JavaScriptおすすめ資格4選!資格の特徴や難易度を解説
thumb_javascriptshikaku_01
JavaScriptおすすめ資格4選!資格の特徴や難易度を解説
資格・スキル
アンドエンジニア編集部
2022.10.07
この記事でわかること
JavaScriptはオブジェクト指向のスクリプト言語で、動的ウェブコンテンツを簡単に作成できる
JavaScriptの資格には、HTML5プロフェッショナル認定試験やWebクリエイター能力認定試験などがある
JavaScriptはスマホやモバイル端末で活用されるため、資格取得により市場ニーズに対応できる

JavaScriptの資格は仕事に活かせる?

img_javascriptshikaku_01

JavaScriptに関する資格はいくつかありますが、実際の仕事に役立つのでしょうか?JavaScript自体がWeb系アプリケーションやWebサイトなどで広く利用されているため、JavaScriptに関する資格もある程度認知度があります。

JavaScriptの資格を取得することで業務への理解が深まるのはもちろん、業務の質を保証することにも効果があります。

JavaScriptとは?

img_javascriptshikaku_02

JavaScriptとはオブジェクト指向のスクリプト言語を指します。JavaScriptにより動的ウェブコンテンツを簡単に作成することが可能です。

ネットスケープコミュニケーションズ社によって開発されたもので、ECMAScriptとして標準化されたことにより、ECMAScript標準および独自実装を含めてJavaScriptと呼びます。

JavaScriptとは?人気のJavaScriptを5分で学ぶ

JavaScriptの資格取得が必要な職種

これまでJavaScriptはクライアントウェブブラウザ機能を補完する目的で利用されていました。当初は、インタプリタとして動作するために実行速度が遅いのが難点でしたが、現在はJITコンパイラによる高速化やNode.jsのようなサーバーサイドで動作するJavaScriptも登場し、活用範囲が拡大しています。

そのためJavaScriptの資格取得者は、ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニア・UI/UXデザイナーのみならず、フルスタック開発者やサーバーアプリケーション開発者まで多岐に活躍の場が得られるでしょう。

Node.jsとは?JavaScriptとの違いや使い所を解説

JavaScriptのおすすめ資格4選

img_javascriptshikaku_03

JavaScriptの資格にはいくつか種類がありますが、特におすすめなのは以下の4種類です。

Webクリエイター能力認定試験HTML5プロフェッショナル認定試験CIW JavaScript SpecialistJavaScript Certification

また、上記資格に加えて、これまではマイクロソフト社の「JavaScript試験」が有名でした。マイクロソフト社はこれまで提供していた「MCSA」「MCSD」、並びに「MCSE」の認定資格を終了し、ロールベースの資格体系へと変更を進めています。そのため、JavaScriptの試験についても順次試験を終了しています。

ここでは、「Webクリエイター能力認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定試験」「CIW JavaScript Specialist」「JavaScript Certification」の4つについて、どのような試験なのか詳しく解説します。

【参考】:Microsoft 認定資格および試験

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験はサーティファイが運営している資格認定です。Webクリエイター能力認定試験はレベルに応じて2つの試験区分が用意されています。

エキスパート(初級・中級レベル)  HTML5・CSS・JavaScriptを中心とした実技問題並びに知識問題  勉強時間 38時間  受験費用 7,500円(税込)

スタンダード(初級レベル)  HTML5・CSSを中心とした実技問題  勉強時間 24時間  受験費用 5,900円(税込)

上位資格であるエキスパートではJavaScriptが出題されるため、エキスパートを目標に学習しましょう。試験は全国各地のパソコンスクールで随時実施されており、スタンダード・エキスパートともに65%の正答率で合格です。

受験資格・年齢とも不問なため、最初からエキスパートの受験も可能です。勉強時間は比較的短めなため、初心者でも手の届く資格です。

【参考】:Webクリエイター能力認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験とは、エルピーアイジャパン(LPI-Japan)によって実施されている資格です。

エルピーアイジャパンはオープンテクノロジー認定団体(特定非営利活動法人)で、LinuC(Linux認定)やOSS-DB(オープンソースDB認定)等の認定も行っています。

試験内容は、HTML5・CSS3・JavaScriptといった最新のマークアップに関する技術力や知識が問われます。HTML5プロフェッショナル認定試験は、レベルに応じて2つの試験区分が用意されています。

レベル1(初級・中級レベル)  HTML5を使ってWebコンテンツを作成できるレベル  HTML5・CSS3を対象とする、ITSSレベル2相当

レベル2(中級・上級レベル)  動的コンテンツやシステム間連携アプリケーションを開発できるレベル  レベル1に加えてJavaScriptやマルチメディア・通信・パフォーマンスの要素が追加、ITSSレベル3相当  レベル1に合格している(かつACTIVEである)ことがレベル2の認定条件

上位資格であるレベル2ではJavaScriptが出題されるため、レベル2を目標に学習しましょう。試験は全国各地のテストセンター(ピアソンVUE)で随時実施されています。合格点は非公表ですが、7割程度の正答率で合格する旨が掲載されています。

上位資格となるレベル2はITSSレベル3相当ですので、難易度は高めです。受験費用はレベル1・2ともに16,500円(税込)です。

【参考】:HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験が難しい?試験内容や取得方法

CIW JavaScript Specialist

CIW JavaScript Specialistとは、Certification Partner社によって提供される国際認定試験であり、海外でも通用するグローバルな資格です。試験内容は、インターネット・Web知識・技術に関する理解度が問われ、自分自身のITスキルや能力を国際的に証明できます。

CIW JavaScript Specialistは世界70ヶ国以上で認定が行われ、合格者は約20万人以上を輩出しています。また、試験は英語で受験するため日本人にとってはハードルが高いですが、海外ビジネスチャンスがある方にはおすすめの資格です。

レベルは中級から上級に相当し、「Exam 1D0-735」に合格するためには正答率70.91%を満たさなければなりません。試験範囲は以下の通りです。

・JavaScriptの概要、変数・データ、関数・メソッド・イベント、デバッグ・トラブルシュート ・JavaScriptの制御、DOM、オブジェクト、セキュリティ、ライブラリー・フレームワーク、Web API

費用については150米ドルかかり、試験は全国各地のテストセンター(ピアソンVUE)並びにPSIで提供されています。

【参考】:CIW JavaScript Specialist

JavaScriptに関するフレームワークについて徹底解説!

JavaScript Certification

JavaScript Certificationは学習プログラミングサービスであるW3Schoolsが提供する、JavaScript開発者を対象とした資格試験です。試験に合格すると、JavaScript開発者証明書が提供されます。試験は英語のみとなるため、JavaScriptに加えて英語の知識も必要となります。受験料は95ドル必要です。

【参考】:JavaScript Certification- W3Schools.com

目的別にみるおすすめ資格

まずJavaScriptの深い知識を証明するには、出題範囲がJavaScriptに特化している「CIW JavaScript Specialist」をおすすめします。難易度は高めでさらに英語での受験ですが、挑戦する価値が高い試験です。

続いて広く知識を証明したい方は、ウェブデザイン全般をカバーする「HTML5プロフェッショナル認定試験」並びに「Webクリエイター能力認定試験」をおすすめします。

ともに上位資格ではJavaScriptが出題範囲に含まれており、HTML5とCSSを含めた必要要素がカバーされます。なお、Webクリエイター能力認定試験よりもHTML5プロフェッショナル認定試験の方が難易度が高いです。

JavaScriptの資格を取得するメリット

img_javascriptshikaku_04

ここでは、JavaScriptの資格を取得するメリットを紹介します。

各求人情報サイトではITエンジニア・開発エンジニアの求人条件として求める開発スキル・言語を記載しています。その中で求められる言語には、Java・JavaScript・PHPなどがあります。JavaScriptのスキルが証明できれば、即戦力として転職時に企業へアピールできます。

また、ソフトウエア開発のライブラリーを提供するGitHubでは、400万のリポジトリからの遠隔測定とエンジニア4万人以上からの調査回答を組み合わせ、開発言語の人気ランキングを独自に公表しています。

GitHubを使用している人から人気のある開発言語は、JavaScript・Python・Javaの順となっており、JavaScriptの人気は衰える気配がありません。

また、キャリアアップを目指す際にもエンジニアとしての実力が問われるため、JavaScriptの資格を保有していればスキルの証明となり、キャリアアップに繋がります。

今後どのようにキャリアアップしていきたいかを考え、JavaScript関連の資格はもちろん、その他の資格取得にもチャレンジすると将来の道が開けていきます。

【参考】:GitHub The State of the Octoverse

年収アップを目指せる

JavaScriptはWeb開発以外でもサーバーサイド開発で使用されており、さまざまな分野で扱われています。そのため、JavaScriptのスキルを持っていると多くの企業から重宝されるでしょう。

資格取得によりスキルを証明できれば、今よりも高い年収で転職できる可能性もあります。ちなみに、JavaScriptを扱うフロントエンドエンジニアの平均年収はいくらなのでしょうか。

フロントエンドエンジニアの年収は「マイナビエージェント職業別年収ランキング/職種図鑑」での平均年収は385万円、経済産業省2017年発表の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から近い職種のエンジニア/プログラマを参考にすると、平均年収592万円と分かりました。

国税庁2020年発表の民間給与実態統計調査における民間企業平均年収は433万円なので、フロントエンドエンジニアは一般平均年収よりも、やや低めであることが分かります。

年収をアップさせたいなら、資格取得でスキルの高さを証明し、より高い年収で働ける企業への転職を目指すと良いでしょう。

【参考】:マイナビエージェント職業別年収ランキング/職種図鑑 ※【平均年収 調査対象者】 2015年〜2016年末までの間にマイナビエージェントにご登録頂いた20代・30代の方 【参考】:IT関連産業における給与水準の実態① ~ 職種別(P7) 【参考】:民間給与実態統計調査-国税庁

おすすめのサンプル問題と参考書

img_javascriptshikaku_05

各試験の団体より、受験におすすめのサンプル問題・参考書・参考情報が提供されています。さらに、公式の参考書も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

CIW JavaScript Specialist

200.99米ドルで「CIW JavaScript Specialist」のオンラインレッスンが受けられます。コースには、レッスン教材・模擬試験・ライブ演習・ビデオレッスンが含まれます。

CIW JavaScript Specialistに関する日本語の参考書は、ほとんど販売されていません。しかし、ネットで販売されている問題集はいくつかあります。以下を参考にしてください。

【参考】:CIW: JavaScript Specialist (1D0-735) 【参考】:試験 1D0-635: CIW JavaScript Specialist 資格問題集 【参考】:試験 1D0-735: CIW JavaScript Specialist 資格問題集

HTML5プロフェッショナル認定試験

公式サイトでは、HTML5プロフェッショナル認定試験のサンプル問題と関連情報が提供されています。また、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンがHTML5プロフェッショナル認定試験の出題範囲を網羅していることを認め、出題範囲に添って作成された教材を認定教材として公式サイトに載せています。

参考書の他にも、HTML5プロフェッショナル認定試験に対応したe-Learningサービスも公式サイトから確認できます。サンプル問題・参考書・e-Learningなどから自分に合った勉強法を選び、効率的に学習できます。

【参考】:学習教材のご紹介|LPI-Japan HTML5認定教材公式サイト

Webクリエイター能力認定試験

公式サイトより、Webクリエイター能力認定試験のサンプル問題と公式テキストなどが提供されています。またモデルカリキュラムとして、公式テキスト・問題集・サンプル問題それぞれの学習時間の目安が紹介されています。

【参考】:試験に備える|Webクリエイター能力認定試験

以下で、公式テキストであるWebクリエイター能力認定試験の参考書を紹介します。

Web クリエイター能力認定試験 HTML5 対応スタンダード 公式テキスト 基本レベル「スタンダード」に対応した試験対策本です。Webクリエイター能力認定試験を主催するサーティファイの公式テキストとして認定されており、試験の出題範囲を全て網羅しているため、効率的な学習ができます。

試験における採点基準を記載し、どういった問題が得点・減点の対象になるのかが明確になります。

▪著者:サーティファイWeb利用・技術認定委員会 ▪ページ数:128ページ ▪出版社:株式会社ウイネット ▪発売日:2019/10/03

【参考】:Web クリエイター能力認定試験 HTML5 対応スタンダード 公式テキスト

Web クリエイター能力認定試験 HTML5 対応エキスパート 公式テキスト こちらは、応用レベルの「エキスパート」に対応した試験対策本です。上記と同じくサーティファイの公式テキストとして認定されており、試験の出題範囲を全て網羅しています。

出題範囲であるHTMLタグ・CSSプロパティを学べ、書籍内で使用するHTMLはWebよりダウンロード可能です。

▪著者:サーティファイWeb利用・技術認定委員会 ▪ページ数:232ページ ▪出版社:株式会社ウイネット ▪発売日:2021/07/14

【参考】:Web クリエイター能力認定試験 HTML5 対応エキスパート 公式テキスト

人気の高いJavaScriptの資格を活かしてスキルアップを図ろう

img_javascriptshikaku_06

JavaScriptはウェブコンテンツを簡単に作成できるので、非常に人気があります。エンジンの高速化により、スマホやモバイル端末での利用が急激に増加中です。

そのため、ウェブデザイナーやフロントエンドエンジニアは、JavaScriptの資格取得によって市場のニーズに対応できるエンジニアと認められます。また、転職の際に自身のスキルを企業にアピールすることもできます。

なお、転職活動ではスキルの高さや経験・実績を相手企業にうまく伝えることが大切です。また、自分のスキルや経験に合った企業を選ぶことも重要です。

そこでぜひご活用いただきたいのがマイナビIT エージェントです。

マイナビITエージェント【公式】IT・Webエンジニアの求人・転職エージェント

マイナビIT エージェントは、IT・Webエンジニア向けの無料の転職⽀援サービスです。

IT・Webエンジニアの転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのご経験やスキルをお伺いし、転職活動のプランをご提案致します。

アドバイザーは企業側の人事担当者と直接連携を取れますので、求人票に載っていない企業情報も確認することができます。残業時間や給与面など、働き方などをしっかり確認の上で応募企業を選んでいくのが良いでしょう。

・資格やプログラミングの勉強をしているけれど、企業が求めるレベルに達しているのかわからない ・スキルアップをして市場価値を上げていける企業の選び方を知りたい ・数多くあるITエンジニアの職種の中で、自分に向いている仕事は何か知りたい

こうした悩みを抱えていらっしゃる方は、まずは無料登録でキャリアカウンセリングをおすすめ致します。

あなたに合った企業選びをサポート致します。
エンジニア転職のご相談はぜひ
『マイナビIT エージェント』へ!
気になる人のTwitterをフォローしよう!
アンドエンジニア公式LINEでは
新着記事やエンジニアに役立つ情報をお届け!
日々のキャッチアップをお手伝いします!
マイナビITエージェント

編集部オススメコンテンツ

Sponsored
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

お問い合わせ・情報提供
エンジニア求人

編集部おすすめコンテンツ

Sponsored
IT・Webエンジニアの「よくある転職活動のお悩み」や「転職活動の流れ」とは?
マイナビITエージェント
Sponsored

アンドエンジニアへの取材依頼、情報提供などはこちらから

Powered by マイナビ AGENT