thumbnail
安定を捨て、得られた刺激。技術にこだわらず手に入れた、後悔しない考え方とは?
バルーン
2020.04.01

大手電力SIerにエンジニアとして就職し、現在は東京で新規事業のプロジェクトマネージャをつとめる大倉さん。

前職を2年ほどで辞め東京への転職を決意したきっかけとは…!?

地方エンジニアの転職のリアルについて聞いていきます!

仏壇に祈るほど、心配していた家族から離れて東京へ

バルーン
地方って安定志向が強いと思うんですけど、就活のときもそういう軸で探していたんですか?
keisuke okura
そうですね。 会社のネームバリューとか福利厚生、会社の歴史を重視していました。
バルーン
大手電力SIerだとまさにぴったりだと思いますが、なぜすぐ辞めてしまったんですか?
keisuke okura
たしかに、実際に安定はしていました!ボーナスも3回出ましたし。
ただ、このまま仕事の中で技術力が求めらないままでいいのかな、って思ったんです。
このままだと何もできないエンジニアになっちゃうんじゃないか、って。
バルーン
技術を求められなかったのが、ひっかかったんですか?
keisuke okura
就活のときには、技術が学べると思っていたんですよね。
たいしたことしていないのに、周りより多めの給料をもらっていたのが気になっていました。
バルーン
なるほど、そういった違和感もあっての転職だったんですね。
keisuke okura
はい。いってみれば真剣に就活できていませんでした。 
大手だから応募してみるって人は、地方だとけっこう多いと思います。
バルーン
辞めるときに、周りの人からの反発はありましたか?
keisuke okura
ありましたね。
実際、転職の相談は誰にもしてなかったので周りからは「もったいない」って言われつづけましたね。
実家のおばあちゃんも、仏壇に祈るほど心配していました(笑)

エンジニアに転職後、すぐにプロジェクトマネージャに

バルーン
いまの会社では、念願のエンジニアをやっているんですか?
keisuke okura

いえ、実を言うといまはエンジニアじゃありません。
転職時はエンジニアとしての採用だったんですが、その後に異動があったんです。

バルーン
え!?...技術力を伸ばすために転職したんじゃないんですか?
keisuke okura
そのつもりでした。 実際に転職してすぐはエンジニアとして働いていましたし。
ですがいまは、会社の採用コストを下げるプロジェクトに携わってます。
バルーン
どういうきっかけで異動したんでしょう?
keisuke okura
転職先で新規事業のコンペがあり、そこで私のアイデアが選ばれてプロジェクトマネージャになりました。

エンジニアを離れてまで、やりたかったこと

バルーン
地元を離れてまでエンジニアになったのに、なぜ異動してしまったんですか?
keisuke okura
エンジニアとしてやりたいことがあったんですが、それをイメージしたときに、エンジニアじゃなくてもいいんじゃないか、って思ったんです。
バルーン
でもそれだと、エンジニアとして技術力を高めるというキャリアイメージからズレてしまったんじゃないですか?
keisuke okura
確かにエンジニアではなくなったんですが、後悔はしてないです。
新卒の時から、ぼんやりと社会課題を解決したいと思っていました。
それを達成するためには、エンジニアはあくまで手段として考えるべきだと思い直したんです。

エンジニアから離れたからこそ、得られた刺激

バルーン
手段として考えたときに、考えの変化はありましたか?
keisuke okura
技術の習得に使っていた時間を、会社での新規事業に時間を使おうと思いました。
バルーン
新規事業って大変なイメージがありますが、実際どうなんですか?
keisuke okura
めっちゃ大変です! ただいい面もあって、いままで会えなかった人と接するのが新鮮です。
そのおかげか、私も自然とアイデアとかを書き留めたりするようになりました。
バルーン
大倉さん自身も、新しい刺激をもらってるんですね。 逆に、エンジニアの方と関わる事は減りましたか?
keisuke okura
以前とそこまで変わらないですね。
ですが、関わり方は変わったかもしれません。
バルーン
関わり方、ですか?
keisuke okura
そうです。
エンジニアの方から、新しいプロジェクトに誘われることが増えました。
エンジニアのときは、あまりそういうことはありませんでしたね。

エンジニアへの未練の断ち切り方

バルーン
正直なところ、いまの職に不満はありますか?
keisuke okura
あんまりないですね。
やりたい事に近づいているのかなと思います。
いまは地方創生のプロジェクトに関わっています。
もともと地方創生に興味があったので楽しいです。
バルーン
エンジニアへの未練はありませんか?
keisuke okura
なくはないです。
学生時代も情報処理を専攻していましたし、一度エンジニアから離れると二度と戻れないかも、という気持ちもあります。
ただあくまでも、やりたいことを実現するのを優先すべきだと思っています。
バルーン
あくまでも目的を見据えているんですね。
未練を断ち切るのに、気をつけていることはありますか?
keisuke okura
そもそも、完全に断ち切れてはいません。
仮に、エンジニアのままだった場合でも未練は残ったと思います。
どちらにしろ未練が残るのであれば、新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。
バルーン
アンドエンジニアの編集長。エンジニア限定のコミュニティバー、Barloonのオーナーでもある。
バルーンの記事一覧を見る
この記事をシェア