・評価/検証 ■各種コンピューター / ネットワークのシステムインテグレーション事業 ■関連機器のシステムインテグレーション事業 ■上記関連分野のサービス事業 【自社パッケージ商品】 ■SKYSEA Client View (https://www.skyseaclientview.net/) 情報セキュリティ市場における、クライアント運用管理ソフトウェア ■SKYMENUシリーズ (https://www.skymenu.net/cloud/) 小・中・高等学校・大学に向けたICT活用教育支援ソフトウェア ■SKYMEC IT Manager (https://www.skymec.net/) 医療機関向けIT機器管理システム ■SKYDIV Desktop Client (https://www.skydiv.jp/) 大規模ユーザ向けシンクライアントシステム 【取引先企業】 中央省庁/地方公共団体/独立行政法人/公益法人/一般社団法人/アイシン精機株式会社/株式会社内田洋行/NECキャピタルソリューション株式会社/大崎電気工業株式会社/株式会社大塚商会/オムロン株式会社/オリンパス株式会社/キヤノン株式会社/京セラ株式会社/クラリオン株式会社/KDDI株式会社/コニカミノルタ株式会社/サイバネットシステム株式会社/株式会社JVCケンウッド/シャープ株式会社/セコム株式会社/TIS株式会社/株式会社デンソー/東芝テック株式会社/株式会社ニコン/ニチコン株式会社/日本電気株式会社/パーク24株式会社/パナソニック株式会社/日立キャピタル株式会社/富士通株式会社/三菱電機株式会社/楽天株式会社/株式会社リクルートホールディングス/株式会社リコー

ライター

アンドエンジニア編集部
「エンジニアのこと、エンジニアから。」エンジニア向けの情報をエンジニアの視点から届ける、エンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのWebメディアです。
アンドエンジニア編集部の記事一覧を見る
この記事をシェア
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!